カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 歯石は2種類!黒い歯石と白い歯石 原因や注意すべきこととは

気になる病気・症状

歯石は2種類!黒い歯石と白い歯石 原因や注意すべきこととは

歯石は元々歯垢から出来ています。

そして歯垢は食べ物の食べかすなどから出来ているので、食べ物の色と思われがちですが食べかすだけではありません。

 

虫歯の原因菌が作った物質と一緒になって歯垢が生まれるので歯垢の色は食べ物の色ではありません。

一般的な歯垢の色は白から黄色に近いクリーム色で、歯の色とほとんど同じなので見分けがつかないという方も多いようです。

 

白い歯石と黒い歯石

歯垢の色が白からクリーム色なのに対して歯石の色は白からクリーム色の歯石と黒い歯石に分かれています。

歯石は出来る場所によって縁上歯石、縁下歯石に分かれており、白っぽい歯石は縁上歯石、黒っぽい歯石は縁下歯石です。

なお、どちらも痛みはありません。

 

より危険なのは黒い歯石

2種類の歯石のうち、より危険なのは黒い歯石です。

黒い歯石が出来る場所である縁下というのは歯茎の縁より下、つまり歯肉の中に隠れている状態だからです。

 

歯肉の外であれば空気を嫌う歯周病菌が繁殖しにくいのですが歯肉の内側は歯周病菌が繁殖しやすい上にすぐ隣に歯肉があり、歯周ポケットをどんどん広げることもできます。

実際に重症歯周病で抜かれた歯を見てみるとそのほとんどに黒い歯石がびったりと、付着しているそうです。

 

黒い歯石は取れないの?

白い歯石は歯肉の上なので歯石取りでしっかり取れますが黒い歯石はどちらかといえば取りにくいです。

とは言えども黒い歯石も全く取れないわけではありません。

歯周ポケットの間にスケーラーを入れて取るのはもちろん、歯磨きで歯肉を上げることも重要なのです。

歯周病対策にしっかりと歯磨きをしていると歯茎がだんだん引き締まってきて、今までは隠れていた縁下歯石が出てくることもあります。

 

歯周病の原因や歯周病の悪化に関わっている歯石のうちより危険なのは色の黒い『縁下歯石』というものです。

縁下歯石は歯肉に隠れてしまっているので歯周ポケットを広げるなどの問題を引き起こしやすいです。

歯石がある人は早めに除去、歯石になりかけている人はしっかりと歯磨きを行い、予防をするようにしましょう。

 

目に見えない黒い歯石が厄介だった!歯茎の溝に入り込んだ黒い歯石に注意して!

あなたの歯には「目に見えない黒い歯石」があるでしょうか。多くの人は「わからない」と思います。歯石のできる場所というのは2種類あります。

健康な歯でも歯と歯茎の間には、2mmほどの溝があります。

これを歯肉溝と言いますが、歯石というのは、この歯肉溝の中にできる歯石と、その溝よりも上にできる歯石とがあるのです。

 

溝の中の見えない「黒い歯石」

歯肉溝は歯周病などで深くなれば、歯周ポケットと名前が変わる部分です。この溝の中にできる歯石は、歯肉縁下歯石と言い、「黒い歯石」として知られています。

溝の外にできる歯石は白い歯石です。

なぜ外と中で色が違うのでしょうか?それは溝の中と外の環境の違いに理由があります。

溝の中の環境というのは酸素が少ない環境で、逆に外は酸素が豊富な環境です。歯周病などの原因菌のひとつであるP.g菌は酸素にさらされると死滅してしまう菌です。これが溝の中にいます。

この菌は黒い色素を生む菌で、この菌の働きによって歯石が黒くなります。

一方で溝の外の歯石をつくる菌には、濃い色素をつくる菌がいないため、歯石の元々の色のまま歯石がつくられるのです。

 

黒い歯石はとても厄介なんです

黒い歯石は溝の中にあるため、自分ではその存在に中々気づけません。

しかしそれだけではなく、溝の中にある故に、治療で摂ろうとしてもとりづらいのです。

特に溝が深くなっている場合は、器具を入れて手探りでとることになり、非常に難しいです。もし、どうしても取れないという場合には麻酔をかけて手術が必要になることもあります。

もちろん歯と歯茎の間に、細菌のかたまりである歯石がこびりついているのですから、この状態を放置すれば歯周病などに発展していくことになります。

 

では、白い歯石はあまり気にしなくていいの?

