カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 歳と共に下がるお尻・・・どこでくい止めますか!?

美容・ダイエット

歳と共に下がるお尻・・・どこでくい止めますか!?

若いころは特に気にもならなかったお尻かもしれません。

それが年齢と共にだんだんと垂れ下がってきていることに気付いていますか?

 

自分では中々見えない所だから気を抜きがち

ヒップは、よっぽど美意識が高く、普段から自分の全身をくまなくチェックしている。という人でない限り、自分で見ることはほとんどない場所と言っても過言ではないかと思います。

 

また、自分で見る時は無意識のうちに力を入れている可能性が高いので、そんなに気にならないかもしれません。

 

しかし、無意識の時の自分のヒップに自信があるか?と聞かれると、少し考えてしまいますよね。ふとした時、ショーウィンドウに映った自分のお尻を見てギョッとする。そんなことのないように、普段からヒップアップを心がけたいものです。

 

周りは見ている自分のお尻

男性は「女性の身体でお尻が一番好き。」という人が意外と多いのも事実です。

自分ではほとんど見ることはないのに、周りにはしっかり注目されているのも“お尻”です。顔はすごく綺麗で可愛いのに、後姿のお尻はダルダルだった、という状態は男性でなくてもがっかりするものです。

お尻は鍛えれば上がる部位です。がんばってヒップアップを心がけましょう。

 

日本人は垂れ尻が多い

お尻が垂れ下がるもう一つの大きな要因として『骨格』があります。日本人の骨格は欧米人に比べお尻がぺったんこになりやすいと言われています。

そのため、同じ年齢でも欧米人はプリっとしたお尻なのに、日本人は垂れ下がっているといった状況も起こりやすくなります。この骨格に関しては、改善することはほぼ無理と言われていますので、“垂れ尻”を防止するには、骨格に負けない筋力をお尻に付ける必要があります。

 

お尻は筋肉

プリッとしたお尻は、ほとんど筋肉で構成されます。もちろん脂肪もついていますが、上がったお尻をキープしてくれるのは筋肉です。筋肉は使用頻度に関わらず、歳と共に衰えていきます。そのため、

お尻の筋肉を衰えさせない筋力トレーニングを行う必要があります。

 

上がったお尻は若さの象徴です。しっかり鍛えていつまでも若々しくいたいものですね。

 

ヒップアップ体操で目指す!外国人の小尻になりたい!

外国人のような、キュッと引き締まったお尻憧れますよね。

日本人は骨格的に不利な部分が多いと言われますが、努力次第で手に入れられるかもしれないんです。

 

ヒップアップには太ももの筋肉が重要

ヒップアップ体操はその鍛えたい場所によって、様々な運動があります。しかし筋肉は、お尻、足、腕などと分類されてこそいますが、その全てはつながっています。

そのため、お尻の筋肉だけ鍛えても、それらを支えられる他の筋力がなければ、やはり垂れてきてしまう可能性が高くなります。

ヒップアップには、お尻の筋肉も大切ですが、つながっている太ももの筋肉も重要となります。太ももの筋肉を手っ取り早く鍛える方法は、やはりスクワットです。

 

意外と難しいスクワット

スクワットは、身体測定などで子供のころから接する機会が多い運動です。しかし、そのきちんとした方法は意外と知られていません。

何回でも出来るから、私の筋力は大丈夫。そう思っているあなた!もう一度自分のスクワットのやり方を見直してみてください。

 

<正しいスクワット>

1.始める前に正しい姿勢を取る。まず、両足を腰幅に開きます。つま先は少し外側に向けます。その状態で、手は腰に当てるか腕組みをします。

2.肩甲骨を開き、姿勢を真っ直ぐに保ちます。お尻の穴をギュッと閉めるイメージでお尻に力を入れます。

3.その姿勢が取れたら、上半身の姿勢を崩さないようにしながら、ゆっくりと膝を曲げていきます。曲げられる所までいったら3秒キープします。痛みなどを感じたら、無理せずできる所までにしましょう。

この時に、腰が引けたり反ったりしないように、十分気を付けてください。真っ直ぐかどうか分かりにくいので、初めは姿見などで姿勢をチェックしながら行うといいでしょう。

 

太ももがプルプルしていたら、上手くできているといえるでしょう。そのままゆっくりと元の姿勢に戻ります。これを最低10回繰り返します。

 

