カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 心臓 >
  4. 再生医療の最前線!心筋細胞を再生させる『心筋シート』とは?痛みのない心筋梗塞を早期発見するには?

気になる病気・症状

再生医療の最前線!心筋細胞を再生させる『心筋シート』とは?痛みのない心筋梗塞を早期発見するには?

人工心臓・心臓移植に代わる治療法『細胞シート移植』

『太ももの筋細胞を培養し、心筋梗塞を起こして壊死してしまった心筋を再生させる・・・』

これまで動物実験などの大学研究においては、細胞培養から心筋再生をさせることは可能とされていました。最近の研究で、人対象の臨床試験(数十名の心臓病患者を対象)において、全例で無事退院まで回復、また、約7割の患者において人工心臓が不要になるなど、その有用性には非常に期待が集まっています。

2008年時点での統計では、日本において心不全を患っているとされる患者数は約23万人とされており、その治療法には症状が重篤である場合、薬物治療は難しく補助人工心臓を装着したり心臓移植を行うというのが一般的であるようです。しかし、心臓移植にも様々な欠点があり、

 

◆元は他人の臓器であるため、免疫機能が働く。

その抑制のため生涯に渡り免疫抑制剤を服用しなければならない。

 

◆年間数百万円の費用が必要になる。

 

また人工心臓に関しても、

 

◆機器自体が高価である上に定期的なメンテナンスが必要で、また以前のように日常生活を取り戻すのは難しいとされる。

など、治療とは呼ぶには様々な欠点があるため、代替療法が待たれていました。その点、現在大阪大学と企業が共同研究している『細胞シート』というものは、手術自体も危険性が低く、根本的な治療に繋がると非常に期待されています。

以下では、『細胞シート』についての詳細と、手術成功事例などについてご紹介していきたいと思います。

 

細胞シートの詳細について

現在、大阪大学と株式会社テルモなどが共同で研究開発を進めているのが『骨格筋芽細胞シート』というものです。細胞シートの起源は、1990年に東京女子医科大学の清水達也准教授が細胞シート工学でマウスの心筋細胞をシート状に培養して作り、心筋細胞シートを4枚重ねたところ、細胞シートが一体となり、自ら拍動し続けたことによるものだそうです。

 

実際の培養・移植の手順とはどのようなものでしょうか?

 

<移植手術の手順>

1)患者の大腿部より筋肉を採取し、これに含まれる骨格筋芽細胞(発生初期段階のもの)を取り出す。

2)これを直径約5センチの厚さ0.1ミリ程度の薄いシート状に培養する。

3)これを4枚重ねて患者の傷んだ心筋の表面に6箇所ほどに貼り付ける。

4)心臓に新たな血管網が形成され、筋芽細胞シートから出されるタンパク質などにより、弱っていた心筋細胞が活性化していく。

 

<従来方法と比較してのメリットとは?>

◇患者自身から採取するので拒絶反応や感染の危険性が低く、体外での培養が可能。

◇自らに接着たんぱく質を保持しているので、縫合の必要がない。

 

細胞シート移植の実例とは?

<細胞シート以前の細胞移植手術でのトラブル>

細胞シートが出来る以前の心臓病の治療においては、培養した筋芽細胞を心筋に直接注入するという方法を採っており、不整脈などのトラブルを引き起こすケースがあった。

 

<現在の成功例>

◆現在、細胞シートによる移植手術例は、大阪大学病院では5年間で14例。いずれも重症の心臓病患者、又は心臓移植を待つため人工心臓を埋め込んでいる患者が対象でしたが、全員が無事退院し、なかでも3分の2の人は人工心臓を取り外せるまで劇的に症状が改善したと言われています。

 

◆拡張型心筋症の男性患者の例

大阪大病院に入院されている拡張型心筋症の男性患者(56歳)は、昨年2月に大阪大病院に入院。心臓を動かす機能が低下したため補助人工心臓を装着。8月には脳死心移植の待機患者となった。

 

↓(細胞シート移植手術治療へ)

◇筋芽細胞(筋肉が傷ついた際に修復機能を持つ)を、男性の左大腿部から採取。

◇培養して増やし、直径約3.5センチ、厚さ0.1ミリ以下の円形のシートを数十枚作成。

◇今年5月に男性の左心室外側にシートを張る手術を実施。

◇3カ月後には心臓が収縮する力が回復。

◇9月5日に人工心臓を外すことができた(現在では取り外して病院の周囲を散歩できるまでに回復したという)。

 

