カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. >
  4. 治療をしても治らない耳鳴り…「脳過敏症候群」かも?

頭痛

治療をしても治らない耳鳴り…「脳過敏症候群」かも?

片頭痛や耳鳴りの治療を長年続けているのに効果が出ない…という人は、今の治療や病気の診断を見直してみましょう。耳鳴りにもさまざまな原因があります。

 

その可能性の一つ「脳過敏症」について紹介します。 

 

【脳過敏症候群とは】

通常、脳は外部からの刺激(ストレス・不安を感じた時など)を受けて興奮状態になります。しかしこのような刺激が無くなっても興奮が冷めない状態を、脳過敏症候群と言います。

 

・耳鳴り

・めまい

・不眠

 

【片頭痛と脳過敏症】

脳過敏症の特徴として、それ以前に片頭痛(または緊張型頭痛との混合)を感じていた人が多いことが報告されています。

 

片頭痛は血管性の頭痛です。何らかの原因で血管が拡張し、周りの神経(三叉神経など)を圧迫することで痛みを発症します。

 

薬物乱用からの発症

片頭痛を感じたとき、いつも市販の頭痛薬を服用していると危険です。

 

頭痛薬の多くは鎮痛作用のみで、頭痛の原因を根本から治すものではありません。頭痛薬への依存が、脳の興奮状態をコントロールする機能を回復しないまま、放置することになります。

 

長引く頭痛は病院で診てもらいましょう。

 

遠回りする人が多数

脳過敏症候群はまだ研究が進んでいないため、正しく診断されないまま、耳鳴りや片頭痛の治療を続けている人もいます。

 

治療を続けても改善せず、いくつかの病院を渡り歩いた末、ようやく脳過敏症の診断を受けるというケースも少なくありません。過去に片頭痛や耳鳴りといった脳過敏症特有の症状があったかどうかを確認し、少しでもおかしいと思ったら頭痛外来のある病院で相談してみて下さい。

(photo by //www.ashinari.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

耳に関する記事

頭痛と耳鳴りの併発は危険信号?

耳鳴りと頭痛は、どちらが原因かわからないような場合もあります。 時には脳や...

耳の後ろからくる頭痛の原因と対処法!

片頭痛のようだけど、耳の後ろからズーンと痛みがくる。首から上や耳のあたりを押...


耳の後ろが痛くなる頭痛は後部神経痛かも

以前から頭痛があったが、最近どうもその痛み方が違ってきた、傷むのは頭の後ろ側...

耳の後ろの痛み「後頭神経痛」の見分け方と対処

後頭神経痛は片頭痛や緊張型頭痛とも混合されやすく注意が必要です。後頭神経痛の...

カラダノートひろば

耳の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る