カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 治療 >
  4. 市販薬を服用するときの2つの注意点!飲みすぎない・体に合った薬を!

頭痛

市販薬を服用するときの2つの注意点!飲みすぎない・体に合った薬を!

 

片頭痛の対症療法に市販薬を使う方もいます。
市販薬の作用は鎮痛です。
片頭痛による痛みを抑える働きがあります。

 

●市販薬は体によくない?
市販薬は体によくないのではないかと言われることもあります。
実際には市販薬が体に悪いのではなく、使い方によっては悪影響だというだけです。
市販薬の問題として、『薬物乱用頭痛』というものがあります。
薬物乱用頭痛とは、市販薬の乱用によって頭痛が起きるというものです。

 

●市販薬を飲むときの注意点-飲みすぎない-
市販薬を飲むときの注意点のひとつめが飲みすぎないということです。
薬にはそれぞれ適量が存在します。
市販薬を飲むときに適量を超えて飲んでしまうと、体に悪影響です。
薬物乱用頭痛の可能性もありますし、市販薬依存になってしまう可能性もあります
1日の用量を守って使ってください。

 

●市販薬を飲むときの注意点-体に合ったものを-
市販薬が体に合っているかどうかは人によって違います。
今までは薬でアレルギーを起こしたことがなくても、頭痛のための市販薬を買ったらアレルギーになってしまったという場合もあります。
以前アレルギーを起こした人は、成分を確認して市販薬を買ってください。
そうでない場合はまず市販薬を買って飲んでみないとわかりません。
飲んでから頭痛がひどくなった、頭痛はよくなったが皮膚がかゆくなったなどの問題があればすぐにその薬は中止してください。

 

(Photo by //pro.foto.ne.jp/free/product_dl.php/cPath/21_28_69/products_id/249)

著者: 藤堂さん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

治療に関する記事

頭痛の市販薬と病院で処方される薬の違いとは?市販薬と医療機関用の薬の特徴

頭痛がおきて我慢できない痛みになった時、まずは市販薬を飲もうとすることが多いので...

頭痛に使える市販薬

  ドラッグストアや薬局で購入できる市販薬とその特徴をいくつか紹介します。...


慢性頭痛の原因が心臓にある可能性?「卵円孔カテーテル閉鎖術」とは

近年、テレビ番組の「世界仰天ニュース」などで取り上げられ話題となった、新たな...

光線で頭痛を治療!最新の光線療法とは

  頭痛の治療は薬剤療法が一般的です。しかし最近では、光を用いた光線療法も登場し...

カラダノートひろば

治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る