治験と費用について

現在治験は、重症心不全患者を対象として大阪大学などの3施設で実施されているようです。移植後6カ月を評価期間とされ、実用化の目標は、約3~4年後と言われています。現在の推定治療費は約1千万円。

 

細胞シート移植手術は、心臓病を抱える方にとって非常に待ち望まれた治療法でありますが、心筋細胞に問題がある場合、iPS細胞を利用する必要があるなど、実用化まではまだ課題も多いとされています。もう数年、改善が行われることを待つ必要がありそうです。

 

心筋梗塞の痛みはどんな痛み?どこが痛む?知っておくべき心筋梗塞の前兆症状とは?

胸のあたりが痛いときにはまず疑うのが心臓病です。とはいっても心臓病には狭心症、不整脈、心筋梗塞など数多くの病気があります。

ここでは心筋梗塞の痛み方とどの辺が痛むのかを見ていきます。

 

●心筋梗塞の痛みはとにかく激しい

狭心症と心筋梗塞の両方を体験すると狭心症よりも心筋梗塞の痛みの方が遥かにひどいということがわかります。

狭心症の痛みでも歩けなくなったりその場でしゃがみこんでしまったりすることがあると言われますが、心筋梗塞の場合はその場で意識を失うのではないかと思えるくらいです。

とにかく左の胸がギュッと締め付けられるようで苦しく、すでに息をするのも精一杯というくらい苦しいのが心筋梗塞の痛みです。

 

●症状は…? 背中にかけての圧迫感と痛み

狭心症の場合は胸から肩にかけて圧迫感と痛みが広がっていきますが、心筋梗塞の場合は更に範囲が広く、胸から背中、肩、腕、みぞおちなどが痛みます。

あまりにも広い痛みのため、胸が中心のような気はしてもどこが悪いのか一瞬想像もつかないと思えるくらいの広い範囲での痛みです。

 

●心筋梗塞の前兆を知っておこう

心筋梗塞は心臓病の中でも前兆がみられやすいタイプの病気です。

代表的な前兆には胸の痛み、左肩の痛み、吐き気、吐き気に伴う食欲不振、息苦しい、すぐに息が切れる、歯の痛みなどがあります。

心臓に既往症がある、生活習慣病にかかっている場合には心筋梗塞の前兆を知って、前兆があったらすぐに病院へ行きましょう。

 

心筋梗塞はそのまま死亡する可能性もある病気ですので、発作に気づいたらすぐに病院へ行ってください。救急車を呼んでも構いません。

まずは緊急入院で少しでも心臓の負担を軽くしながら原因を追究し、最終的に適切な治療法が選択されます。

 

増えているって本当!?若年性心筋梗塞とその原因 1回の発作で死亡することも…!?

最近では、40代、早ければ30代で心筋梗塞になってしまう場合もあるのです。若くしてなる心筋梗塞を若年性心筋梗塞と呼びます。

 

●基本は若年性でもその他でも同じ

若年性心筋梗塞も老人がかかる心筋梗塞も、基本的な症状という部分では違いがありません。すべて心筋梗塞の範疇に入りますので、心臓に栄養が行き渡らない状態という点では違いがないのです。

 

若年性とその他を分ける基準も特に定められているわけではないのですが、一般的には40代までに発症した心筋梗塞を若年性と扱うケースが多いです。

 

●ストレスとの関係性

若年性心筋梗塞の原因のひとつにストレスがあるのではないか、と言われています。

 

若年性心筋梗塞を起こしやすい30代、40代は仕事も充実してくるころ、そして家族を持って子育てなどにまい進するころでもあります。充実している生活はよいのですが、その一方で睡眠不足や仕事のプレッシャーなどストレスがかかりやすい状況でもあります。

 

人間はストレスを感じると血圧・血糖値が上昇しやすい他、コレステロール値も上がりやすいです。これにより血管内に血栓が出来て、血栓が血液の流れを止めることで心臓に栄養が行かなくなる心筋梗塞になる可能性もあります。

 

●早くから健康を重視して

若年性心筋梗塞を予防するには、やはり全体的な健康をしっかり考えるクセをつけるべきです。

30代ならまだまだ若いから大丈夫だろうと思わずに、食習慣や運動習慣の見直しを早いうちから始めた方が良いのです。そして、特にストレス管理は重要なポイントとなります。自分なりのストレス解消法を探してみましょう。

 

若年性心筋梗塞は、症状がほかの心筋梗塞と同じですので、1回の発作で死亡することもある恐ろしい病気です。

 

ストレス管理や健康増進に気を配るほか、定期的に血液検査をうけてコレステロール値を知るのも効果的な予防法となります。

 

痛みのない心筋梗塞を早期発見するには?

