カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 治療 >
  4. 頭痛外来ってどんなところ?

頭痛

頭痛外来ってどんなところ?

頭痛は3人に1人くらいは体験している症状です。それだけに特に病院などには行かなくてもいい、と考えている方も多いようです。ですが、二次性頭痛の場合は頭痛という症状が背後に潜む病気を発見する手がかりとなる場合もあります。頭痛で病院に行くことも検討してみると良いかもしれません。

 

頭痛外来って何?

最近は診療科が増えたような気がするという方も多いかもしれません。更年期外来、睡眠外来などもあります。

そしてそのうちの一つが頭痛外来です。名前の通り頭痛に悩む方の診察、治療を行っています。

 

頭痛外来ですることは?

頭痛外来ではまず問診を行います。問診は頭痛の診断には欠かせません。

そして問診の結果、二次性頭痛の可能性が高ければ血液検査や神経超音波検査、X線検査などで病気を見つけます。

 

二次性頭痛ではないと分かった場合、もしくは最初から一時性頭痛の可能性が高い場合は、頭痛経過の把握、日常支障度の評価をして慢性的な頭痛の治療に入ります。

 

頭痛外来と内科の違いは?

治療法などは頭痛外来と内科で共通する部分が多いです。

ただ、頭痛外来の方がより専門的な知識・技術を持った医師がいる場合が多いです。また、頭痛外来には頭痛治療・予防に関して豊富な経験を持った医師ももちろんいます。

 

内科は総合的な医療ですが、頭痛に特化しているのが頭痛外来です。

 

頭痛、その影に何らかの病気が隠れている可能性もあります。頭痛が気になる方は一度頭痛外来を受診してみてはいかがでしょうか。

 

「頭痛」で人気の記事はこちら

●ストレスからくる頭痛・吐き気に特徴はあるの?

 

(Photo by://model.foto.ne.jp/

著者: 藤堂さん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

治療に関する記事

肩こりを治して頭痛も治そう!肩こりによる頭痛を解消する方法

  肩こりは今や国民病と言われ、ほとんどの人が感じたことがあると思います。慢性的...

頭痛に使える市販薬

  ドラッグストアや薬局で購入できる市販薬とその特徴をいくつか紹介します。...


光線で頭痛を治療!最新の光線療法とは

  頭痛の治療は薬剤療法が一般的です。しかし最近では、光を用いた光線療法も登場し...

ロキソニンに重大な副作用として「大腸閉塞」が追加、継続使用への問題は?

近年、鎮痛・消炎薬として広く用いられるロキソニンに、重大な副作用として「腸管...

カラダノートひろば

治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る