カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 心臓 >
  4. 心筋梗塞 >
  5. 入浴時はヒートショックを起こしやすい?知っておきたい豆知識

気になる病気・症状

入浴時はヒートショックを起こしやすい?知っておきたい豆知識

 

寒い冬は、寒い脱衣所で衣服を脱ぎ、震えながら浴室へ行くというのが日常茶飯事になりつつあります。毎日のことだからと思っていても、こうした何気ないところに突然心筋梗塞や脳梗塞などを起こす危険が潜んでいます。

 

 

ヒートショックって何?

短時間に急激な温度変化が起こり、これに伴い血圧の急激な上昇や下降が引き起こされることを「ヒートショック」といいます。たとえば、温かい居間→寒い脱衣所→温かい浴室への移動。この短時間の間に、急激な温度変化が起こり、血圧が上下し、ヒートショックを引き起こしてしまうのです。ヒートショックは体に大きな負担をかけるので入浴中に突然死ということもあり得ます。血圧が急激な上昇をした場合は脳出血や脳梗塞、心筋梗塞、血圧が急激に下降した場合は脳貧血を起こす恐れがあります。

 

こんな人は要注意!

以下の項目に当てはまる人は特にヒートショックになりやすいので要チェックです。

・65歳以上である

・高血圧、糖尿病、動脈硬化の持病を持っている

・肥満気味

・睡眠時無呼吸症候群(寝ているときに呼吸がとまる)

・不整脈がある

このほかにも、一番風呂が好きな人、アルコールを飲んでからお風呂に入る人、熱いお風呂が好きな人も要注意です。

 

ヒートショックの予防法

ヒートショックは温度差が原因ですので、温度差をできる限り小さくすることで予防になります。脱衣所に小さな暖房器具を置くなどして、入浴前に脱衣所を温めておくのがいいでしょう。また浴室も浴槽のふたをあけておいたり、シャワーを全体にまくなどして温度をあげるのも予防になります。湯船に入る際はいきなり入るのではなく、手や足などの末端部分からかけ湯をし、体を徐々に慣らしながら温めると、良いでしょう。浴槽から出る際は急に立ち上がらずゆっくりと立ち上がって出るようにしましょう。

 

 

ヒートショックは12月、1月が最も多いとされています。事前に事故を予防しましょう。

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2013/09/09-381814.php])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

心筋梗塞に関する記事

心筋梗塞の入院期間はどれくらいになるの?心筋梗塞で入院してからの流れを知ろう

  心筋梗塞は急激な胸の痛みとともに意識が遠のき、場合によっては死に至る病です...

心筋梗塞の痛みはどんな痛み?どこが痛む?知っておくべき心筋梗塞の前兆症状とは?

  胸のあたりが痛いときにはまず疑うのが心臓病です。とはいっても心臓病には狭心...


増えているって本当!?若年性心筋梗塞とその原因 1回の発作で死亡することも…!?

最近では、40代、早ければ30代で心筋梗塞になってしまう場合もあるのです。若く...

不眠症で死亡リスクが上がる!?心血管疾患を引き起こす原因となる炎症にかかりやすくなる!

不眠症が原因で死ぬ可能性は、遺伝による致死性の不眠症以外はあり得ません。ですが...

カラダノートひろば

心筋梗塞の関連カテゴリ

心筋梗塞の記事ランキング

人気体験談ランキング

気になる病気・症状のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る