心筋梗塞と言う病気をご存知ですか?日本人の死因の2位である心臓病の一つです。

心筋梗塞はとても身近で、怖い病気でもあります。

早期発見が、その後の結果を大きく左右しますので、異変があればすぐに受診しなければなりません。

しかし、中には、痛みのない心筋梗塞があります。

どういう場合に起こるのかでしょうか? 痛みのない心筋梗塞の場合でも、早期発見出来る様にしましょう。

 

心筋梗塞とは?

そもそも心筋梗塞とは、血圧や喫煙、肥満、糖尿病等の様々なリスクによる病気です。

心臓に血液を送り出す冠動脈が、上記リスクによって詰まったり、血管が狭まったりします。

詰まってしまうと、心臓へ十分な血圧が行き届かなくなる為、心筋の一部が壊死します。

この状態が心筋梗塞です。

この際、一般的には胸痛や呼吸困難を起こすと言われています。

 

痛みのない心筋梗塞は何故起こる?

心筋梗塞の2~3割は、この痛みのない『無痛性心筋梗塞』と言われています。

何だかだるい、冷や汗が止まらない…そんな症状だけの方もいます。

この痛みのない状態は、決して軽い状態ではないという事を知って頂きたいのです。

痛みがないのは、痛みを感じる神経が何らかの原因で感じないだけです。

 

痛みのない原因は、糖尿病や高齢者に多く見られます。

糖尿病にかかると、痛みを脳に伝える神経が異常をきたし、脳へ痛みを伝えられません。

実際は痛みを感じる程の胸痛であっても、まったくの無痛である事もあります。

また、高齢者も脳への伝達が鈍ってしまう為に、同様の事が起こります。

 

無痛性心筋梗塞を防ぐ為に

心筋梗塞の起こり易い方のリスクとは、喫煙歴のある人、寝不足の人、血圧が高い人、高コレステロール、糖尿病、肥満、痛風、外的要因や精神的ストレス等です。

このリスクをたくさん持っている保持者は、特に注意が必要です。

糖尿病と高齢であるリスクに、他のリスクを併せて持っている場合、無痛性の心筋梗塞を起こす可能性がある事を十分理解しておきましょう。

発症を防ぐには、早期発見が必要です。

 

1.年に一度の定期検診を受けましょう。心臓の状態を調べておく事で、今後の発症リスクも分かります。

 

2.リスクを減らす努力をしましょう。喫煙や寝不足、肥満等は自分の努力次第でリスクを減らせます。

禁煙できない方は、病院の『禁煙外来』等の方法もあります。少しでもリスクを減らさなければなりません。

 

無痛性心筋梗塞は大変怖い病気です。

リスクが高い方も低い方も、毎年の健康診断は欠かさないようにしましょう。

今の心臓状態を知っておく事が、治療への近道となります。

 

急性心筋梗塞発症後、起こる可能性が高い!心筋梗塞の合併症

心筋梗塞は、日本人の死因第2位である心臓病の中の一つです。

心筋梗塞は、とても身近で、怖い病気という事をご存知でしたか?

万が一、発見が早く命を取り留めたとしても、その後の合併症があることもあります。

心筋梗塞を起こさない為には、早期発見が重要な病気です。

心筋梗塞発症の原因は、何らかの原因で心臓へ血液を送り出す冠動脈が詰まってしまい、血液が心臓へ行き届かなくなり、血液が滞ってしまった心臓の一部分が壊死してしまいます。その事で、心臓の働きが弱まり、全身状態も悪くなります。最悪の場合、死に至る事もあります。

 

命に関わる、心筋梗塞の主な合併症

●心破裂

心筋梗塞を起こした後に発症する『心破裂』をご存知ですか?

