カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中の生活 >
  4. 通院・治療 >
  5. 妊娠中の歯科治療は期間限定!?出産前に歯の検索に行こう!

妊娠・出産

妊娠中の歯科治療は期間限定!?出産前に歯の検索に行こう!

妊娠中は一般的な風邪薬のような薬でさえ、服薬の自己判断はNGです。胎児への影響を考え、市販薬などは避け、そもそも薬を飲まなくても済むように体調には十分気を付けなければなりません。しかし、体調に気を遣っていても、妊娠前に虫歯や歯周病になっていたり、妊娠中にそれに気づいたりなど歯にトラブルが起こる場合もあります。そんな妊娠中の歯の治療は、どのように行われるのでしょうか。

  

妊娠中は歯の状態が悪くなりやすい

妊娠すると歯の状態が悪くなりやすいと言われています。それはつわり時に吐き気が強いため、十分に口腔内の清掃ができないことが原因のひとつ。

そしてホルモンバランスの変化による影響で免疫機能が低下することで、一部の歯周病菌が増殖しやすくなるため、約半数の妊婦さんに歯茎の異常が見られるそうです。

 

つわりの時は磨けるときに歯磨きを

つわりの時は食べるどころか、歯を磨くのすらつらいことも。そういう時は無理にいつもの時間に磨かず、つわりがおさまっている時に磨きましょう。

歯磨き粉が刺激になる場合もありますので、無味無臭の刺激が少ないものに変えてみてください。

 

妊婦の歯医者治療は期間限定でOK

妊婦だからといって、妊娠発覚から出産まで歯医者での治療を行ってはいけないというわけではありません。ただし、妊娠初期及び妊娠後期は歯医者の治療による精神的な緊張が流産、もしくは早産のリスクを高めてしまいます。

そのため、期間限定で治療OKとする病院が多いようです。

 

妊婦で歯医者での本格的な治療を受けられるのは、5~8ヶ月いわゆる安定期のころになります。

それ以外の時期は妊娠への影響を考え、応急処置で虫歯を進行させないようにする初期の治療が行われることになるでしょう。

 

【体験談】妊婦無料歯科検診も要チェック

投稿者:ハナ23さん

 

妊娠中はホルモンの関係で虫歯になる確率がかなり上がるそうです。 私の仕事の先輩も今まで虫歯になった事がなかったのに、妊娠中に虫歯が5個できてしまったそうです。

なので、虫歯がないと思っていても歯科検診を受ける事を産婦人科の先生からすすめられました。 しかも妊婦さんは住んでいる地域で”無料歯科検診”を受ける事ができるようです。

中には通っている産婦人科でも行っている事があります。 無料歯科検診の日にちを地区や病院で確認して受診してみて下さい。 (一部抜粋)

 

妊娠中期に虫歯を全部治す!

 

妊娠中は治療内容によって通常時と異なる

妊娠中の歯科治療で気になるのは「歯を削る・詰め物を入れる」「投薬」「レントゲン」の3つではないでしょうか。それぞれ、妊娠に影響があるのかどうかをみていきましょう。

 

1.歯を削って詰め物を入れる治療は可能

虫歯の治療で行われる一般的な治療方法です。虫歯の部分を削って詰め物をします。この治療は妊娠中でも問題ありません。

むしろ虫歯を放置する方が痛みが増してストレスになりますので、妊娠中に虫歯が見つかった場合は、体調をみながら治療されることをおすすめします。

 

2.投薬はあまり行われない

妊娠中の治療では、投薬はあまり行われません。痛み止めなどで胎児への影響がある種類の薬もありますし、どうしても痛いとき以外は投薬をしないという歯科医が多いようです。

ただし、状況に合わせて柔軟に対応することは可能ですので、痛みが出やすい人や痛みがひどい場合には歯科医に相談してみてください。

 

3.レントゲン撮影の際には防護エプロンを着用

歯医者で撮るレントゲンは基本的に口の中を撮影するので、お腹にまでレントゲンの影響が行くことはないようです。

しかし、細心の注意をはらうにこしたことはありません。そのため、レントゲン撮影の際には防護エプロンを着用します。

歯科治療で気をつけたい「体勢」

歯科治療で、気をつけてほしいことがあります。それは治療中の体勢です。できるだけ楽な姿勢で受けられるよう、妊娠していることを歯科医に告げ、座席を倒しすぎないようにしてもらうといいかもしれません。

 

お腹が張ったり、つらい時はすぐに歯科医に伝えましょう。また座席から起き上がったり、席を離れたりする際には、転倒しないように気をつけてください。

 

歯の治療は妊娠中でもできるときに受けるのがベスト

妊娠中は胎児への影響を気にするあまり「歯の治療はあとにしよう」と考えるかもしれません。しかし、放置する方が母体にストレスがかかり、胎児に悪影響を及ぼす可能性もあります。治療できるタイミングは限られてしまいますが、妊娠中でも歯科治療はしっかり受けるようにしましょう!

 

(Photo by:http://www.photo-ac.com/ )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

通院・治療に関する記事

妊娠中に甲状腺機能低下症に!赤ちゃんへの影響は?

妊娠中は風邪を引いたりしただけでも、赤ちゃんへの影響が心配になります。そして胎児...

妊娠中に歯周病に罹患していると早産のリスクが7倍になる?妊娠中の歯科治療あれこれ

近年、国立がん研究センターの調査によれば、女性の出産回数の多さと歯の本数減少には...

妊娠中の生活の体験談

妊娠中の仕事事情。

1人目妊娠中は、販売員をしていたためほぼ立ち仕事。 しかし吐き悪阻がひどくて裏方にわましてくれまし...

2人目妊娠中の事情。

現在2人目妊娠中。 旦那は稼ぐために県外へ出稼ぎ!! いやいや、なかなか強行突破だったかな。。 ...

カラダノートひろば

通院・治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る