カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 虫歯 >
  5. 知っておけば少し安心?虫歯の進行度と治療の方法

気になる病気・症状

知っておけば少し安心?虫歯の進行度と治療の方法

 

虫歯の治療といえば虫歯の部分を取り除く治療が一般的です。

ただし虫歯を取り除いたあとは当然穴が空いていますので放っておくわけにはいきません。虫歯を取り除いた後にどんな治療が行われるのかを知っておきましょう。

 

●C1-C2なら詰め物を

虫歯の進行度では初期に当たるC1-C2はまだ神経にまで虫歯が達していない状態を指しています。C1の場合はほとんど自覚症状はありませんが検診などで発見したら早めに治療に行くのがお勧めです。

C2になると少し自覚症状が出てきて、冷たいものが染みたり、なんとなく歯が落ち着かないなと感じる方も多いです。酸っぱいものがしみやすいのもC2の特徴です。

このC1-C2の場合は虫歯を取り除いたあとに詰め物をします。コンポットレジンと呼ばれるプラスチックや銀色の詰め物を使って虫歯によってなくなった部分を補てんします。

 

●C3-C4だと大がかりな治療に

虫歯の進行度では中期から末期にあたるC3-C4の場合は神経がすでに虫歯によって侵されています。

C3では神経の炎症によってひどい痛みがあり、C4になると神経が死にます。C4で虫歯菌が血管に入り込むと全身症状が出ることもあります。

C3-C4の場合は単に虫歯を取って詰め物をして終了というわけではなく神経に対する治療が必要です。神経を残すにしても削る部分が大きくなるので治療期間も長くなります。

C4の場合は歯の神経が壊死しているので抜歯するのが一般的な治療となります。抜歯したあとは歯を新たに差し込まなければならないので必然的に費用が高くなります。

 

虫歯の治療では基本的に虫歯を取り除いたあとに詰め物をします。詰め物はプラスチック、銀色の詰め物などなら保険適用です。

C3以降の虫歯の場合は神経に対する治療もしくは抜歯をしなければなりません。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2011/08/29-349508.php])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

虫歯に関する記事

食べ方を変える!時間を変える!ちょい足ししたい虫歯予防法

  虫歯予防をしなければならない、虫歯は予防が一番大切ということはわかって...

成分や含有量に着目!キシリトール製品の選び方

  キシリトール入りの商品が登場してから今日まで、たくさんの種類のガムやタ...


幼年期に歯にフッ素を塗るのは危険?!甲状腺機能低下症との関係について

水道水や飲料中、また歯磨き剤などに含まれている『フッ素』ですが、現在歯科などに...

虫歯予防効果が高い「キシリトール」とは?原材料は?どんな成分?安全性は?

  虫歯予防効果が高いキシリトールですが、含まれている成分にはどのような特...

カラダノートひろば

虫歯の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る