この心破裂は、心筋梗塞の合併症の中でも最も怖い状態です。

冠動脈が詰まった後に、心臓の血圧が異常に急上昇します。そして、心臓の壁を破裂させるという状態です。

急性心筋梗塞を起こした内の、10~20%を占めています。

心破裂は、治療によって助かるという事は、極めて少ないと言えます。

 

●心原性ショック

心筋梗塞が起きる事で、ショック状態に陥る事です。

心臓の機能が低下し、循環する血液が低下します。

その結果、血圧が低下する事で、意識がなくなったりもします。

心原性ショックの場合、素早い処置をすれば、命が助かる事もあります。

 

●心室細動

心筋梗塞の後遺症の内、最も発症する可能性が高いのがこの心室細動です。

心室細動とは心臓の痙攣のようなもので、不整脈の一つです。

脈拍数は、健康な心臓で60~80位が普通ですが、心室細動になると120以上の細かい脈拍になります。

この細かい脈は、全身へ血液を送り出す事が出来ず、血液の循環が止まってしまいます。

死亡率の高い症状の一つです。

この心室細動も素早い処置をする事で、命が助かる事もあります。

 

これらの合併症は、急性心筋梗塞発症後、直ちに起こる可能性が高い病状です。

そのため、心原性ショックや心室細動は素早い処置を必要とします。

急性心筋梗塞の症状、胸痛や冷や汗、意識困難等が見られたら、一刻も早く救急車を呼びましょう。

そして、年に一度の健康診断を受け、心臓の血管の状態等を見てもらいましょう。

 

心筋梗塞の入院期間はどれくらいになるの?心筋梗塞で入院してからの流れを知ろう

心筋梗塞は急激な胸の痛みとともに意識が遠のき、場合によっては死に至る病です。

多くの心筋梗塞の原因となっているのは、心臓とつながる血管の血栓が血液の流れを止めてしまうことです。

心筋梗塞で倒れた場合にはすぐに病院に行って、その後入院治療を行うこととなります。

 

●入院治療は応急処置+手術

心筋梗塞で病院に運ばれた時に受ける最初の治療は、応急処置です。心筋梗塞の発作で亡くなる方の多くは、発作の3-4時間後までとなっています。

ですので、最初のうちにどれだけ適切な処置が出来るかが生死の分かれ目になることも多いです。

集中治療室で心拍や血液中の酸素濃度、心臓の損傷具合などの確認をしながら生命を保てるように看護が行われます。

数日間は合併症が起きないかどうか確認するため、集中治療室で過ごすこともあります。

その後、カテーテルやバイパス手術などを受けるとさらに入院期間が長くなります。

 

●応急処置のみなら1週間程度

現状で手術を行わずに様子を見る、集中治療室にいる時点で合併症が出ていないのであれば、入院期間は1週間程度になります。

最初の3-4日が集中治療室で治療を受ける、残りの3-4日が一般病棟で回復を待つといった形です。

 

●平均は21日

心筋梗塞での入院では応急処置のみよりも、手術やその他の治療・検査も含めて入院するケースが多いようです。

厚労省が発表した平成23年9月中に退院した全国の患者の在院日数調査で、心疾患(高血圧性以外)の平均入院日数は21.9日となりました。

 

心筋梗塞で入院する際、年齢を重ねていればいるほど入院日数が長くなりがちなことも厚労省の調査からわかっています。

75歳以上だと心疾患(高血圧性以外)での平均入院日数は34.5日にもなります。

 

(photoby:http://pixabay.com/ja/%E5%BE%AE%E7%94%9F%E7%89%A9%E5%AD%A6-%E3%82%BB%E3%83%AB-%E9%81%BA%E4%BC%9D%E5%AD%90-dna-%E5%88%86%E5%AD%90-%E7%94%B7-%E5%8C%BB%E5%AD%A6-%E7%A0%94%E7%A9%B6%E5%AE%A4-%E8%A7%A3%E6%9E%90-163470/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-16掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

心臓に関する記事

心不全を予防しよう!~心不全が疑われる症状を知ろう~

  心臓の機能が低下してしまう事で起こるのが、心不全です。 心臓が血液を...

自覚症状がなくても手術する!?心臓弁膜症の手術について知っておこう~心臓弁膜症とは一体どんな病気?~

  心臓弁膜症では心臓の血液の流れに関わる弁に異常があるので手術で弁をどうにか...


費用はかなり安い!?心房中隔欠損の手術時間と費用を知ろう~心房中隔欠損において重要なカテーテル検査~

  心房中隔欠損の手術は心室中隔欠損の手術とよく似ており、何はともあれ心房に開...

心肥大になってしまった。…どんな食事が心臓によいの??誰にでも起こりうる心臓肥大の原因と治療について

心肥大とは、高血圧などの基そ疾患によって、心臓の血液が多くなり、心臓が肥大し...

カラダノートひろば

心臓の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る