カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 酔い >
  4. 二日酔い >
  5. アセトアルデヒドと脱水症状が頭痛の原因になる

気になる病気・症状

アセトアルデヒドと脱水症状が頭痛の原因になる

 

お酒を飲みすぎたとき、翌日の二日酔い症状として頭が重く、頭に響くような頭痛が生じることがあります。

 

 

お酒を飲みすぎたときの体

お酒の飲みすぎによって起こる頭痛を語る上で欠かすことができないのがアセトアルデヒドという物質です。体内にアルコールが摂取されると、胃や腸からアルコールが吸収され、肝臓に運ばれます。そこでアルコールがアセトアルデヒドという物質に分解され、その後段階を経て体に無害なものに分解され体の外に排出されます。このとき肝臓の分解能力に対してアルコールの量が適正であれば問題ないのですが、アルコールの量が分解能力を上回ってしまうと、アセトアルデヒドが大量に血中に残ってしまいます

 

アセトアルデヒドと頭痛

血中に大量に残ったアセトアルデヒドは、強い毒性を持っています。アセトアルデヒドが溶けた血液は、たくさんの酸素を取り入れようと血管を拡張します。その血管の拡張が脳内の血管で起こると、血管の周囲にある神経を刺激し頭痛が引き起こされるのです。

 

脱水症状と頭痛

頭痛が起こる原因として考えられるものに脱水症状があります。お酒を飲みすぎた後は、実は体は脱水状態になっています。脱水症状とは体に必要な水分が不足している状態です。この状態は血液循環に障害をきたすことがあり、ここから脳の血液の循環が悪化します。すると、脳内の血管が拡張したり、血流が滞ったりして頭痛を引き起こしてしまいます

 

どちらの原因にも効く方法

アセトアルデヒドが原因の頭痛にも脱水症状が原因の頭痛にも対処できる方法としては水分補給があります。たくさん水分を摂取することによって体内のアルコール濃度を薄めることができますし、脱水症状を改善することもできます。特に脱水症状のことを考えるとスポーツドリンクなどで水分補給をするのがよいですね。

 

 

スポーツドリンクとお酒を同時に飲むとアルコールの吸収率が高まりますので、飲酒をした翌日などにスポーツドリンクで対応するようにしましょう。

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/07/19-024552.php])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

二日酔いに関する記事

アルコールによるめまいは血行の乱れ?

    アルコールを大量に摂取すると起こるめまいは、アルコールによる脳の...

二日酔い対策には睡眠が大切

  二日酔い対策に様々な食品や対処法などが挙げられますが、最も基本的でそし...


二日酔いや吐き気には何が効くの?食べ過ぎなら整腸薬、胃もたれ・むかつきは消化薬、清涼剤!

二日酔いや吐き気がひどいとき、何か薬を飲んで少しでも症状を軽くしたいなと思いま...

肝機能を高めアルコール分解を助けるウコン

  二日酔いになりやすいということは、アルコール摂取量に対してアルコール分...

カラダノートひろば

二日酔いの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る