カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 歯石 >
  5. 半年に一回は行いたい!歯石除去の方法を見てみよう

気になる病気・症状

半年に一回は行いたい!歯石除去の方法を見てみよう

歯石は口の中に溜まった汚れである歯垢が固まってしまったもので、歯磨きなどで歯垢を取り切れていないと歯石が出来やすくなります。歯石の中には菌がたくさんいるので口臭の原因になったり虫歯や歯周病の悪化とかかわっていたりと、歯石の存在は健康面からも相手へのエチケットという面からもよくはありません。

 

半年に1回は歯石取りを

歯石は固まってしまっているので自分で取ることは不可能で、歯医者に行ってとってもらわなければなりません。歯石取りは大体半年に1回は行った方が良いと言われており、定期健診のついでに歯石取りをしていくという方もいます。

 

歯石取りはどんなふうに行うの?

歯石取りにはいくつかの道具があります。歯石取りのための道具はスケーラーと呼ばれており、手用スケーラー、超音波スケーラーなどの種類に分かれているのです。

 

スケーラーの基本的な形は棒状で、端に更に細い針のようなものがついています。針のように細い先端は少し曲がっているのも特徴です。超音波スケーラーの場合は棒状のスケーラーに操作のための機械がついています。

 

このスケーラーを使って歯石を削っていくのが基本的な方法です。口の中にスケーラーを入れて歯肉と歯のあいだや歯の根元に出来ている歯石を取っていきます。

 

+αで歯面清掃を行う場合も

歯石取りとセットで行われることが多いのが歯面清掃というものです。漢字の通り、歯の面をきれいにする方法ですが、フッ化物の入った研磨剤を塗布して歯の表面をきれいにしていきます。

 

歯石は口の中に溜まった食べ物などから出来た歯垢が固まったもので、歯磨きで取るのは不可能です。このことから歯石取りが必要ですが具体的にはスケーラーという道具を使って歯石を削っていきます。

 

「健康診断・健康管理」で人気の記事はこちら

●歯だって定期健診は必須!頻度と費用はどれくらいかチェック!

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/]) 

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

歯石に関する記事

高い?安い?どれくらいかかる?保険適用は?気になる歯石除去費用

歯石は歯周病予防のためには定期的に除去しておきたい存在です。歯石があることによ...

歯石は2種類!黒い歯石と白い歯石

歯石は元々歯垢から出来ています。 そして歯垢は食べ物の食べかすなどから出来てい...


歯磨きしても口臭が消えない!?その原因は歯磨きでは落とせない歯石かもしれない…

  人が生きていく上で、口の中が汚れないということは難しい話です。生きるために...

「検査はいらないから歯石だけ取って!」は損をする!?歯石除去を保険適用にするには…

  歯石というのは、歯垢が石灰化し固まったものです。歯垢の段階であればまだ歯磨...

カラダノートひろば

歯石の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る