カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 虫歯 >
  5. 本名はミュータンス菌!虫歯菌の正体とは?

気になる病気・症状

本名はミュータンス菌!虫歯菌の正体とは?

虫歯になってしまうのは、虫歯菌が歯をどんどん侵蝕してしまうからです。

ではもともと虫歯菌というのはどのように存在しているのか、虫歯菌とは何者なのかを見てみましょう。

 

●赤ちゃんに虫歯菌はいない

虫歯菌はその本名をミュータンス菌といいます。

実は乳歯が生える前の赤ちゃんにはミュータンス菌は存在しません。もともとミュータンス菌を持って生まれてくる子はいないのです。

では、いつごろミュータンス菌が赤ちゃんの体に入ってくるかというと1歳半から2歳くらいまでが最も多いと言われています。この時期にミュータンス菌に感染することで虫歯になるリスクがグッと高まってしまいます。

 

●母子感染が主

一般には虫歯菌と呼ばれるミュータンス菌は感染によって赤ちゃんの口の中に入り込みますが、もっとも多いのは母子感染です。赤ちゃんの口にキスしたり、食器を共有して使うことによってミュータンス菌が母親の口の中から赤ちゃんの口の中に感染します。

よく、虫歯は遺伝すると言われることがありますが実際には遺伝というより、乳幼児のうちに母子感染などをしています。それ故に母親になったら赤ちゃんへのミュータンス菌感染には気を付けなければいけません。

 

●感染予防にキシリトール

母子感染しないように気を付けることはモチロンですが、感染予防にキシリトールを用いるのも良いでしょう。

キシリトールガムなどでよく知られるキシリトールですが、虫歯予防には効果的とされています。キシリトールは口内の酸性化を予防、歯を再石灰化する働きがあります。

具体的な摂取方法ですが、お母さんは出産後3-4か月以降、赤ちゃんが2歳になるまで1日1-2回キシリトールガムを摂取してください。

赤ちゃんの方は固形食が食べられるようになったら幼児用のキシリトールタブレットを食べさせてあげましょう。

 

虫歯菌はミュータンス菌という本名を持つ菌で、親子での感染が考えられる菌でもあります。

母子感染を防ぐためにお母さんはキシリトールガムを、赤ちゃんは固形物が食べられるようになってからキシリトールタブレットを摂取するとよいでしょう。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2011/07/05-037351.php])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

虫歯に関する記事

知っておけば少し安心?虫歯の進行度と治療の方法

  虫歯の治療といえば虫歯の部分を取り除く治療が一般的です。 ただし虫歯...

殺菌力の高いオゾンで虫歯治療、削らない・痛くない「ヒールオゾン治療」ってどんな治療?

  虫歯治療の方法のひとつにヒールオゾン治療と言う方法があります。高い殺菌力の...


20、30代に注意の逃避型うつ病

    逃避型うつ病は非定型あるいは新型うつ病とも言われ、最近では男性にも増...

虫歯予防効果が高い「キシリトール」とは?原材料は?どんな成分?安全性は?

  虫歯予防効果が高いキシリトールですが、含まれている成分にはどのような特...

カラダノートひろば

虫歯の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る