黒い歯石のことばかり書いていると、溝の外にできる歯石が、たいしたことないように思えてしまうかもしれません。

しかし、溝の外にできる白い歯石もそれがあることで、黒い歯石に影響しています。というのも、黒い歯石の原因であるP.g菌は、酸素がない環境を好みます。歯茎の溝は、それだけでは本来口が開いている状態です。

 

ですが、これに白い歯石が覆うようにくっつくことで、溝に蓋をした形になり、酸素が届かない環境を作り出してしまうのです。

さらにフタをすることで容易に、溝の奥の掃除をさせてくれません。

そもそも白い歯石だってそれ自体が、細菌のかたまりですから、それを除去することもとても重要です。

 

注意してもらいたいのは溝の中の黒い歯石を予防したり、とろうとして(歯石は歯磨きではとれませんが)、歯ブラシをぐりぐりと溝に入れてはいけないということです。

これをすると余計に溝が大きく深くなり、細菌にとって好環境を作り出しているということになってしまうのです。

 

痛み、出血もある?歯石取りの実態…ホントはどれくらい痛いの?

「歯石取りは痛い」なんていう話を聞いて、歯石取りに行くのはちょっと嫌だなと思っている方もいるかもしれません。歯石取りの痛みはどれくらいなのかを経験談から見てみましょう。

 

歯石を取るためには強い力が必要

歯垢と違って歯石は歯垢などが石化して、がっちりと歯についているため取るのは容易ではありません。歯石は硬く歯にくっついているので取る際に痛みがある場合もあります。

体験談を見てみても痛みがゼロ、と感じる方は麻酔をかけた人以外では珍しく、もちろんですが麻酔をする場合も麻酔をするときの注射の痛みなどはあります。

 

知覚過敏の症状で歯石取りが痛む場合も

歯のエナメル質が少なくなっており、象牙質にダイレクトに感覚が伝わる知覚過敏を持っている人は歯石取りで痛みを感じることも多いようです。歯石を取っている際に、ズキズキと歯が痛んで涙が出そうになったという体験もあります。

 

知覚過敏を持っている人は事前に医師に伝えて麻酔を打ってもらうかできるだけ痛みの少ない形での治療をしてもらってください。

 

超音波機器は痛くない?

歯石取りに使われるスケールには超音波式のものもあります。この超音波式のスケールは、作業者の腕にあまり左右されないことから一度下手な作業者に歯石取りをされた場合は超音波タイプの歯石取りなら痛くないと感じる方が多いようです。

 

しかし、しっかりとるために歯茎の溝の部分を重点的に行ったりすると、痛みがある場合もあります。

 

人力だと人によって、経験によってある程度差が出てくるのは仕方がありませんので痛みに弱いという方は超音波タイプの歯石取りスケールを持っている病院を選ぶとよいでしょう。

 

歯石取りは歯にがっちりとくっついている歯石を削り取るので麻酔をしない限りはある程度の痛みはあります。作業者の腕によってあまり差が出ないという点で超音波タイプのスケールの方が痛くないという方も多いです。

 

また、もともと知覚過敏を持っている方は歯石取りの痛みも感じやすいので注意してください。

 

「検査はいらないから歯石だけ取って!」は損をする!?歯石除去を保険適用にするには…

歯石というのは、歯垢が石灰化し固まったものです。歯垢の段階であればまだ歯磨きを丁寧に行うことで除去できるのですが、歯石となると歯磨きでは除去できません。そのため歯石ができてしまったら歯科医院で、専門の治療をしてもらう必要があります。

 

歯石をとってほしいだけなのになんで検査もするの?

