カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. うつ病 >
  4. 原因 >
  5. その他 >
  6. 新型うつ病を悪化させる原因となる生活習慣

メンタル

新型うつ病を悪化させる原因となる生活習慣

 

気分屋、パニック症状、怒り行動、そんな特徴をもつ新型うつ病。脳の血流量の悪さが顕著にみられるそうです。脳への強い刺激が慢性的に続くことで、脳の血流量が悪くなり、より悪化しやすいともいわれています。脳への刺激を減らすために、気を付けた方がよいことをまとめました。

 

 

▼コーヒー等、カフェインの摂取過多

 

カフェインはコーヒーだけではありません、コーラやパワードリンクにもよく使われています。それらを一日合計5杯以上飲んでいる方は、血流異常を起こす可能性が高いです。摂取量を減らしましょう。

 

 

▼喫煙

 

男性の喫煙者は劇的に減っていますが、女性は増加傾向にあります。新型うつ病は女性に多い病気。急激な禁煙はうつ病を悪化させますが、ニコチン量の少ないものに変える、本数を減らすなど、工夫するとよいでしょう。抗うつ剤の働きを弱めますので、服用中の方、または服用を考える方は喫煙の仕方を見直す必要があります。

 

 

▼アルコール

 

抗うつ薬を飲んでいる方はアルコールは控えましょう。薬が効きすぎ、時には死をもたらします。またはうつ病薬とともにアルコールを摂取すると、アルコール依存症へ発展しやすいです。

 

 

▼パソコン・スマホ・端末ゲーム・テレビ

 

1日1時間以内が望ましいですが、現代の生活ではなかなか難しいかもしれません。画面を見続ける状態は、全身の血流量に不具合をきたします。思った以上に目を疲労させますので、当然、脳の血流量に大きく影響を与えます。20分に一度、5M以上離れた場所を20秒以上みつめる、20m歩き回るなど、血流量を正常に戻すことが対策となります。

 

 

▼ひとりの時間

 

一人の時間が長いことが、新型うつ病を悪化させます。原始的にみても、人は集団で生活する生き物です。一人暮らしをすることで安心感がもてず、新型うつ病になる方もみられます。病気を発症してる方は病気のしくみを理解してもらった上で、実家へ戻られるか、SNSで気が向いたときだけ、会話を交わせばよいといったような、縛り合わないけれど、心うちとけあえる仲間をみつけるなど、新しい家族代わりをもつこともおすすめです。

 

 

(Photo by://pixabay.com/ja/%E3%83%AA%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%82%BC%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3-%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97-%E3%83%A1%E3%82%AC%E3%83%8D-%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%92%E3%83%BC-1-%E6%9D%AF-99812/)

著者: 真綾さん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

うつ病の原因?!会社にこんな上司はいませんか?その1

私はとある職場で上司に逆らえず、うつ病を患った経験があります。多くの人が、その...

アナタは当てはまる?!こんなタイプの人がうつ病になりやすい!

      うつ病は誰にでも発症する可能性のある精神病です。 でも、その中でもう...


新型うつ急増の原因とは?

  従来のうつ病とは違う、新型うつ病が急増傾向にあります。新型うつ病の特徴は、...

うつ病の原因である、幼少期からの考え方をはずす

  うつ病の患者さんのカウンセリング治療は、現実に今ぶつかっている問題を課題に...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る