カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 基礎知識 >
  5. 麻酔の後に具合が悪い…歯医者の麻酔に副作用はあるの?

気になる病気・症状

麻酔の後に具合が悪い…歯医者の麻酔に副作用はあるの?

 

全身麻酔というのは体験したことがあるという人は案外少ないかもしれません。全身性の疾患や腫瘍などを取り除く手術のときに用いられます。

一方で部分麻酔というのは手術・施術を行う一部分のみの麻酔で、歯医者でもよく部分麻酔は用いられます。

 

歯医者で使われる局所麻酔は表面麻酔、湿潤麻酔、伝達麻酔の3種類に分かれています。

◆表面麻酔

皮膚の表面、歯の治療で言えば粘膜表面に麻酔を打つという方法で、注射ではなく綿やガーゼで歯に麻酔薬を浸透させます。

湿潤麻酔

抜歯するときや歯髄(歯の神経部分)の治療を行う時の麻酔で、歯肉に注射を行います。

伝達麻酔

抜歯などのときに行われる麻酔ですが、歯肉ではなく神経の根元を麻酔するのが特徴です。

 

●麻酔の副作用は存在する

歯医者の麻酔は基本的に医療現場で用いるための安全性を備えています。ですが、副作用がゼロということではありません。頻発しやすい副作用には動悸、頭痛などがあります。麻酔薬でアドレナリンを含んでいるものを使っていると、アドレナリンが血中を通過するときに動悸を催すことがあることがわかっています

ただし、この副作用はすぐに治まるケースが多いので、数分から数十分の間あまり動かないようにしていればOKです。

 

●麻酔薬アレルギーの可能性

麻酔薬に対するアレルギーを持っているという方もいます。元々がアレルギー体質だったり、アスピリン喘息の方はどのような成分がNGなのかをよく調べて常におくすり手帳を持ち歩くことをお勧めします。

 

●その日の体調にも左右される

体調があまり良くない時に麻酔などを使用すると、思わぬ症状が現れることもあります。著者の経験では、睡眠不足の状態で抜歯に臨んだ際には、なかなか麻酔が効かず、通常の倍の量の麻酔を使ったことがあります。治療後は睡眠不足のせいもあってか、フワフワとした感じが数時間ありました。

 

歯医者で使う麻酔薬は医学的に見ても安全で、使い続けることによる症状などはありません。

ですが一部の人に動悸や頭痛などの副作用が見られる可能性はあり、麻酔薬アレルギーの急性症状が出て気を失うなどのケースもあります。

 

(Photo by: [//pixabay.com/static/uploads/photo/2013/11/28/09/51/sad-219722_640.jpg?i])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

歯が痛くて熱が出る理由と対策

歯の痛みと熱は一見関係ないように見えますが実は歯の痛みと熱を同時に体験してい...

歯茎マッサージが持つ効果とやり方

  健康な歯茎はピンク色をしており、触るとやや弾力があります。健康な歯茎を持っ...


歯磨き粉に含まれる殺菌剤『トリクロサン』は、肝臓がん発症に繋がる?!

近年、歯磨き粉に殺菌剤として配合されている『トリクロサン』という物質が、肝臓が...

八重歯ってなんでできるの?かわいい八重歯は虫歯になりやすい厄介者だった!

  日本では八重歯はかわいさの象徴として捉えられているようですが、海外ではどち...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る