カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 高血圧 >
  4. 合併症 >
  5. ヒートショックプロテインを増やしてヒートショック予防

生活習慣病

ヒートショックプロテインを増やしてヒートショック予防

 

生活習慣病を発症している人は、血管や心臓が健康でなく、特に急激な血流の変化に弱いという側面があります。

 

 

冬に起こりやすい血流の変化

急激な血流の変化と言ってもあまり想像ができないかもしれませんが、それを引き起こす原因はとても身近にあります。特に冬には室内の場所ごとの温度差が生じやすく、それによって血流の急激な変化が起こるのです。急激に血流が変化するということは、短時間の間に血圧が上下するということです。これは元々血管や心臓に障害がある生活習慣病の人にとっては、重症な疾患につながりやすく、しばしば死亡する危険があります。

 

ヒートショックを予防する

上記のように温度差によって生じる疾患をヒートショックと言います。このヒートショックはとにかく予防することが大切なのですが、予防方法の一つにヒートショックプロテインというたんぱく質を増やすという方法があります。このヒートショックプロテインはどのようにすれば増えるのかというと、体温を1、2℃上げることによって増やすことができます。ではどのようにすれば体温を上げることができるのかというと、その方法の一つが入浴です。

 

入浴でヒートショックプロテインを増やす

入浴によって体温を上げることができます。目安の温度は以下の通りです。

40℃のお湯…体温を1度上げるのに13分

42℃のお湯…体温を1度上げるのに10分

入浴によって体温を上げ、それを維持できるように保温して温かくしておくことでヒートショックプロテインの増加の効果を期待できるでしょう。

 

ただし気をつけて!

生活習慣病を発症している人は42℃などの高温での長湯は危険な場合があります。というのも高温での長湯は血栓ができやすい環境を作っていることになり、それによって病気が悪化する可能性があるからです。さらに、熱いお湯で体温を2度以上上げると血小板が変形して血管が詰まりやすくなる恐れがあるとも言われています。

 

 

ヒートショックプロテインを増やす方法は個人差のあるものですので、注意しながら行って下さい。

  

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2007/05/12-002093.php])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する
おすすめ記事

高血圧の人は要注意!大動脈瘤と大動脈解離!危険な大動脈の動脈硬化とは?

  1. 生活習慣病
  2. 高血圧
  3. 合併症

  大動脈瘤(りゅう)や大動脈解離(かいり)といった病名聞いたことがありますか? どちらも放置すると...

腎動脈の動脈硬化による高血圧に注意!高血圧と腎動脈狭窄症の関係とは

  1. 生活習慣病
  2. 高血圧
  3. 合併症

  日本の高血圧人口は、およそ4000万人。50歳以上では2人に1人が高血圧といわれています。 また...

合併症に関する記事

動脈硬化や血管病のリスクを高める!糖尿病と高血圧の相乗効果

高血圧は他の生活習慣病と合併していることが多い疾患です。そして併発している生活...

歯周病患者が降圧剤を服用すると『歯肉増殖症』の可能性?!

  ニフェジピン服用で『歯肉増殖症』の合併症、内科医からの説明はないケースも?...


治療前に伝えておこう!高血圧の人は歯科手術に注意!

  治療前の緊張で『収縮期血圧200以上』の場合も…、医師に事前に伝えよう...

高血圧の人は要注意!大動脈瘤と大動脈解離!危険な大動脈の動脈硬化とは?

大動脈瘤(りゅう)や大動脈解離(かいり)といった病名聞いたことがありますか? ...

カラダノートひろば

合併症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る