カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 食事療法 >
  5. 食事法 >
  6. 糖尿病になりにくい食生活を!糖尿病の食事療法とは?

生活習慣病

糖尿病になりにくい食生活を!糖尿病の食事療法とは?

 

糖尿病などの生活習慣病は食生活と深く関係していますから、糖尿病治療の基本は食事療法になります。では、なぜ食事療法が糖尿病に効果的なのか、こちらではその理由についてまとめてみました。

 

◆食生活を見直そう

インスリンの作用や分泌が低下して起こるのが2型糖尿病です。日本(アジア)人はもともとインスリンが分泌される量が欧米人に比べて少ないです。ですから、欧米化した食生活や食事をとり過ぎてしまうと糖分の処理が追いつかなくなってしまい、結果的に血糖値は上がりっぱなしとなってしまいます。この状態が毎日継続してしまうと、必然的にすい臓のインスリン分泌の働きは衰えてしまいます。

 

◆食事療法の基本的な考え方

カロリーを必要以上にとらないようにすることが、食事療法における基本的な考え方になります。というのも、必要量以上のカロリー摂取は体にとっては良くないからです。ですから、栄養バランスの良い食事を1日の必要量のカロリーでとることで、すい臓の負担が軽くなるので、すい臓の働きは十分に回復すると言えます。

 

なので、インスリンをより多く必要とするような食事や食べ過ぎなどに気をつけた食事内容が糖尿病治療にとても効果的といえるんですね。

 

ちなみに、この考え方はまだ糖尿病を発症していない人にとっては、糖尿病の予防において十分効果的な予防法と言えます。

 

 

ちなみに、糖尿病に効果的な食品、あるいは悪影響を及ぼす食品というものはありません。どんな食品でも食べ過ぎると体によくありませんし、過剰に摂取してしまうとどんな食品でも体に悪いということです。

糖尿病の患者さんは、食事療法を始めるにあたって医師からわたされる食事指示票(食事指導表)にしたがって食品交換表を使いながら1日の総エネルギー量を守った栄養バランスのとれた食生活を送っています。

現在糖尿病を発症していない人も是非参考になさってみてはいかがでしょうか?

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2013/09/30-382699.php])

 

著者: みの痔さん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食事法に関する記事

基本的だけど大変重要な糖尿病における食事療法で気をつける点3つ

糖尿病の患者にとってまずはじめる治療法が食事療法です。 食事は毎日必ず摂る...

早食いをしないための知恵

    ついつい早食いがくせになっていて、早食いをしてしまうことってあります...


炭水化物を抜けば健康になれる?そもそも私たちの体は主食を必要としていなかった!

   人が穀物を食べるようになったのは、歴史の中では極々最近の話です。米やパン...

簡単!「食べる順番」で血糖値が上がりにくく

  食事をするとき、何から食べますか?   同じメニューが並ぶ食事も、何を最...

カラダノートひろば

食事法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る