カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 症状 >
  5. 注意しよう!「無自覚性低血糖」と糖尿病治療

生活習慣病

注意しよう!「無自覚性低血糖」と糖尿病治療

 

高血糖から糖尿病を発症すると、血糖値を下げるために食事制限や運動療法のほか、インスリン注射や服薬が必要な場合もあります。多くの場合、これらの治療を続けることで血糖値は正常な値をキープすることができますが、まれに薬剤が効きすぎて血糖値が落ち込み、低血糖になってしまうことがあります。

 

【糖尿病患者の低血糖】


血液中のブドウ糖の濃度が、
50mg/dl以下

・動悸
・脱力感
※このような自覚症状がある場合は、担当医に報告しましょう。

 

【無自覚性低血糖とは】


糖尿病の合併症の一つに、糖尿病性神経障害があります。これには大きく分けて、末梢神経障害と自律神経障害の2つがあります。

 

末梢神経障害痛みや温度を感じる感覚神経・手足を動かす運動神経の異常
自律神経障害血管内蔵(心臓・肺など全て)、腺(内分泌腺・汗腺など)の異常

 

糖尿病により、これらの神経障害が重症化していくとさまざまな感覚が鈍ってきます。すると上記のような低血糖症状を感じることなく、無自覚のまま低血糖症状が進んでしまうことがあります。

 

低血糖昏睡…低血糖により意識が低下し、昏睡状態に陥ることです。対処が早ければ回復することが多いですが、稀に意識が戻らず寝たきりになったり、死亡例もあります。

 

【低血糖の対処法】


インスリン注射をしている場合は、担当医より血糖測定器を貸与されます。また市販の血糖測定器もあるので、低血糖の心配があれば測定することが予防にもなります。

低血糖の症状や意識障害は、砂糖や甘いものを少し食べるだけでも改善されることが多いです。

 

~周囲に知らせておくこと~
睡眠中に低血糖になりやすいため、寝ている間に昏睡状態に陥ることもあります。家族には糖尿病治療による低血糖の危険を知らせておきましょう。

 

(photo by//www.ashinari.com/2011/03/16-345879.php)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

症状に関する記事

糖尿病と他の病気を併発した状態?糖尿病のシックディとは

    シックディとは糖尿病の患者さんが糖尿病以外の疾患によって体調を崩して...

糖尿病になるといつも眠い…血糖値の上がり下がりが関係!?

    糖尿病になると、日中ずっと眠気があり、だるくてやる気が出ない、などと...


疲れやすい、だるい・・・見逃しやすい糖尿病の初期症状!

    ◆糖尿病と自覚症状   糖尿病は高血糖の状態が続いたり、インスリ...

糖尿病合併症を防ぐ!注意が必要な疲れやすい、だるいなどの症状

糖尿病は、血糖値を調節するインスリンの分泌が何らかの理由で停止したり、減少した...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る