カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 関節リウマチ >
  4. 症状 >
  5. 手首に違和感・・・痛む・こわばる、原因は?

関節痛・腰痛

手首に違和感・・・痛む・こわばる、原因は?

 

特に何もしていないのに、朝起きると手首がこわばった感じがする。

ぶつけたわけでもないのに痛みを感じる。これは「リウマチ」のサインかもしれません。

 

初期症状は「だるい」「こわばる」

リウマチの中で最も多いのは「関節リウマチ」と言われます。これらの初期症状は「だるい」「熱っぽい」「こわばる」といった、非常に判りにくいサインです。

少し動けば治る、少し無理をすれば気にせずにすむ、そういった場合も多いでしょう。

しかし、これらを放っておくと「関節リウマチ」はどんどん進行し、手遅れになる可能性があるのです。

 

朝、手首・手指にこわばりを感じる、は要注意

「関節リウマチ」の代表的なサインに「こわばり」があります。これは朝に多く見られる症状で、初期症状の一種です。

朝、身体がこわばる理由は、関節の炎症によって寝ている間に体液が溜まり「むくむ」ためと考えられています。

症状の段階にもよりますが、短い場合で数分、長い場合だと1時間程度こわばりを感じることもあるようです。

このような症状が、初期のころは持続せず、よくなったり悪くなったりします。

昨日はこわばりが強かったけれど、今朝は大丈夫。といったことを何度も繰り返しながら、じわじわと病気を進行していくのが「関節リウマチ」に多く見られるケースです。

 

手指・手首に起こる独特の症状

「関節リウマチ」は、その初期症状だけでは素人判断はほぼできない病気です。しかし、それらの症状が進行すると、誰が見ても明らかな症状を発症します。

その代表的な症状が、手指・手首の関節変形です。これらの独特な関節変形は “リウマチ患者の顔”と言われており、人目でリウマチと判るほど変形が進む可能性があります。

そして変形によって「つまむ」「握る」などの動作が不自由になり、介助が必要となる場合もあります。

 

一度変形すると、そのまま戻らないと言われる手指・手首の変形。

初期症状での対処がそれらをくい止める可能性もあります。早めに専門医に相談しましょう。

 

(Photo by :[//www.ashinari.com/2013/09/18-382216.php])

著者: niceさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

症状に関する記事

リウマチの痛みを和らげる、日常生活の工夫

関節リウマチに悩んでいる日常生活で、より快適に過ごすための工夫や注意点とはどの...

手の関節が動きにくい・・・もしかして、リウマチ?

リウマチとは、「手足、そして背骨に痛みが出る病気」の総称のこと。関節リウマチを...


「リウマチ」に気付けるのは自分だけ!早めに診察に行きましょう

   「リウマチ」という言葉、よく耳にすると思います。特にご家族にご高齢の方が...

関節リウマチ以外でも起こる肩の激痛 顎関節症、頸椎損傷かも…

  関節リウマチの主な症状としては、関節に腫れや痛みが生じるといったことが挙げ...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る