いかがですか?中々難しいと感じる方もいらっしゃると思います。

ポイントはお尻を垂直に下し、垂直に上げるということです。正しいスクワットは、慣れていない人の場合1回2回でダウンしてしまうくらいの運動です。

10回繰り返せれば、かなり筋力がある方といえるでしょう。

 

この運動は足腰を鍛えるのにも効果的な全身運動です。ぜひ毎日続けてみましょう。

 

気づいた時に!寝ながらできるヒップアップ

顔や胸ほど、ヒップラインというものは気にならないかもしれません。おしりなんか洋服で隠れてしまうから大丈夫と思うでしょうか?しかし実際、洋服の上からでもおしりの形はわかりますし、洋服によってはむしろ際立って見えてしまうこともあります。それに加え、おしりは普段あまり筋肉を動かすことのない場所ですので、ふとしたときにエクササイズができるとよいです。 

 

<寝ながらエクササイズ1>

1、うつ伏せの状態になります。両腕は顔の下で組み、両脚は後方に伸ばします。

2、ひざを曲げないようにしながら、ゆっくりと片脚を、脚のつけ根から上げていき、ゆっくり元に戻します。

3、左右の脚で同じ回数行います。

 

<寝ながらエクササイズ2>

1、うつ伏せの状態になります。両手をあごの下に置き、ひざを曲げます。このときひざ同士はつけておいてください。

2、ひざを曲げた状態を保ちながら、ひざをゆっくりと浮かせ、ゆっくり元に戻します。

 

<寝ながらエクササイズ3>

1、仰向けの状態になります。両ひざを軽く立てて、ひざはくっつけておきます。

2、首と足で支えながら、腰をできるだけ高く上げます。この状態で数秒キープしても効果があります。

このとき、お腹の上でダンベルなどを持つとより負荷がかかります。

 

<寝ながらエクササイズ4>

1、仰向けの状態になります。両ひざを軽く立て、片脚を脚のつけ根からまっすぐ上に伸ばします。

2、片脚を上に伸ばした状態のまま、腰をできるだけ高く上げます。

3、左右の脚を交替して、同じ数ずつ行って下さい。 

 

寝ながらできるエクササイズですので、覚えておいて気が付いたときに実施してもよいでしょう。

 

足つぼ・手つぼでヒップアップ

おしりの筋肉は普段あまり使わないものですから、血行が悪くなるため、むくみやすく余計なお肉がたまりやすい場所です。エクササイズや運動などで日ごろ使わない筋肉を使うこともよいですが、エクササイズや運動ができないときはつぼ押しに頼るのも悪くないかもしれません。 

 

<足つぼでヒップアップ>

足つぼの中でおしりとつながっている場所はかかとです。両足のかかとの端をなぞるようにあるのがおしりのつぼで、体内にたまっている余分な水分や老廃物を排出してくれます。ここは特に引き締め効果も期待できるつぼですから、両手の親指をつぼの部分にあてて、しっかりと力を入れて強めに刺激してください。

 

<手つぼでヒップアップ>

手つぼの中でおしりとつながっている場所は手の一番下にあります。ここは生殖器と関係のある場所で手のひらの一番下、手首との境目あたりで、ちょうど手のひらの下部に沿うようにあります。また、手の甲側にも同じくらいの位置にあります。刺激するときは片方の親指を片方のつぼに当てて刺激します。

 

あくまでもつぼ押しは、それだけで莫大な効果が得られると約束されるものではありません。運動やエクササイズができないときに暇つぶし程度でやる方が気楽でいいかもしれません。 

 

つぼ押しはすぐに効果を期待できるものではありませんから、長く継続していくことが大切です。足つぼも手つぼも、何十分も押している必要はありませんから、気づいたときに1、2分程度刺激してみてください。

 

(Phto by :[http://www.photo-ac.com/main/detail/50379?title=])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-03-10掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

美容・ダイエットに関する記事

女性に嬉しい効能をたくさん持つドライフルーツ「デーツ」とは?デトックスってそもそも何?

昔から人々の知恵として、干し野菜などが保存食として重宝されてきました。今では...


その靴ずれ・水ぶくれ・ガサガサかかとどうする??足の裏のゴリゴリ・・それは老廃物かも!足湯・手湯でお家で簡単健康法

「靴ずれで、かかとや指に水ぶくれができてしまった!」だれしも一度は経験がある...

1日3分で顔痩せ!丸顔が気になる方に…造顔マッサージを知っていますか?

  女優さんの間でも話題になっているのが造顔マッサージというものです。 「1...

カラダノートひろば

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る