カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 食事 >
  4. 食べ過ぎ・飲み過ぎ >
  5. 人はなぜ食べ過ぎる?~そのカギはヒスタミンにあった!

健康診断・健康管理

人はなぜ食べ過ぎる?~そのカギはヒスタミンにあった!

 

満腹の肉食動物が目の前に獲物がいてもむやみに襲わないように、一般的に野生の動物は必要な分だけ食べたらそれ以上は食べないとされています。しかし、人は満腹であると思っていてもそれ以上に食べてしまうということがあります。

 

 

なぜ食べ過ぎるのか?

人の食環境は野生動物よりも過食をしやすい環境であると言えます。というのも人を含めた動物が必要以上に食べ物を摂取してしまう食環境というのは、甘みや脂、だしのうまみなどがたくさんあるという環境です。これらを食べるとき、動物は脳内で快感物質が出てしまい、過食になってしまうのです。またこれと同様に、ストレスや睡眠不足によっても食欲が増進すると分かっています。

 

ヒスタミンが食欲を抑える

アレルギー体質の人はヒスタミンという物質に効き馴染みがあると思います。ヒスタミンはアレルギー症状を引き起こす物質なのですが、このヒスタミンという物質には食欲を抑える効果が期待できるようです。脳の中にこのヒスタミンが増えると、食べる量が減るのだというのです。ではこのヒスタミンはどのように増やすことができるのでしょうか。

 

噛んで増やすヒスタミン

ヒスタミンを脳の中で増やすには、噛むことによって増えるのだと言います。噛むことの刺激が脳内の結節乳頭核という部分に届き、ヒスタミンを生産します。そしてヒスタミンが満腹中枢を刺激することによって満腹感が高まります。そこで改めて注目したいのが咀嚼方法です。食べ物を食べるときにたくさん咀嚼すると満腹感を得やすいということですね。

 

薬でヒスタミンを服用してもダメ

ヒスタミンは脳以外ではアレルギー反応を起こすものです。そして薬から摂取したヒスタミンは脳内に到達できません。これらの点からヒスタミンを薬で服用しても食べ過ぎを抑える効果は得られません

 

 

特に食べ物をすぐに飲み込んでしまうという人は、まずはよく噛むことを意識して食事をしましょう。

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2010/01/12-032833.php])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食べ過ぎ・飲み過ぎに関する記事

アルコールが胃痛をおこす理由

飲みすぎによる胃痛はなぜ起こるのでしょうか?アルコールが胃痛をおこす理由を詳...

アルコールを飲みすぎると肝臓に悪いだけではなかった!お酒の飲み過ぎは膵臓を溶かす?

  アルコールを飲みすぎると肝臓が稼働してアルコールを分解すると知っている人は...


食べ過ぎたときに起こる吐き気の対応法とは?薬で吐き気がなくなっても油断しないで!

    吐き気の症状は重症な疾患の症状として見られることもありますが、多...

食べ過ぎて吐き気が・・・そんな時どうするのがいい?

  外で食事をする機会が多かったり、人と食事をする機会が多かったりすると、つい...

カラダノートひろば

食べ過ぎ・飲み過ぎの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る