カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. うつる病気 >
  5. 風邪 >
  6. 風邪をひかないために気を付けたい室内の温度とは?

育児・子供の病気

風邪をひかないために気を付けたい室内の温度とは?

寒いとついついエアコンをつけっぱなしに…でもちょっと待って!暖房を効かせすぎた室内ではどのようなことが起こっているのでしょうか?ここでは冬の最適な室内温度についてまとめてみました。

 

風邪の原因が暖房にアリ?

風邪の原因の80~90%がウイルスによるものです。風邪を引き起こすウイルスはとても多く、200種類以上のウイルスが関係しているといわれています。

風邪のウイルスもインフルエンザウイルスも、冬場の低温で乾燥した環境のなかで感染力が拡大します。それには温度と湿度が大きく関係しています。

 

乾燥は感染拡大のキホン

風邪をひくと、1回の咳で10万個、1回のくしゃみで100万個のウイルスが空気中にばらまかれるといわれています。

ばらまかれたウイルスは、湿度の高い環境ではすぐに地面や床に落下してしまいますが、湿度が40%以下になるとウイルスの水分が蒸発して軽くなり、落下せずに30分ほどの間、空気中を漂い続けるようになります。

 

空気中のウイルスは人が息を吸い込むときに、空気と一緒に取りこまれて、鼻やのどに付着し、感染します。

 

暖房イコール乾燥!?

エアコンやストーブをつけると室内が乾燥するというのは常識ですが、どのくらい乾燥するのでしょうか?なんと、5℃室温を上昇させると、湿度は10%も下がってしまうそうです。20℃の室温を25℃に上げると、40%あった湿度は30%になってしまうということです。


ただでさえ乾燥している室内の空気を乾燥させないためには、エアコンの温度は20℃以下に設定すると良いといわれています。

また、おなじ暖房でも石油ストーブのように火を燃やすタイプのものは水蒸気を発生させるためエアコンのようには乾燥しないと言われています。

 

まとめ

子どもの粘膜は大人に比べて弱く、乾燥の影響を受けやすいもの。寒いからと安易に暖房をつけずに、保温効果の高い下着や靴下を選んだり、服装で寒さを防ぎつつ、体を動かして寒さをしのぎたいですね。

 

ホットカーペットやコタツといった部分的な暖房器具を利用することでも、風邪をひくリスクをぐっと減らせるかもしれません。

 

「健康診断・健康管理」で人気の記事はこちら

●エアコンによる喉の痛みを予防する使い方

 

(Photo by://www.ashinari.com/)

著者: seasideさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

風邪に関する記事

恐るべし!風邪予防に蜂蜜パワー!

  【蜂蜜】は風邪予防にとても効果がある食べ物だということを、知っています...

子どもの夏風邪を引き起こすエンテロウイルス…子どもだけでなく大人や妊婦さんも注意!

  夏は、エンテロウイルスというグループのウイルスに注意する必要があります。エン...

風邪の体験談

完母なのになぜ?!初めての風邪~生後2か月~

生後6か月はママの免疫で守られている赤ちゃん。ウイルスには耐性があるから大丈夫!な~んて油断してはい...

風邪をひきにくい生活(1歳8か月編)

お兄ちゃんが1,2歳代の時、それはそれは毎月のように風邪をひいては小児科へ通っておりました。 ...

カラダノートひろば

風邪の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る