カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. うつ病 >
  4. 原因 >
  5. ペットロス >
  6. ペットロスが原因となるうつ病や精神疾患の見分け方

メンタル

ペットロスが原因となるうつ病や精神疾患の見分け方

 

 

ペットロスはペットを失ったつらさのことを言いますが、その辛さから様々な症状がでる方も多くいます。中には症状だけでなく、自らのコントロール外へと発展し、日常生活を長く妨げるうつ病へと発展する方もあるのです。

                                                                                                      

ここには、症状だけがでる症候群と、日常生活を妨げ、専門家治療を受けた方がよいうつ病に発展している場合の見分け方をまとめました。

 

 

▼ペットロス症候群の主な症状

 

◎体に関すること
・泣く ・泣き疲れによる頭痛、めまい、眼精疲労、関節痛、筋肉痛、胸痛 ・ストレス性胃炎(胃の痛み) ・睡眠障害 ・摂食障害 ・脱力感 ・体調不良 ・幻聴、幻覚(ペットが戻ってきたような声や姿が見えたり、ペットに触れられていると感じるなど)

 

◎心に関すること
・孤独感、不安感 ・後悔、恨み ・自分を責める ・人を責める ・ペットの事以外考えられず無気力になる。 ・絶望感 ・外に出たくなくなる ・自殺願望 ・精神世界にとらわれる

 

◎悲しみからの回復、平均目安

統計によると、自分の心の支えとなってきた大切な人やペットを亡くした時の心のつらい状態は、平均で10ヶ月、最長で2年ぐらいだと言われています。たとえば、親が子どもを亡くしたような深い悲しみであっても、心の自浄作用が働き、2年を超えて同じ悲しみのテンションが続くことはありません。必ず、悲しみへの集中力、辛さは減っていきます。

 

 

    うつ病など精神疾患を疑うための目安

 

上記の症候群を逸脱し、生活にどの程度支障をきたしたら、専門機関への受診が必要か、まとめました。

 

・死別後1か月たっても、食欲不振や過食が長く続く。

・ダイエットをしていないのに、2週間で3キロ以上減った。

・過食で、2週間で3キロ以上のペースで体重が増え続けている。

・不眠や睡眠過多など、睡眠障害が2週間以上続く。

・不安感や孤独感が非常に強く、1か月たっても後を追って死にたいと思う。

・自殺をしようとした。

・自傷行為が止まらない。

・他傷行為(他人または、他のペットのからだを傷つける)が止まらない。

・死別後1か月たっても、罪悪感がペットの事だけでなく、他のことについても感じられ、生きることがつらい。

・死別後1か月たっても、前世の因縁や周囲の怨念など、スピリチュアルや宗教にとりつかれ、気持ちが抜け出せない。

・死別後、2週間以上、家から出ないなど引きこもりの状態が続いている。

・死別後、2週間以上、幻覚が継続的に起こる。

・死別後1カ月以上たっても悪夢やフラッシュバックが続く。

 

 

 

以上の症状がある方、または家族の誰かがあてはまらないかも、注意してみてみましょう。精神疾患は体の病と同様、早期発見、早期治療が大切です。

 

(Photo by://pixabay.com/ja/%E7%8A%AC-%E5%A5%B3%E3%81%AE%E5%AD%90-%E6%82%B2%E3%81%97%E3%81%84-191935/)

著者: 真綾さん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ペットロスに関する記事

ペットを飼うなら知っておきたい、ペットロスにならないための対処法

      ペットを飼う時、いつかはお別れの時が来るのはわかっているけれど...

ペットロスがうつ病へ発展する原因

  筆者の周りには、パートナーよりもペットが心の支えだと言う方がたくさんいらっ...


ペットロスが原因のうつ病、ビフォー・アフター

    筆者の知っている、ペットロスの苦しみからうつ病にいたり、回復されたケ...

ペットを失う哀しみと憂鬱~ペットロス症候群

    日本では古くから、犬や猫、その他の動物をペットとして飼う習慣があります...

カラダノートひろば

ペットロスの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る