カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 基礎知識 >
  5. 病気も関係しているかも!?歯ぎしりの代表的な3つの原因

気になる病気・症状

病気も関係しているかも!?歯ぎしりの代表的な3つの原因

 歯ぎしりは自分よりも周囲が悩まされるもの、というイメージが強いですが実際には歯ぎしりをしている本人も苦労しています。歯ぎしりによって歯が欠けたり、知覚過敏になることもあり、歯ぎしりをすることでこうむる被害も少なくはありません。

そんな歯ぎしりの代表的な原因を3つ見てみましょう。

 

歯ぎしりの原因

1.ストレス

普段から歯ぎしりがひどいわけではないのに、旅行に行ったときや出張に行ったときなどに歯ぎしりがひどいようだ、疲れてくると歯ぎしりがうるさくなっていると言われたなど、歯ぎしりはストレスとかかわっています。

歯ぎしりをする、つまり上と下の歯を強くかみしめることによって不安感を解消、焦りを少しでも軽減していると言われています。

上述した通り歯ぎしりは体によくありませんのでストレス解消法は別の方法を考えた方が良いです。

 

2.たばこ

歯ぎしりの原因の2つ目がたばこです。

たばこに含まれているニコチンは少量であっても中毒を引き起こしやすく、たばこがなくなると不安に駆られます。睡眠中にはたばこを吸えないので当然ニコチン中毒の初期症状なども出やすくなるのです。

たばこを吸えない、体内にニコチンがないことが不安や焦りにつながってストレス性の歯ぎしりを起こす可能性が高いです。

 

3.睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群は睡眠中に10秒以上呼吸が止まることで、脳が覚醒してしまう病気です。

よく眠れない、いびきがひどいと家族に言われるという方は睡眠時無呼吸症候群の可能性もあります。睡眠時無呼吸症候群になると無呼吸状態のときに歯ぎしりする方がいるということもわかっています。

アメリカのスタンフォード大学の研究では睡眠時無呼吸症候群の人の70%は歯ぎしりをしているという結果も得られました。

 

歯ぎしりの原因はいくつか考えられますが、代表的なものにストレス、たばこ、睡眠時無呼吸症候群があります。特に睡眠時無呼吸症候群は患者の7割が歯ぎしりを併発しているとの結果も出ています。

(Photo by 足成)

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

麻酔の後に具合が悪い…歯医者の麻酔に副作用はあるの?

  全身麻酔というのは体験したことがあるという人は案外少ないかもしれません...

片側噛みが虫歯を発生させる?! 片側噛みの影響って?

  普段のクセで左右どちらかの歯で食べ物を噛む習慣がある人は多くいます。むしろ...


八重歯ってなんでできるの?かわいい八重歯は虫歯になりやすい厄介者だった!

  日本では八重歯はかわいさの象徴として捉えられているようですが、海外ではどち...

ふけ顔に見られる原因は片側噛みが原因!?

  「実年齢よりも老けて見られる」「なんだかこのごろ顔が老けた気がする」と感じ...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る