カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 歯周病 >
  5. 歯周病のときの歯磨きのやり方・注意点

気になる病気・症状

歯周病のときの歯磨きのやり方・注意点

 

歯周病予防のための啓発CMなどで、よくリンゴやトマトがつぶれていく様子が放映されることがありましたね。あれは歯周病によってどんどん歯周ポケットが空いてしまった歯肉の様子とよく似ています。

歯周病になると歯肉がブヨブヨになっていき、歯をしっかりと支えることが出来ないので潰れたトマトのようにちょっとの力で形を変えてしまうこともあるのです。

 

●歯周病の時の歯磨きも基本は同じ

歯周病のときも健康なときも歯磨きの方法は基本的に同じです。健康な人なら歯周病の予防のために、歯周病の人はこれ以上歯周病を悪化させないために正しい歯磨きの方法を覚えておきましょう。

歯磨きをする時には歯はもちろんですが歯と歯茎の間もしっかりと磨くようにしてください。歯ブラシの角度は45度が大体の目安と言われており、正確に測る必要はありませんが、斜めに当てるように意識してください。

 

●歯垢がつきやすいところを知る

歯周病の予防のためにも言えることですが歯垢のつきやすい場所を特にしっかりとブラッシングする歯磨きがお勧めです。歯垢が付きやすいのはかみ合わせのために少し凹んでいる部分、歯と歯の間などです。

かみ合わせのために凹んでいる部分は歯ブラシで、歯と歯の間は歯間ブラシで、など使う道具を変えてみるのも効果的な方法のひとつです。

 

●血が出るときはどうするの?

歯周病で歯茎が腫れていると歯磨きをするたびに出血するということもあります。

歯学博士の江上歯科医院医院長・江上氏によれば炎症を起こしている歯茎からの出血は特に問題ないとのことです。

炎症を起こしている歯茎にはほかの場所よりも血液が溜まっているのでその他に特に血液関連の病気を持っていなければ出血したとしても大きな問題はありません。むしろしっかりブラッシングして歯茎を鍛えることにもつながります。

ただし、健康な歯茎まで傷つけてしまうのは問題ですし、あまりにも出血が多かったり口のいたるところから出血している場合は、

 

・柔らか目のブラシで行うこと

・歯磨きの力を抑えてみること

 

の2点に注意してください。

 

歯周病であっても歯磨きの基本は変わりません。特に注意したい点は、歯垢のたまりやすい、かみ合わせ部分や歯間をきちんときれいにすることです。

歯茎の炎症がある場合は出血も見られますがそちらもあまり気にしなくてOKです。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/07/25-366044.php])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

歯周病に関する記事

「乳酸菌LS1」の服用で、歯周病の原因菌が1/20に減少する可能性?!

歯周病とは、細菌感染によって炎症が起こり、歯を支える土台である歯槽骨が溶けて...

あなたは大丈夫?8020運動で歯周病が増えている?

    みなさんは8020運動というのをご存知ですか?厚生労働省と日...


40歳以上の5人に4人以上が歯周病?意外と怖い歯周病について

意外と怖い!歯周病■歯周病とは?歯の病気の代表的なものに、むし歯(う蝕)と歯周病...

「歯周病にかかりやすい人」ができる薬剤の予防法…口の中を除菌する3DSって?

  歯周病というのは、全身の健康にも影響を及ぼす可能性があるものです。そのため...

カラダノートひろば

歯周病の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る