カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 食事 >
  4. 食べ過ぎ・飲み過ぎ >
  5. 消化器以外にも!飲み過ぎの影響

健康診断・健康管理

消化器以外にも!飲み過ぎの影響

 

アルコールを摂取しすぎると体にどのような弊害をもたらすのでしょうか。一過性のものであれば、頭痛や腹痛が起こりますが、長期的に見ればアルコールの過剰摂取は病気という形であらわれることになります。

 

 

お酒の飲みすぎによって生じる病気で多いのは消化器系の病気です。代表的なのが肝臓の疾患で、重篤な症状になれば肝硬変などを発症します。次いで膵炎が多く見られ、他にも食道や胃、腸で病気が生ずることがあります。お酒は消化器系の臓器を通って体の中に入っていき、分解されますから、当たり前といえば当たり前ですね。これに対して、消化器系以外の臓器でも病気が生ずることがあります。

 

循環器系の病気

お酒の飲みすぎと関係のある循環器系の病気には以下のようなものがあります。

心筋梗塞

心不全

脳梗塞

脳出血

不整脈

末梢血管障害

これらは独立してどれかの病気が生じるというよりも、いくつかの病気が関係して生じます。そしてこれらは次の生活習慣病とも深く関係します。

 

生活習慣病

お酒の飲みすぎと関係のある生活習慣病には以下のようなものがあります。

メタボリックシンドローム(高血圧症・糖尿病・高脂血症)

がん

がんも日々の生活が積み重なることで生じる病気の一つです。特にメタボリックシンドロームに含まれる高血圧や糖尿病、高脂血症には過度の飲酒が関係していることが多く、循環器系の症状を引き起こすことにもなります。特にアルコールを飲む際にはお酒のカロリーだけではなく、一緒に食べるおつまみのカロリーが高いことによって肥満が加速されるということにもなります。

 

神経系・筋肉系の病気

お酒の飲みすぎによって神経障害が生じることがあります。ただしこれはアルコール自体の絵影響というよりも飲酒に伴う食事のバランスが悪いことによって生じることが多いとされています。特にビタミンBの慢性的な不足が起こりやすく、ビタミン欠乏性の障害が全身に見られるようです。また、飲酒によって脳が委縮することもあり、これによってアルコール性小脳失調症が起こり、歩行が不安定になったり転倒したりという症状が見られることもあります。

 

 

お酒の飲みすぎは一つの臓器でとどまりません。多臓器に影響を及ぼすことにもなりますので、肝臓だけ気をつけていればよい、心臓だけ気をつけていればよいということではないということを知っておきましょう。

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2008/11/07-010089.php?category=393])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食べ過ぎ・飲み過ぎに関する記事

アルコールを飲みすぎると肝臓に悪いだけではなかった!お酒の飲み過ぎは膵臓を溶かす?

  アルコールを飲みすぎると肝臓が稼働してアルコールを分解すると知っている人は...

人はなぜ食べ過ぎる?~そのカギはヒスタミンにあった!

  満腹の肉食動物が目の前に獲物がいてもむやみに襲わないように、一般的に野生の...


食べ過ぎて下痢になったら…原因、対処法まとめ

食べ過ぎによって体調に支障をきたすことはあると思います。中には食べ過ぎたとき...

飲み過ぎによる嘔吐からの吐血に注意!

  お酒を飲みすぎると、悪酔いしてしまって嘔吐してしまうことがあります。吐いて...

カラダノートひろば

食べ過ぎ・飲み過ぎの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る