カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 歯周病 >
  5. 歯医者に行くのが怖いあなたに 歯周病の治療法はどんなもの?痛い?

気になる病気・症状

歯医者に行くのが怖いあなたに 歯周病の治療法はどんなもの?痛い?

歯医者のキーンという音が怖い、嫌いという方も多いかもしれません。子供のころに泣きながら歯医者に連れて行かれたという経験をお持ちの方もいるでしょう。歯医者は歯を削るから怖い、というイメージがあるとどうしても歯医者から足が遠ざかりがちになりますね。

ですが、一方で日本国内で健康な歯を持っているのはわずか2割程度ということも厚生労働省の研究でわかっています。虫歯や歯周病に進行する可能性の高い歯の状態は8割の人が持っているのです。

 

●歯周病は薬で治る?

歯周病の初期かもしれない、歯に違和感を感じるけど歯医者に行くのは怖い、歯医者での外科治療が怖い…という方にお勧めしたいのは歯周病の内科治療です。

以前は歯周病の治療は外科のみだったのですが現在では歯周病の内科治療、つまり薬で歯周病を治していく方法も存在しています。

歯を削らなくても歯周病を治せる可能性があるのです。

 

●歯周病の内科治療と位相差顕微鏡

歯周病の内科治療では細菌を殺すことが目的です。歯周病外科治療の最新治療でもあるペリオド治療でも細菌を殺しますが、内服薬も歯周病の原因となる細菌やカビなどの除去を行います。

口の中に歯周病の原因細菌が多いのか、カビが多いのか、口腔がどんな状態になっているのかを知るには位相差顕微鏡という顕微鏡を用いなければなりません。位相差顕微鏡があるからこそ歯周病の内科治療が存在できるとも言えるくらいです。

 

●具体的にどんな治療をするの?

歯周病の原因菌やカビなどを殺すために使う薬ですが健康な人には影響のない薬で、錠剤タイプと内服液タイプがあります。一般的な歯科では内服治療は行っていないことが多いのでインターネットなどで病院を検索して行ってください。

また、妊娠中の人や肝機能障害のある方、重度の歯周病の方は内服治療を受けられません。内科治療はあくまでも初期から中期の歯周病に効果的です。

 

歯周病には薬を用いた内服治療もあります。行っている病院は限られているものの歯を削られるという恐怖がないのがメリットです。ただし、内科治療は初期から中期の歯周病のみ有効で、重症の歯周病では、やはり外科的治療が必要です。

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2013/06/09-378946.php])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

歯周病に関する記事

「歯周病にかかりやすい人」ができる薬剤の予防法…口の中を除菌する3DSって?

  歯周病というのは、全身の健康にも影響を及ぼす可能性があるものです。そのため...

重症度によって違う!歯周病の治療期間を知ろう

  歯周病は注意したい歯の病気です。 浅い歯周ポケット、深い歯周ポケット...


40歳以上の5人に4人以上が歯周病?意外と怖い歯周病について

意外と怖い!歯周病■歯周病とは?歯の病気の代表的なものに、むし歯(う蝕)と歯周病...

早産や心臓病、糖尿病にも関係?!歯周ポケットで増える歯周病菌について

  歯周ポケットには、歯肉から栄養をとる歯周病菌が10〜20種類います。 ...

カラダノートひろば

歯周病の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る