カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. ツボ >
  4. >
  5. 押してみよう!疲労回復に効果的な手のひらのツボ

健康診断・健康管理

押してみよう!疲労回復に効果的な手のひらのツボ

 

 手のひらには、全身に効果のある反射区が多く存在します。手のひらを揉んだり押したりして刺激することで全身の疲れが解消したような気になるのは、この反射区があるからなんですね。

 

仕事中や移動中、また湯船に浸かりながらなど、時間や場所をいとわず手軽に押せるため効果が実感しやすいのが手のひらのツボです。

 

こちらではその手のひらのツボの中でも、特に疲労回復に効果的なツボをご紹介します。

 

・労宮(ろうきゅう)

手のひらの中央付近にあるツボで、押すと血行を促進し、酸素を全身に行き渡らせて代謝も良くしてくれるので、筋肉の疲労回復に効果的とされています。

また、集中力アップも期待できます。

ツボを押すときには、ツボに対して垂直に親指を立て、やや力を強めに押すと良いでしょう。

 

・魚際(ぎょさい)

親指の付け根の膨らみの中央にあるツボで、暴飲暴食などで負担がかかった胃腸や肝臓の働きを回復する効果があります。

逆の手の親指の腹を使い、親指に響くほどの強さで押すのを繰り返してください。

 

・少府(しょうふ)

拳を握ったときに小指の先があたるところにあるツボを少府といいます。

興奮状態、ほてりを伴うような過労時に気分を落ち着かせてくれる効果が期待できます。

親指の腹をあて揉むようにして押すと効果的です。

 

・健理三針区(けんりさんしんく)

手のひらの中央よりもやや手首よりにある反射区になります。

二日酔いに悩まされている人や、お酒を飲む機会が多い人にお勧めです。

刺激すると肝臓の働きが活発になり、アルコールの分解を促進します。

押すときには、親指で強く押し揉むようにするといいです。 

 

以上が手のひらにあり、疲労回復に効果的なツボの数々です。ちょっと空いた時間に押す習慣をつけておくと、疲労回復だけでなく予防効果も期待できますので是非お試しになってみてはいかがでしょうか? 

 

 

イライラに効く神門(しんもん) 

ストレス社会と言われる現代は、神経症などの精神疾患を患う人が増えています。精神疾患まで行かずとも、ストレスを抱えながら、そのストレスをうまく処理しきれていない人がほとんどなのではないでしょうか?精神疾患患者のほとんどは、無意識のうちに発病しているケースがほとんどです。そんなことにならないためにも、うまくストレスを処理する方法が必要です。その方法の一つが神門(しんもん)というツボです。

 

場所

手を開いて、自分の方に手のひらをむけて下さい。手首の部分に横じわがあると思います。その横じわの小指側の端にコリコリと動く腱があります。その腱よりも内側に指を置くとくぼみがあるのが分かるでしょうか。その部分が神門です。

 

効能

自律神経を調え、気持ちをリラックスさせます。そのため、ストレスからくる便秘にも効果があります。特に不安感を強く感じる場合に神門を刺激すると効果を感じやすいそうです。

体にはたくさんのツボがありますが、この神門というツボは位置がわかりやすい上に、効力が大きく、治療としても使用されることが多いツボです。

 

押し方

反対側の親指をツボの位置に当てて指圧してください。このツボは軽く刺激するだけで十分効果を得られますので、グリグリと刺激したり、グッと押して離してを繰り返してみたりしてください。

 

自分がストレスを感じたときに「深呼吸をして、自然体でいよう!」と思ってその通りにできたらどんなに楽でしょう。実際はそれで余計イライラしてしまったりして、ストレスが増幅されることも多くあります。そういったことから精神疾患につながる前に、神門のツボを押してみてください。自分のコントロールできないイライラが静まりやすくなります。

 

 

免疫力を気軽に高められる指先マッサージ 

免疫力を高めるツボには様々な種類がありますが、実は簡単にマッサージができる指先に、多くの免疫力アップのツボが集中しているのです。

 両手の薬指を抜いた全ての指の爪の生え際に、二つの免疫力アップのツボが存在し、その指先をマッサージすることで自律神経の働きを高め、さらには血行を改善し、免疫力を高める効果を発揮させることができます。

 

■免疫力を高める指先マッサージ

●自律神経の働きを向上させるマッサージ

両手の薬指を除いた指の爪の生え際をマッサージで刺激することで、自然と自律神経の働きを高め、免疫力を向上させるツボを刺激することができます。

 

●血流の末端を刺激することで血流改善

 全身を駆け巡る血流の末端である指先をマッサージすることで、同時に血行を改善する効果も伴うこととなり、より免疫力アップが期待できるます。

 

●いつでもできるリラックス法

この指先マッサージの利点は、いつでもどこでも人の目を気にすることなく気軽にできることです。

 自律神経の働きや免疫機構にはその人のストレスなどが大きく関わってくるため、極度に緊張する場面などでも、すぐに指先マッサージを行なうことができ、効果的にリラックスでき、自立神経を整え、免疫力を維持向上させることが期待できます。

