カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 高血圧 >
  4. 合併症 >
  5. 気づかないうちに?ヒートショックによる血圧に変化に注意!

生活習慣病

気づかないうちに?ヒートショックによる血圧に変化に注意!

 

生活習慣病を発症している人は、健康な人よりも脳卒中や心筋梗塞などの突然死のリスクが高くなります。そのため日々の生活の中にあるリスクを高める要因に目を向けておかなければなりません。

 

 

温度差というリスク

冬の時期のリスクの一つとして温度差が挙げられます。冬の時期は温かいリビングから一歩廊下に出るとゾクッとするような寒さを感じますよね。そのゾクッという体の反応が生活習慣病の人にとってのリスクになり得ます。こうした温度差によって、急激に血管が収縮して血圧が変化し、体がダメージを受け、脳卒中や心筋梗塞を引き起こす原因となる現象をヒートショックと言います。

 

トイレはどこにある?

ヒートショックが起こりやすい場所としてトイレが挙げられます。自分の家のトイレはどこにあるでしょうか?リビングなどの日当たりを考慮して、トイレなど長居しないような場所は北側に位置していることが多くあります。そのためトイレは特に寒くなっていることが多く、リビングとの温度差が大きくなりヒートショックを起こしやすくなるのです。

 

さらにトイレではこれが危険

寒いトイレに移動すると、寒暖差によって血管がキュッと収縮して血圧が上がります。しかもトイレではそれだけではないことが多くあります。ひやっとした便座に座ればまた更に血管が反応しますし、トイレでいきむときにも息をとめて力を入れるわけですから当然血圧が上がりやすくなります。さらに、そこから急に立ち上がったりするとそこでくらっときて倒れてしまうかもしれません。

 

 

トイレや、トイレまで続く廊下でゾクッと寒さを感じたら、それがヒートショックの前兆だと思いましょう。自分の身に何か起こってしまう前に、予防策を講じるのが得策です。

 

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2010/03/03-034338.php])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

合併症に関する記事

高血圧がもたらす合併症とは

高血圧がもたらす合併症とは高血圧は動脈硬化や脂質異常症と連動して、脳や心臓に重...

歯周病患者が降圧剤を服用すると『歯肉増殖症』の可能性?!

  ニフェジピン服用で『歯肉増殖症』の合併症、内科医からの説明はないケースも?...


動脈硬化や血管病のリスクを高める!糖尿病と高血圧の相乗効果

高血圧は他の生活習慣病と合併していることが多い疾患です。そして併発している生活...

たかが高血圧だと思わないで!後遺症で半身不随になることも

    ■高血圧により脳の血管病を発症すると、 その後の生活ができなく...

カラダノートひろば

合併症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る