カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 高血圧 >
  4. 病院 >
  5. 選び方 >
  6. 病院に行く前に 高血圧の方のための病院選びのヒントとは

生活習慣病

病院に行く前に 高血圧の方のための病院選びのヒントとは

 

高血圧患者の約90%以上を占めているのが、原因を特定出来ない本態性高血圧と呼ばれるものです。ストレス、塩分、喫煙、飲酒、肥満、メタボ…などの様々な要因が重なって血圧を上げている原因を作っています。

 

こちらではその本態性高血圧が疑われた際の病院の選び方における注意点をご紹介します。

 

 

◆本来の高血圧治療とは?

高血圧患者の9割以上が本態性高血圧であることは先程述べた通りですが、薬物治療が一般的な治療法となります。血圧が高いままですと、合併症の危険性もありますから、薬(降圧剤)を使うことで強制的に血圧を下げます。また、同時にコレステロールの値や尿酸値が高い場合には、同じように薬の力で数値を抑えます。ですから、複数の薬を同時服用するのが一般的なケースとなっています。

 

しかし、これらの薬物治療は一時的な措置でありますから、高血圧の根本的な治療とはいえません。

高血圧の治療には専門のスタッフが組んだ生活指導を元に、患者さん個人個人に対して適切なプログラムを作り、それを実践した経過で予定を変更しながら血圧のコントロールをしていくという方法が勧められています

 

 

◆自己責任の重要を理解しましょう

このように、薬の服用によって血圧を下げると同時に、個々の患者さんに合った生活習慣改善の計画を作成し、食事療法や運動療法などあらゆる生活面まで管理してくれる病院を選ぶのが、一番理想的な高血圧治療と言えます。しかし、そんな理想的な病院は99.9%ないのが現実です。あればラッキーという程度に思って下さい。

 

病院自体が人手不足となっている近年では、患者数を見ても患者さん1人にかけられる時間は5~10分程度というのが実際のところです。最初こそ運動、喫煙、節酒などの指導は受けますが、後は問診と血液検査くらいで生活指導とは程遠い診察となってきます。

 

つまり、高血圧治療とは、他の様々な病気とは違い、薬を飲めば治るというものではありませんから、病院を頼るという気持ちを捨て、自己責任で毎日の暮らしの中で治療に専念するという自覚を持ち、高血圧治療に取り組まなければなりません

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/11/18-373127.php])

著者: みの痔さん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

選び方に関する記事

自分で高血圧を管理できないかも…そんな方におすすめの病院は?

  高血圧や糖尿病などといった生活習慣病は初期の時点では自分でしっかりと生活管...

合併症を引き起こした時のために!高血圧の治療は専門の病院で

    高血圧を軽く考えて、病院選びをしている人がいます。 しかし、高血圧...


高血圧の場合の病院の選び方ではココがポイント!

    高血圧に限った話ではありませんが、病気の治療のために新たに医療施...

高血圧だと診断されたら?合併症のための病院選びのポイント!

  高血圧になったら、ときどき近所の病院で見てもらって薬を出してもらえばいい、...

カラダノートひろば

選び方の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る