カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 食事 >
  4. 食べ過ぎ・飲み過ぎ >
  5. お酒を飲む人は薬が効きにくい?

健康診断・健康管理

お酒を飲む人は薬が効きにくい?

お酒は適度であれば体に良いとされるものですが、もちろん飲みすぎれば体に害があります。アルコールは程よく飲めば食欲が増し、ストレスを発散させることができます。しかし飲み方を誤ると健康を害することにもなりかねないのです。

 

 

お酒をたくさん飲む人は薬が効きにくい?

日常的にお酒をたくさん飲む人は薬が効きにくいという話を聞いたことがあるでしょうか。これはアルコールの代謝と薬の代謝に関係があるからです。

 

アルコールを分解することについて

体の中でアルコールを分解するということは、アルコール脱水素酵素によってアセトアルデヒドに変えられます。このアセトアルデヒドはアセトアルデヒド脱水素酵素によって酢酸となり、クエン酸回路を経て炭酸ガスと水に分解されて排出されます。アルコールは段階的に体に害のないものに代謝されていき、吸収されていくのですね。

 

なぜ薬が効きにくくなるのか

さて、話を薬の代謝に戻しましょう。お酒を飲みすぎると上記の様な代謝の過程でアルコールを代謝するための酵素だけではアルコールの分解ができないことがあります。そのときに体にアルコールを残すまいと薬物を代謝する酵素がアルコールの代謝を手伝うようになるのです。薬物の代謝酵素は本来は薬物が体に入ってきたときに働くものです。しかし日常的にアルコールを飲む人、つまり常にお酒が体の中にあるような状態では常に薬物代謝の酵素がアルコールの代謝を手伝うようになり、しかも次第に強化されていきます。つまり、アルコールを薬物の一種と認識するようになってしまうのです。

 

薬物代謝が強化された結果…

このため、お酒を飲んでいないときに薬を飲むと、薬をどんどん代謝してしまい、薬を多く飲まないと効かなくなるのです。逆にお酒を飲んでいる状態で薬を飲むと薬の代謝酵素がアルコール分解の方に働いてしまい、薬がうまく代謝されずに薬の効果が必要以上に出てしまうということにもなります。

 

 

以前よりもお酒が強くなったという人は、薬のための代謝酵素がアルコールの代謝を助けるようになっているということですので、お酒が強くなったと感じる人は薬の服用に気をつけましょう。

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/10/30-372267.php?category=173])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食べ過ぎ・飲み過ぎに関する記事

食べ過ぎて下痢になったら…原因、対処法まとめ

食べ過ぎによって体調に支障をきたすことはあると思います。中には食べ過ぎたとき...

飲み過ぎによる嘔吐はどうして起こる?

  お酒をよく飲むという人は、ついついお酒を飲みすぎて嘔吐してしまったという経...


アルコールが胃痛をおこす理由

飲みすぎによる胃痛はなぜ起こるのでしょうか?アルコールが胃痛をおこす理由を詳...

ビールを飲んでも太らない??その上手なビールな飲み方とは?!

よく太っている人のお腹を「ビールっ腹」などといいます。   しかし、実は「ビー...

カラダノートひろば

食べ過ぎ・飲み過ぎの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る