カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. 病気と症状 >
  4. 胃腸炎の原因!?なぜ赤ちゃんにはちみつを与えてはいけないの?

育児

胃腸炎の原因!?なぜ赤ちゃんにはちみつを与えてはいけないの?

はちみつの容器をみると、「乳児には与えないでください」と書いてあります。甘くて食べやすそうなはちみつですが、赤ちゃんにとっては胃腸炎や下痢の原因となるようです。

 

■はちみつは胃腸炎の原因に

乳児がはちみつを食べたことによって起こす症状に、「乳児ボツリヌス症」があります。潜伏期間は3~30日程度。3日以上続く便秘、弱い鳴き声、弱い哺乳力、首のすわりが悪いなど、筋肉が弛緩することによって起こる麻痺症状が現れるとされます。

 

■はちみつのなかに含まれる「芽胞」が原因

乳児ボツリヌス症を引き起こしているのは、ボツリヌス菌という細菌です。

ボツリヌス菌は成人にもたびたび食中毒を起こす細菌で、普段は土の中や川など泥の中にいて、野菜や魚、肉と一緒に人間の口から体内に入ります。

 

ボツリヌス菌は毒素を産生することで食中毒を起こしますが、毒素自体は熱に弱く、100℃のお湯で1~2分程度加熱すれば毒性がなくなります。

しかしボツリヌス菌のすごいところは、細菌の生存が難しい環境になると「芽胞」と呼ばれる状態を作り出して、100℃でも数時間耐えることができるようになるところです。

 

はちみつにはこの「芽胞」が含まれていることが多く、大腸のなかで増殖して毒素を産生し、ボツリヌス症を引き起こします。

 

■はちみつ以外も要注意

はちみつそのものを与えていなくても、野菜ジュースに芽胞が含まれていたり、お菓子にはちみつが含まれていることがあります。また、乳児はおもちゃをなめますが、なめたことでおもちゃに芽胞が付着することによっても感染します。

 

毒素そのものが食中毒の原因になることもあります。

ボツリヌス菌は嫌気状態(酸素のない状態)になると毒素を産生しますので、空気が遮断されるような食品(レトルト食品、缶詰、瓶詰、からしレンコン、いずしなど)で食中毒を引き起こす例がたびたびあります。

また、自家製ハムやソーセージは加熱処理が不十分となりやすいので、注意が必要です。

 

■まとめ

ボツリヌス菌による胃腸炎を避けるためには、生後6か月未満の赤ちゃんはもちろん、1歳くらいまでの乳児にははちみつを与えないことです。

また、自家製のジャムや自家製の瓶詰、自家製ハムやソーセージにも注意し、怪しいな…と感じたら120℃以上で20分以上加熱してから与えると安心です。

 

「育児・子供の病気」で人気の記事はこちら

●苦しそうな顔でうなる赤ちゃん、原因は?自宅でできる「お腹のガス対策」3つ

 

(Photo by:足成 )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

病気と症状に関する記事

一次吃、二次吃・・・吃音の様々なとらえ方

  伝統的な吃音の治療は、吃症状にのみ目を向けてきました。しかし、実際には見ら...

こんな痙攣もてんかんかもしれない?てんかんの症状と薬物治療

子供の代表的な病気の一つであるてんかんは、具体的にはどのような症状が発生し、...

病気と症状の体験談

正月に発熱~病院も正月休みで初めての救急へ~

娘が12月中旬に一度風邪をひき、薬を飲ませ完治。年末年始にまた風邪を引くことはないだろうと思っていま...

1歳1か月で、突発性湿疹になりました

我が家の三女、1歳1か月 先日、ついに突発になりました~高熱が4日間!!先日、我が家の三女が突...

カラダノートひろば

病気と症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る