カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 基礎知識 >
  4. 生活全般 >
  5. 日常生活でも危険?気をつけて、高齢者の入浴でのヒートショック

介護・認知症

日常生活でも危険?気をつけて、高齢者の入浴でのヒートショック

 

高齢になると特別に何か対策をしてきていない限り、体の機能はどんどん低下していきます。 

 

 

高齢者が危ないヒートショック

高齢者は特に何か特別な疾患を発症していなくても体の機能は低下しています。血管は若いときほど柔軟性がありませんし、心臓も若いときほど強くありません。そのため若い人が耐えられるような血管の収縮や血圧の上下にも高齢者では耐えられないことがあるのです。特に疾患がなくても危ないのが、冬場のヒートショックという現象です。冬場は室内の温度差が大きくなり、リビングから廊下、トイレ、脱衣所などと移動する際にその温度差を体が感じることによって、血管が急に収縮して血圧が急激に変化します。それによって血管や心臓が耐えられず脳卒中や心筋梗塞などの病気が起こってしまうのです。特に高齢者の場合、入浴時がヒートショックが起こりやすい場所の一つであり、注意が必要です。

 

風呂が最も危ない

年長者が最初にお風呂に入る習慣のある家庭もあると思います。しかしこの一番風呂は高齢者がヒートショックを引き起こす要因になることがあります。というのも、一番風呂というのは浴槽にはお湯がたまっていて温かいですが、まだだれも使っていない浴室内の温度はそこまで高くありません。特に窓に違い場所は外気の影響を受けやすく、その部分だけとても冷たくなっており、浴室の中で温度差が激しいのです。

 

熱いお風呂が特に危ない

高齢の方で熱いお風呂に入るのが好きだという人もいると思います。しかし、リビングの温かい部屋から、寒い脱衣所、そして冷たい浴室、その後熱いお湯に浸かると考えたら、体が感じる温度差は短時間で著しく変化するということになります。そのためあまり熱いお風呂に入るのはよくなく、入るとしてもかけ湯などをしながら徐々に体の温度をお湯にならしていく必要があります。

 

 

自分は健康だと思っても若いときと体は違います。自分の体を理解し、労わってあげましょう。

 

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2008/11/10-010172.php])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

生活全般に関する記事

リハビリテーションってなにをするの?作業療法とはなにか

    リハビリには理学療法や作業療法、言語聴覚療法、装具療法、嚥下障害や呼吸障...

スキンケアで高齢者の床ずれを防ぎましょう

  皮膚を清潔にして保湿を心がけることが、高齢者の床ずれ(褥瘡)予防には有...


ちょっとしたコツで効率よく清拭~上半身編

  清拭では、体の部位ごとにそれぞれ拭き方のコツがあります。手早く確実に汚...

認知症の親族を連れて避難所へ…どんなことに気をつけるべき?周りはどう接するべき?

認知症の方を介護しているのは、普段の生活から苦労も多いかと思います。その中で...

カラダノートひろば

生活全般の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る