カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 美肌・スキンケア >
  4. 化粧品成分 >
  5. 柑橘類の精油を付けて外出は危険な場合も?!『光毒性』とは?

美容・ダイエット

柑橘類の精油を付けて外出は危険な場合も?!『光毒性』とは?

 

肌につける柑橘系の香り成分には注意が必要?

 

『精油』と言うと、良い香りが人に幸福感を与えたり、副交感神経を刺激してリラックスや疲労回復に効果をもたらしたりと、様々なメリットがあります。精油の使われ方としては、アロマを焚いて部屋に香りを飛ばす以外にも、アロママッサージに見られるように幾分か希釈して直接肌に塗る方法もあります。香りの物質は、基本的に脂溶性であり、肌に浸透しやすく、また一方で構造的にとても不安定な物質で、熱や光に弱く、変化しやすいという性質も持っています。現在、アロマ関連商品に取り扱いのある店の多くは、この性質がもたらす、体内吸収時や紫外線照射時に発生する『光感作』『光毒性』が問題であるとして注意喚起が行われています。以下では、特に光毒性についての詳細と、その対処法についてご紹介していきたいと思います。

 

『光毒性』とは?

 

『光毒性』とは、ある特定の種類の精油(柑橘類に多い)を濃度の高い状態で皮膚上に付けた際に、紫外線が照射されて強い日焼け(火傷)、シミ、その他損傷が起こるというものです。基本的な対処法としては、光毒性が強い精油には、日焼けを発生させる原因物質である『フロクマリン』を除いた『F.C.F(フロクマリン・フリー)』表記のある精油が出ていますので、また日光になるべく塗布部位を晒さないことが重要になります。

 

<光毒性を発生させる物質とは?>

光毒性を持つものの代表として最も知られているのがレモン、グレープフルーツ、ビターオレンジ、ライムなどの『柑橘系』です。また、ベルガモットやアンジェリカ・ルートも非常に強い光毒性を持つとして気をつけたい精油に加えられています。

しかし、これらの精油が必ずしも光毒性を現すというわけではなく、使用される『抽出方法』や『濃度』が非常に関係しています

 

例で言うと・・・

 

<光毒性が現れやすい抽出方法>
◆圧搾法で抽出したもの水蒸気蒸留法で抽出したものなどは現れにくい
ライムは抽出法によって、性質が大きく変わります。圧搾法では光毒性が現れやすいと言われています。

 

<光毒性を発揮する精油濃度 >
◆レモン・・・2.0% 
◆グレープフルーツ・・・4.0% 
◆ベルガモット・・・0.4% 
◆アンジェリカ・ルート・・・0.78%

 

化粧品や香水など市販の製品への精油配合率に関しては、国際香料研究協会という団体が定めたガイドラインにより人体に安全とされる濃度が守られておりまたフロクマリンフリーのものが使用されていると言われていますので、問題は無いかと思います。個人で精油を扱って化粧品などを作る際には、十分な注意が必要です。

 

<柑橘系の中でも光毒性のない、安全な精油>
柑橘系全般が光毒性の対象ではなく、例外も多数あるようです。下記のものは光毒性が報告されていません。


<光毒性を現さない柑橘系精油例>
◇オレンジ・スイート
◇マンダリン
◇レモングラス
◇シトロネラ
◇リツェアクベバ(メイチャン)
◇メリッサ

 

レモングラス&シトロネラ=イネ科、リツェアクベバ=クスノキ科、メリッサ=シソ科の植物であるので安全。)

 

光毒性による被害の症例とは?

 

過去1970年代頃には、光毒性への認識が無かったため、高濃度のベルガモット油を配合した化粧品が売られ、肌にシミが出来るという事例が多数発生したようです。具体的な事例としてはサンベッドに入ったままベルガモットオイルを塗って紫外線を浴びたとされる女性が、腕と脚に重篤なやけどを負い、一週間の入院を強いられた、というものがあります。

現在、販売されている化粧品に配合されるベルガモットは安全基準濃度を充たしているベルガモットFCF:フロクマリンフリー)と考えられるため、心配の必要はないとされています。

 

最後に

 

上記のように、現在販売されている化粧品や香水に関しては、フロクマリンフリーのものが主流であるようですが、一般の精油に関しては含まれているものも多く存在します。これを知らず自分で香水などを作って肌に使用してしまうと危険ですので、個人で調合する際には十分に気をつけることが必要です。

 

 (photoby://pixabay.com/ja/%E6%9F%91%E6%A9%98%E7%B3%BB%E3%81%AE%E6%9E%9C%E7%89%A9-%E3%82%AA%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B8-%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%A0-%E3%83%AC%E3%83%A2%E3%83%B3-%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%82%AF-%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%81%97%E3%81%9F-62933/)

著者: あせちるこりんさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

化粧品成分に関する記事

有効成分の入った機能性化粧品は手作りできる!そのレシピとは?

  化粧品を自分で作ってみよう!   現在、市販されている化粧品の多く...

美白に効果的な成分はなに?化粧品の成分表示をチェックしよう

厚生労働省が薬用美白成分として認めたもの(2010年9月30日現在)●4MSK(...


『経皮毒』は存在する?その真偽について~経皮吸収の基本

 経皮毒とは何か? 『経皮毒』という言葉をご存知でしょうか? この言葉は、20...

『経皮毒』は身近に存在している?その真偽について~実例から考える

日用品の添加物から『経皮毒』は生じている?  前回の記事【『経皮毒』は存在する...

カラダノートひろば

化粧品成分の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る