カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 高血圧 >
  4. 症状 >
  5. 危険度の高いME差のある高血圧

生活習慣病

危険度の高いME差のある高血圧

ME差とは?

早朝血圧と就寝時血圧の差の数値です。 

この差が大きいと起床時の血圧上昇が激しく、早朝時の高血圧リスクの高さを示します。

 

ME差のある高血圧とは?

早朝時に急激に血圧が高まるため、血管や心臓への負担が起床時にきわめて大きくなる高血圧。

 

 

血管への負担は脳卒中など血管病に、心臓への負担が心臓肥大を招きます。

主な原因は睡眠不足による自律神経の乱れなどがあげられます。

 

 

高血圧による脳卒中などの血管病の危険性は、いつ起こるかわからないと言うことにあります。

 

ですが、一日の生活リズムの中で最も脳卒中など発症しやすい時間帯と言えば、早朝です。

 

早朝、人の身体が活動をしようとすると自律神経の交感神経が活動を始め、それに伴い血圧が上昇し身体の隅々まで行き渡ります。逆に就寝時には交感神経も休息し、血圧が低下するようにできているのです。

 

この早朝血圧と就寝時血圧の数値の差をMorningとEveningの頭文字を取ってME差と呼び、脳卒中などの早朝リスクの目安ともなります。

 

ME差が高いほど、早朝の血圧上昇幅が大きくなり、血管に掛かる負担が大きくなり脳卒中などに至るリスクが高まるのです。

持続性高血圧のように常に高血圧状態である状態よりも、早朝のみの急激な血圧上昇の方が心臓への負担が大きく、心臓肥大なども招くこととなります。

 

ME差を小さくするためには…

規則正しい生活と睡眠が重要です。

 

このME差の高い早朝高血圧の原因は、主に睡眠不足による生活リズムの乱れが挙げられます。

 

毎日の不規則な生活により、血圧を上下させるタイミングがずれ、睡眠中も血圧が高いままとなり、起床時に非常に高い血圧となります。

その高い血圧値に身体が適応し、毎朝その血圧値まで上げてしまう体質になってしまうのが早朝高血圧なのです。

 

早朝起床時に心臓の動悸があまりに激しくなっているなどの自覚症状が感じられたら、一度自分の生活スタイルを見直してみると良いでしょう。 

 (photoby:著者、//www.photo-ac.com/)

著者: ナムルさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

症状に関する記事

高血圧と身体のだるさ~見逃してはいけない症状

   高血圧に自覚症状はほとんどないといわれています。しかし、一部の人には頭痛や...

後頭部に痛みがある?!高血圧の人に多い「頭痛」の症状

高血圧には特有の症状というものはなく、血圧を測ってみなければ高血圧だと気づきに...


高血圧に多い起立性低血圧

  めまいや立ちくらみは脳に血液が行き渡らないことによって起こる症状です。...

だるい、頭痛、息切れ・・高血圧の症状にひそむ腎臓障害

      高血圧は、本人の気付かないうちに進行し、重大な合併症を起こす危...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る