カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 虫歯 >
  5. 進行度によって症状も治療も違う!虫歯の5つの進行度

気になる病気・症状

進行度によって症状も治療も違う!虫歯の5つの進行度

歯医者に行ったとき、もしくは健康診断などの時に『初期の虫歯ですね』『虫歯が進行していますね』などと言われたことがあるという方も多いかもしれません。

虫歯には進行度というものがあり、それは5つに分けられています。進行度によってどんな症状が出るのか、治療に違いはあるのかを見ていきます。

 

●虫歯の進行度<Co>

虫歯の進行度の一番最初、Coは正確に言うとまだ虫歯が出来ていないのですが虫歯があとちょっとでできそう、という状態を指しています。

歯が白っぽく濁っているのが特徴で、歯磨きや歯の再石灰化を施す治療で虫歯予防をしていきます。

 

●虫歯の進行度<C1>

Coとは違ってC1は虫歯が出来ている状態ですが、極めて初期です。虫歯によって歯に出来ている穴は非常に小さく、表面のエナメル質のみ、あるいはエナメル質の奥の象牙質に少し穴が空いているだけです。

治療は麻酔をして虫歯になっている部分を取り除き、詰め物をしたのちセメントで歯に固定をする、レジンを光照射で固めるなどです。

 

●虫歯の進行度<C2>

C1とは違ってC2の場合はエナメル質ではなく象牙質の方まで虫歯の穴が空いている状態です。象牙質に穴が空いていると歯がしみやすくなったり、痛みを感じるなどの自覚症状も出てくるのでC2で虫歯に気づくという方も多いです。

基本的な治療方法は、C1と同じで歯を削って詰め物をするのですが、象牙質まで虫歯が進行していると神経を傷つけてしまう恐れもあるので、神経保護を行うケースもあります。

 

●虫歯の進行度<C3>

C3ではついに神経にまで虫歯が達してしまっています。神経の炎症があるため、何もしていなくても痛みを感じるという状態が続きます。

治療の際には歯の神経を洗う、歯の神経の中に薬を入れるという手順が必要となるのがC2との大きな違いです。なお、C3まで進行すると治療の際にも痛みを感じやすいです。

 

●虫歯の進行度<C4>

C3の場合は神経に虫歯が進行することで痛みを伴いましたがC4になると一転して痛みはなくなります。というのも歯の神経が虫歯にやられて死んでしまったので痛みはすでに感じないのです。

ただし、歯茎に膿がたまった水疱状の部位が出てくることもあり、痛みがなかったとしても治療は必須です。

治療の際にはすでに神経が死んでいるので歯そのものを取り除くことが多いです。入れ歯などでかみ合わせを調整するケースが多く、時間もかかります。

 

虫歯の進行度は、虫歯の一歩手前であるCoから、神経が完全に死んだC4まで、5つの段階があります。出来るだけ早く虫歯を発見し治療することで、治療期間や治療費用の負担が少なくなります。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2010/10/29-037158.php])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

虫歯に関する記事

せっかく初期で虫歯を見つけたのに、治療してくれない!?歯科医が治療してくれない理由とは?

  虫歯は痛みや腫れに気づいて、「あれ?」と思って歯医者さんに行くこともあると...

初期の虫歯であれば修復可能?「アパガード」と「ポスカ」の再石灰化の効果とは?

虫歯の初期は「脱灰」によって糖由来の酸がエナメル質を溶かすことによって生じま...


本名はミュータンス菌!虫歯菌の正体とは?

虫歯になってしまうのは、虫歯菌が歯をどんどん侵蝕してしまうからです。 では...

乳歯が虫歯になったらどうすればいい?どうせ抜けるのに、抜かずに残すのが正解ってなんで?

  乳歯はいずれ永久歯に生え変わる歯です。しかしだからといって、乳歯の虫歯を気...

カラダノートひろば

虫歯の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る