 

 免疫力アップのツボはほんの数回や短期間で効果が出るものではありません。長期に渡って継続して刺激することで、初めて効果が現れるものです。

そのためには、免疫力アップのツボを日常的に刺激することが大切です。この指先マッサージは、いつでも気軽にツボ刺激が行え継続しやすいので、是非試してみてはいかがでしょうか。

 

 

応急処置に効くツボ 

ツボの中には症状が出たその時に、対処法として効果のあるツボがあります。ここではその場で効くツボをご紹介します。

 

・手心(しゅしん)

手のひらのちょうど中心にあるツボです。親指でツボを探すと手のひらの真ん中あたりにくぼみが見つけられると思いますので刺激してみてください。このツボは親指で押しながらグリグリと揉む方法が効果的です。

この手心のツボは脳貧血に効果のあるツボです。

急に立ち上がったときや、暑さでくらくらしたときは脳への血流が少なくなり、貧血を起こします。そのときに片方の手のツボを圧迫すると回復がはやくなります。

 

・合谷(ごうこく)

手の甲を自分の方に向けたとき、人差し指と親指の骨が交わる箇所にできるくぼみにあるツボです。そのくぼみにもう一方の親指を入れたら人差し指の骨の下を刺激するように指圧します。

 

万能ツボとも言われる合谷ですが、実は歯痛に効くツボでもあります。歯や歯茎の痛みを感じたら、ぎゅーっと刺激してみてください。

 

・二間(じかん)

手の甲側から見て人差し指の第二関節の親指側にあります。やや手の甲の方に位置し、指の関節のふくらんだ場所のそばのくぼみにあります。

このツボはお腹の張りを緩和したいときや、オナラを我慢したいときにもう一方の指で挟んでグリグリと刺激すると効果的です。

 

それぞれのツボはうまく押せていればその場で効果が実感できます。急を要する場合は細かい場所を気にするより、だいたいの場所を刺激して痛みを感じる場所を探すのも一つの手かもしれません。もし普段から貧血などの症状に悩んでいる場合は、緊急の場合だけではなく、普段の生活の中でツボを刺激するようにしておけば症状が軽減されていきますので試してみてください。

 

 

手にあるツボ「合谷」のマッサージで免疫力アップ 

免疫力をアップする効果があるツボで、合谷という手のツボがあります。

この合谷のツボは、両手を組み合わせた状態でできる簡単なマッサージで刺激できるため、いつでもどこでも人目を気にすることなく免疫アップマッサージが出来ます。

 

■いつでもできる免疫アップツボ「合谷」

●免疫力を向上させる合谷

 合谷とは親指と人差し指の二つの骨が交わるくぼみの付近にあるツボで、このあたりをもう片方の親指でマッサージすることで簡単に刺激し、効果を得ることができる便利なツボです。

 

●頭痛や鼻水、脳血管にも効果を発揮

この合谷は、自律神経を整え免疫力を向上させるだけでなく、脳の血行などにも大きな効果を与え、頭痛や鼻水、脳血管障害にも有効なツボです。

 簡単に刺激できる上に、これだけの効果が期待できるツボですので、日常的に合谷を刺激するマッサージすることをお勧めします。

 

●両手を組んだ状態で刺激できる簡単なマッサージ

合谷を刺激するならば、両手を重ねるように組んで、それぞれの親指でもう片方の合谷の位置を揉んでマッサージするだけで十分です。

 

●自律神経失調症に効果的なツボ

この合谷のツボは、原因が特定できず明確な治療法もない、自律神経失調症や更年期障害などの対策としてもお勧めのツボです。

いつでも気軽に行え、自律神経と免疫力向上に効果が期待できる健康法と考えると良いでしょう。

 

 免疫力をアップさせると言うことは自律神経を整えることも意味し、自律神経失調症などにも効果期待できるのが合谷のツボです。

乱れた生活習慣で同じく乱れた自律神経を整えるためにも日常的に合谷のツボを刺激する習慣を始めることがお勧めです。

(Photo by:http://www.ashinari.com/2013/12/13-384191.php)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-03-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

手に関する記事

手にある奇穴いろいろ

     ツボには経脈に属さない奇穴(きけつ)と呼ばれるものがあります。 ...

咳がひどくて眠れない...そんな時は咳のツボ「孔最」を刺激!

夜寝てる時に咳がひどくて寝れないとか喘息がひどくて苦しいという人のために、孔最(...


即効性のあるツボ下痢点

手にあるツボは大腸に関係するものがいくつかありますが、その中に下痢点というツ...

万能のツボ合谷(ごうこく)

  左右どちらの手でもかまいませんが、人差し指の骨と、親指の骨を手首の方向に向...

カラダノートひろば

手の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る