カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 変形性関節症 >
  4. 暮らしの工夫 >
  5. 変形性関節痛の痛みは、暮らしの工夫で緩和できる!その方法とは

関節痛・腰痛

変形性関節痛の痛みは、暮らしの工夫で緩和できる!その方法とは

 『変形性関節症』には現段階では完治する方法はないと言われています。

しかし、毎日の工夫で病気の進行を遅らせたり、痛みを緩和することができるのです。

 

医師に定期的な相談を

『変形性関節症』と診断された場合、現段階では根本的な解決策がないことから、痛みを緩和する薬剤や湿布を貰い、上手に付き合っていく方法を医師からレクチャーされることと思います。

それらの、用法用量を守り適切に使用することが改善にとって大切なことと言えます。

 

この病気は、長い年月をかけて少しずつ進行していくため、症状の変化をきちんと把握し医師に伝えることも重要なことと言えます。

人によっては、運動を控えることで「痛み」などの症状が軽減し、病気は進行しているのに治ってきているように感じることもあります。

良い時も悪い時も、現在の状況を医師に伝え病気の状態を認識していきましょう。

 

薬剤との付き合い方

変形性関節症の治療に使用される薬剤の中には、人によって副作用を生じる可能性のある物質を含む物があります。

非ステロイド抗炎症薬によって胃炎や胃潰瘍の副作用を起こす可能性のある人や、ステロイドの副作用を発症したことがある人は、事前に医師に伝えるようにしましょう

 

処方薬剤とサプリメント

関節部の軟骨や関節液に含まれるグルコサミンやコンドロイチン、ヒアルロン酸などの摂取も症状緩和に効果的とされています。

これらの物質を減量にも気を付けながら食物から摂取することは中々難しいため、サプリメントの服用を進められるでしょう。

市販薬にも、これらの物質を含んだ物が多く存在します。しかし中には、信頼性の低い物や高価すぎる物なども存在します。

また医師に処方された薬剤との飲み合わせもある可能性がありますので、サプリメントを服用する際は必ず医師に相談することをお勧めします。

 

医師への相談、適切な薬剤の使用の他、適度な運動と食事や身体や関節を冷やさないようにすることも、症状の進行を遅らせる効果があると言われています。

 

発症してしまったら落胆せず、「治してしまう!」くらいの気持ちで症状の緩和に取り組みましょう。

 

(Photo by : [//www.photo-ac.com/main/detail/8691?title=])

 

著者: niceさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

暮らしの工夫に関する記事

ハイヒールを履かない日を作ろう!ノーヒールデーをつくってO脚予防!

    【女性に多いといわれる変形性膝関節症の原因とは?】  変形性関節症...

生活の中で負担を減らそう!変形性関節症の痛み改善法について

  加齢と共に引き起こされる関節の痛みは、ある程度までは「仕方がない」諦めてし...


神経痛になりやすい人が不足している栄養素とは?

  【変形性関節症は血液循環と新陳代謝が予防のポイント】   変形性関節症は酷...

運動不足がちな現代人に読んで欲しい!筋力低下が招く神経痛予防法

  【毎日の適度な運動習慣は負担の軽いものを行う】   腰、膝などの関...

カラダノートひろば

暮らしの工夫の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る