カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 歯石 >
  5. 歯石は2種類!黒い歯石と白い歯石

気になる病気・症状

歯石は2種類!黒い歯石と白い歯石

歯石は元々歯垢から出来ています。

そして歯垢は食べ物の食べかすなどから出来ているので、食べ物の色と思われがちですが食べかすだけではありません。

 

虫歯の原因菌が作った物質と一緒になって歯垢が生まれるので歯垢の色は食べ物の色ではありません。

一般的な歯垢の色は白から黄色に近いクリーム色で、歯の色とほとんど同じなので見分けがつかないという方も多いようです。

 

白い歯石と黒い歯石

歯垢の色が白からクリーム色なのに対して歯石の色は白からクリーム色の歯石と黒い歯石に分かれています。

歯石は出来る場所によって縁上歯石、縁下歯石に分かれており、白っぽい歯石は縁上歯石、黒っぽい歯石は縁下歯石です。

なお、どちらも痛みはありません。

 

より危険なのは黒い歯石

2種類の歯石のうち、より危険なのは黒い歯石です。

黒い歯石が出来る場所である縁下というのは歯茎の縁より下、つまり歯肉の中に隠れている状態だからです。

 

歯肉の外であれば空気を嫌う歯周病菌が繁殖しにくいのですが歯肉の内側は歯周病菌が繁殖しやすい上にすぐ隣に歯肉があり、歯周ポケットをどんどん広げることもできます。

実際に重症歯周病で抜かれた歯を見てみるとそのほとんどに黒い歯石がびったりと、付着しているそうです。

 

黒い歯石は取れないの?

白い歯石は歯肉の上なので歯石取りでしっかり取れますが黒い歯石はどちらかといえば取りにくいです。

とは言えども黒い歯石も全く取れないわけではありません。

歯周ポケットの間にスケーラーを入れて取るのはもちろん、歯磨きで歯肉を上げることも重要なのです。

歯周病対策にしっかりと歯磨きをしていると歯茎がだんだん引き締まってきて、今までは隠れていた縁下歯石が出てくることもあります。

 

歯周病の原因や歯周病の悪化に関わっている歯石のうちより危険なのは色の黒い『縁下歯石』というものです。

縁下歯石は歯肉に隠れてしまっているので歯周ポケットを広げるなどの問題を引き起こしやすいです。

歯石がある人は早めに除去、歯石になりかけている人はしっかりと歯磨きを行い、予防をするようにしましょう。

(Photo by://www.ashinari.com/

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

歯石に関する記事

痛み、出血もある?歯石取りの実態…ホントはどれくらい痛いの?

「歯石取りは痛い」なんていう話を聞いて、歯石取りに行くのはちょっと嫌だなと思っ...

「検査はいらないから歯石だけ取って!」は損をする!?歯石除去を保険適用にするには…

  歯石というのは、歯垢が石灰化し固まったものです。歯垢の段階であればまだ歯磨...


菌のたまり場、歯石は歯周病も悪化させる!定期的に歯石取り!歯石により口臭も・・・

歯石を取る、歯石があるなどの話を聞いたこともあるかもしれませんが、それではそも...

高い?安い?どれくらいかかる?保険適用は?気になる歯石除去費用

歯石は歯周病予防のためには定期的に除去しておきたい存在です。歯石があることによ...

カラダノートひろば

歯石の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る