カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中の生活 >
  4. 通院・治療 >
  5. 妊娠中の歯科治療は期間限定で受けることが可能!

妊娠・出産

妊娠中の歯科治療は期間限定で受けることが可能!

妊娠中は一般的な風邪薬のような薬でさえ、服薬の自己判断はNGです。

胎児への影響を考え、市販薬などは避け、そもそも薬を飲まなくても済むように体調には十分気を付けなければなりません。

そんな妊娠中の歯の治療はどのように行われるのでしょうか。

 

●妊婦の歯医者治療は期間限定でOK

妊婦だからといって妊娠発覚から出産まで絶対的に歯医者での治療を行ってはいけないというわけではありません。

ただし、妊娠初期及び妊娠後期は歯医者の治療による精神的な緊張が流産、早産のリスクを高めてしまいます。そのため、期間限定で治療OKとする病院が多いです。

妊婦で歯医者での本格的な治療を受けられるのは5-8か月、いわゆる安定期とほとんど同じです。

それ以外の時期には、応急処置で虫歯を進行させないようにする初期の治療のみが行われることになります。

 

●投薬はあまり行われない

妊婦の歯医者での治療の特徴のひとつが、投薬はあまり行われないということです。

痛み止めなどで胎児への影響がある種類の薬もありますし、どうしても痛いとき以外は投薬をしないという歯科医が多いようです。

ただ、状況に合わせて柔軟に対応することは十分可能となっており、痛みが出やすい人や痛みがひどい場合には相談してみてください。

 

●レントゲン撮影の際には防護エプロンを

歯医者で撮るレントゲンは基本的に口の中を撮影するのでお腹にまでレントゲンの影響が行くことはありませんが、細心の注意として防護エプロンを着用してレントゲン撮影を行います。

 

妊婦になっても虫歯があれば歯科治療に通うのはOKです。ただし、妊娠初期と出産直前は応急処置程度の治療となるケースが多いです。

レントゲンの撮影の際には防護エプロンをつけるのでX線による胎児への影響などは基本的にありません。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/02/23-014454.php]) 

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

通院・治療に関する記事

妊娠中に甲状腺機能低下症に!赤ちゃんへの影響は?

妊娠中は風邪を引いたりしただけでも赤ちゃんへの影響が心配になります。胎児はお...

パニック障害患者が妊娠中に知っておきたい、3つのこと

  いつも通りに過ごしているのに突然ひどい不安に襲われ、めまいや息苦しさで立って...

通院・治療の体験談

シロッカー手術(子宮頸管縫縮術)の流れや術後の経過

前回の出産で切迫早産からの早産になったので、今回の妊娠ではシロッカー(子宮頸管縫縮術)を勧められ、安...

感動があった妊娠23週目の検診。胎児の様子について

妊娠23週目の検診は、色々な発見があったり、感動があったり、今でもその時の感情を思い出すことが出来る...

カラダノートひろば

通院・治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る