カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 高血圧 >
  4. 病院 >
  5. 入院 >
  6. 本態性高血圧で入院することはあるの? 入院中に行われる指導と検査とは

生活習慣病

本態性高血圧で入院することはあるの? 入院中に行われる指導と検査とは

 

ストレス、塩分、喫煙、飲酒、肥満、メタボ…などの様々な要因が重なって血圧が高くなっているということしかわからず、原因が特定できない高血圧を本態性高血圧といいます。高血圧患者の約9割以上がこの本態性高血圧にあたります。

 

こうした高血圧で入院することはあるのでしょうか?

 

◆高血圧で入院することはあるの?

高血圧の患者さんは、定期的に病院に通うことで治療をしている方が多いですが、高血圧の症状が重度のものである場合には、入院することもあるのでしょうか?

 

一般的な病気の場合には、症状が進行していると入院することもあります。高血圧の場合にも、時には入院が勧められることがあります。特に、妊娠したことで高血圧になったというケースでは、早産になる可能性があるだけでなく、胎児への悪影響も心配になります。そうした危険性があると判断された場合には、入院をすることもあります。

 

 

◆入院中に指導と検査

また、高血圧というのは食事や運動といった生活習慣と深く関わっていますから、その生活習慣を改善することも大切になってきます。ですから、入院することで生活習慣の指導を行ってくれる病院もあります。入院中に血圧管理をするのは当然ですが、食事の内容についても改善されますから、塩分少なめの食生活を送ることになります。また、精密検査を行い、高血圧による合併症が生じてないかという確認も行います。

 

 

指導では栄養指導や運動指導、喫煙されている方には禁煙に関する指導も行われますから十分参考になることかと思います。長期にわたる入院は必要ありませんし、高血圧の症状だけで、必ず入院しなければならないということは稀です。

 

ですが、少しでも早く高血圧を改善したい!と思われているのでしたら、入院を通じて高血圧を改善するための指導を行っている医療機関などを利用するのも1つの良い選択だと言えますね。

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2008/11/07-010090.php])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

入院に関する記事

高血圧での検査入院!どんな検査をするの?

    高血圧だと診断された場合、その後の治療方法や投与される薬、現在の症状...

あの有名人も病院へ行った!高血圧緊急症での入院治療とは

  2013年の秋、歌手の森進一さんが『高血圧緊急症』によって病院に運ばれ、急...


胎盤剥離や早産などを起こしやす!妊娠高血圧症について

    妊娠中に気を付けたいものの一つに妊娠高血圧症があります。 たかが高...

入院になる高血圧はただ血圧が高いだけではない?!

  ただの高血圧が原因となっている入院というのは少ないです。ですから、高血...

カラダノートひろば

入院の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る