歯石をとってもらおうと歯科医院に行って、歯周病や虫歯の検査までされたことはないでしょうか。「歯石をとってほしいだけなのに…」と思うかもしれません。

これは何も歯科医院が、自分たちの利益のために余計な検査をくっつけて行っているわけではありません。これには歯石の除去が保険適用になるか、ならないかという点が問題になるのです。

 

歯石をとるだけでは「保険適用外」

検査をしないで、歯石をとるだけというのは、口の中の状態を知らないでするのですから、「治療ではなく処置」です。治療ではないということは、つまり、保険適用外になるということです。保険適用外になると当然、歯石をとるだけでも金額が大きくなります。かかる金額は1万円ほどになります。

 

検査をすれば歯石除去は「保険適用」に

歯石除去を保険適用で受けるためには、歯石除去が必要な病気(虫歯や歯周病)が必要なのです。つまり検査で口の中にこうした病気が見つかれば、歯石の除去は「治療」となり、保険適用で受けられるのです。保険適用で受けられるのであれば、レントゲン撮影などの検査を含めても、かかる金額は3000円ほどに抑えられるのです。

 

 

これを知らないで「検査はいいから歯石だけとって!」というのでは損をしてしまいます。そもそも歯石というのは目に見えない部分(歯と歯茎の間)にも隠れているものです。ですから、レントゲンなどで検査をしないで「歯石だけとって」というのは、きちんと口の中を知らないで治療をするということであり、完璧に歯石除去をすることができないのだ、ということを知っておきましょう。

 

歯磨きしても口臭が消えない!?その原因は歯磨きでは落とせない歯石かもしれない…

人が生きていく上で、口の中が汚れないということは難しい話です。生きるために食べることによって、口の中はそのたびに汚れ、そのたびにきれいにする必要があります。もし口腔内の清掃を怠った場合、口の中の食べかすなどは、細菌のエサとなり、口の中には歯石などがたまっていきます。

 

歯石ってなんだ?

歯の表面や隙間についているカスをエサとして増えた、細菌のかたまりを歯垢や歯石といいます。歯垢というのは丁寧に歯磨きをすれば取り除ける程度の汚れを言いますが、歯石となると固い石のようになったものを指し、歯磨きだけでは容易に取り除けなくなります。歯垢を放置してしまうと、唾液に含まれるカルシウムを吸着して、歯垢が石灰化し、落としづらい歯石になってしまうのです。

 

歯石がついていると歯磨きをしても口臭がするようになる…

歯垢や歯石は細菌のかたまりと言いましたが、それは虫歯や歯周病の原因となるだけではなく、口臭の原因にもなります。歯石の場合歯磨きでは容易に落とせませんから、歯石が多くなれば、いくら歯磨きをしても口臭が消えないという状態になってしまうのです。

 

歯石による口臭を解消するには歯科医院でとってもらうしかない

歯石はつかないようにするのが一番です。歯磨きで取り除くことができる歯垢は、2、3日放っておくと歯石になってしまいますから、日々きちんと歯を磨くことが必要です。しかし、すでに歯石がついてしまっている場合、いくら家で歯磨きを頑張っても歯石が落ちて口臭が消えることはありません。むしろ頑張りすぎて歯の表面を傷つけて、新たな虫歯菌の温床を作り出している可能性もあります。ですから、歯石による口臭を解消したい場合には、歯科医院で歯石をきれいにしてもらいましょう。

同時に個々人の歯並びによって違う、自分のケアで歯垢が溜まりやすい場所などの指導もしれくれますから、これからの自分のケアに役立てられます。

 

 

歯石が原因の口臭の場合、いくら頑張って歯磨きをしても原因はなくなりません。むしろ頑張る歯磨きが歯を傷つける可能性も大きいです。歯垢や歯石はきちんと歯磨きをしていてもたまるものですから、定期的に歯科医院でチェックしてもらいたいですね。

(Photo by:http://www.ashinari.com/

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-14掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

歯に関する記事

歯の着色を取り除ける?!歯の着色の原因や除去法、ホワイトニングについて

歯の色をもしも選べるとしたら真っ白な歯、そうではなくてもなるべく白い歯を選ぶ...

キシリトール入りの製品を食べると腹痛が~原因と上手に摂取するための注意点とは

 キシリトール配合のガムやキャンディのパッケージに、「一度に多量に食べるとお...


親の歯並びが子どもに遺伝するって本当?歯並びが悪いことの影響とは?

子供のころから歯並びが悪かったけれど、親の歯並びも悪かったのでしょうがないと...

親知らずで知っておきたいこと~抜歯の痛みの原因やケア、治療法や費用まで

親知らずは、生える人もいれば生えない人もおり、生えたとしても周囲の歯周組織や...

カラダノートひろば

歯の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る