カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 基礎知識 >
  4. 対処法 >
  5. その他 >
  6. 腰痛対策には『冷却』『温熱』どちらが有効?

関節痛・腰痛

腰痛対策には『冷却』『温熱』どちらが有効?

 

腰痛の正しい処置方法とは?

 

『腰痛』は、多くの方が一生に一度は起こる病気というイメージがありますが、実際の統計を見てみると、8割近くの人が一生に一度腰痛を経験していると言う報告があります。腰痛が発生する原因は様々で、筋膜性腰痛、腰椎椎間板ヘルニア、脊柱菅狭窄症、腰椎分離症など一時的な筋肉の炎症によるものから、軟骨が磨り減って神経を圧迫してしまっているものまで幅がありますが、医療機関で手術を行うという選択肢以外の腰痛改善方法には、以下の処置法があります。 

 

1)冷却療法(アイシング)
2)温熱療法(ホットパック)
3)ストレッチ
4)マッサージ
5)運動療法
6)鍼・灸
7)電気治療
8)超音波治療
9)牽引療法
10)注射(神経ブロック等)
11)安静  

 

上記の中でも、個人で行え、かつ判断が難しいものと言うと、『冷却療法』と『温熱療法』の使い分けです。専門家でも見極めが難しいともされるその判断の基準を以下に示したいと思います。

 

冷却と温熱は体にどのような効果を与えるか?

 

冷却と温熱による効果は以下の通りです。


◆冷却(10分~15分)
冷却時のメリット【炎症抑制、神経の鈍化・麻酔作用(痙攣性の痛みに効果)、活性酸素の抑制、深部まで効果がある】
冷却時のデメリット【新陳代謝の減衰、凍傷の危険性】


冷却後は数分で、血管拡張し局所温度が上昇します。機能としては温熱療法とほぼ同じですが、冷却法の方が深部まで到達するとされています。 
 
◆温熱(10分~15分)
温熱時のメリット【新代謝の亢進、免疫系の活性化】
温熱時のデメリット【血液濃縮、活性酸素増加、疲労物質の蓄積、一時的にリンパが停滞】

 

温熱後に、リバウンドで筋温が低下してしまう場合があります。

 

これらの処置法のどちらが適用されるかは、患部の状態が『急性期』か『慢性期』かによって異なります。目安としては、傷害発症から約2~3日(72時間程度)の間は急性期、 それ以降の鈍痛とも言える比較的痛みの治まった時期を慢性期と考えることが出来ます。これらの時期の見極めは、専門家でも難しい場合があるとされ、通常は『痛みが強い』場合は、急性期と考えて差し支えないようです。

 
急性期と慢性期の具体例

 

急性期と慢性期の具体的な症状については以下の通りです。

 

◆急性期(冷却療法)
傷害の直後
・運動により筋肉がオーバーヒートを起こしている場合

・筋肉の痙攣が起こっている場合
強い疼痛がある場合。
・対象部位が深部の場合。

 

◆慢性期(温熱療法)
鋭い痛みから鈍痛に切り替わる時期⇒温熱療法を行うと神経伝達が通りやすくなるので、痛みの感覚が増す。
対象範囲が広い場合
就眠の直前など。

 

具体的な対処方法とは?

 

基本的には冷却、温熱ともに一日1~6回程度の頻度で行います。但し、痛みが強いときは、30分毎に冷却を繰り返します。

 

◇冷却方法
氷や保冷剤直接肌には当てず、薄いハンカチやタオルなどを挟んで使用する

◇温熱方法
熱めの温熱シャワーを当てる、若しくは熱いお湯に浸したタオルをよく絞って、直接患部に当て、サランラップで覆って毛布をかける。

 

(参考ホームページ:腰痛のとき~温める?冷やす?~腰痛治療のナゾ、心・体均整ルーム三癒/冷却療法と温熱療法)

 

最後に


上記の方法は、あくまでそれほど痛みが強く無い場合の対処法です。もし日常生活に支障のある程度の障害が見られれば、整形外科や整体院・整骨院などで治療や施術してもらう必要があります。

出来ることなら、日常的なマッサージと腹筋、背筋を鍛えることで腰痛を未然に予防することが望ましいといわれています。

 

(photoby://pixabay.com/ja/%E3%82%A8%E3%82%A2%E3%83%AD%E3%83%93%E3%82%AF%E3%82%B9-%E3%83%90%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9-%E9%81%8B%E5%8B%95-%E5%A5%B3%E6%80%A7-%E9%81%A9%E5%90%88-%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%8D%E3%82%B9-%E5%A5%B3%E3%81%AE%E5%AD%90-18884/)

著者: あせちるこりんさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

腰痛リハビリの基本!腰痛を改善する2つのストレッチを覚えよう

腰痛は多くの方が一度は体験したことのある、つらい症状の一つです。 そんな腰痛を...

頭を引っ張る頸部痛リハビリは受けられない…そんな人のための治療法はないの?

頸部痛は、ときに手足や腕のしびれなどに移行することもあり、これらのしびれ緩和と...


腰痛リハビリの物理療法~3つの治療法 電気治療・牽引療法・光線治療ってどんなもの?

リハビリの方法は自分で体を動かすほかに器具を使った方法もあります。 腰痛で行わ...

腰の関節痛、予防&対策とは?

  辛い腰の関節痛!毎日の生活で、歩くことも寝ることも、どんな時でも痛みを...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る