カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 治療費 >
  5. 知らないと損する?歯医者さんに行く前に 保険適用・適用外について

気になる病気・症状

知らないと損する?歯医者さんに行く前に 保険適用・適用外について

 

歯医者に行くことになると、1本の虫歯につき短くても1-2回の治療、長ければ4回以上の治療が行われると言われています。このことから、治療のための時間を確保するだけではなく治療費の確保も大変というイメージを持つ方も多いようです。

 

歯医者の治療費の特徴のひとつが保険適用内の治療、保険適用外の治療があるということです。

 

●保険適用内外の違いって?

内科などでは保険適用内治療、保険適用外治療を同じ病院で行っているというのは珍しいかもしれません。一方で、歯医者の場合は保険適用内外の両方の治療を同じ1つの病院で行ってるケースもたくさんあります。

 

保険適用内の治療は疾病治療、保険適用外の治療はそのほかの治療です。

簡単に言えば保険適用というのは何らかの病気だった場合の治療、保険適用外の治療は病気ではない場合の治療です。

歯医者であれば同じ治療をするにしても詰め物の素材で保険適用内・保険適用外が変わることがあります。これは、全国一律で定められたものなのです。

 

●矯正は基本的に保険適用外

歯医者の治療で虫歯以外の治療といえば矯正があります。歯の並び方を変えるという治療ですがこれは一部の例外を除いて保険適用外です。

口蓋裂、顎変形症など疾病と関わりのある歯科矯正となると保険適用内です。

 

●保険適用内外、どちらを選ぶ?

詰め物などは素材によって保険適用と保険適用外に分かれており、当然ですが価格も分かれます。一般的には3割負担の方が多いと思いますので、保険適用と保険適用外では2倍近くの値段の差が出てくるのです。

となると値段の高い保険適用外の手術はいいものかと思われがちですが必ずしもそういうことではありません。

保険適用内だから最低限の治療、保険適用外だからいい治療ということではなく自分に合ったもの・必要なものを選ぶことが大切です。

 

歯科の保険適用の範囲は国で一律に定められています。疾病に関する治療は基本としては保険適用内、審美的な観点が入れば保険適用外となります。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/10/30-372332.php])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

治療費に関する記事

歯医者さんの治療にかかる料金は少々複雑!だから治療費に関することはしっかりと確認を!

  歯科治療でかかるお金というのは、場合によっては何万円にもなります。選択によ...

歯医者さんでの治療の謎…同じ治療でもなぜ値段が違う?なぜクリニックによって値段が違うの?

  歯科医院の治療費を比較して、「おや?」と思ったことはありませんか?同じ治療...

カラダノートひろば

治療費の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る