カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 感染症 >
  5. ノロウイルスやロタウイルスなど…秋から冬に流行する感染性胃腸炎まとめ

育児・子供の病気

ノロウイルスやロタウイルスなど…秋から冬に流行する感染性胃腸炎まとめ

感染性胃腸炎は、2006年の秋から冬にかけて、全国的にノロウイルス感染症が大流行したことによって注目されるようになりました。ここでは秋から冬にかけて流行する感染性胃腸炎についてまとめてみたいと思います。

 

 

感染性胃腸炎とは?

感染性胃腸炎とは、病原微生物(細菌・ウイルス・原虫など)を原因とした、下痢・嘔吐等の消化器症状を起こす感染症の総称のことです。

1年を通じて発生しますが、例年、晩秋から冬季に多くなります。

 

 

原因となる主な病原微生物は、ノロウイルスやロタウイルス、腸管アデノウイルスなどのウイルスと、病原性大腸菌やサルモネラ、カンピロバクター、腸炎ビブリオなどの細菌があります。

 

晩秋から冬季にかけての流行の大半はウイルス性のもので、ノロウイルスやロタウイルスが主な原因とされています。

 

 

ノロウイルス

ノロウイルスは1年を通じて見られるものの、秋から冬にかけて流行する感染性胃腸炎の病原菌で、乳幼児から成人まで幅広い層に対して嘔吐下痢症を引き起こします。

 

 

感染力が強いため、保育園や学校、病院、高齢者施設などで集団感染を引き起こすことが多いウイルスです。

 

乳児の下痢症としてはロタウイルスに次いで多く、脱水症状を伴って重症化することがあるため、適切な治療を受けることが大切です。

 

 

ノロウイルスワクチンは開発が進んでいるものの、2013年現在、ノロウイルス感染症を抑えられるワクチンの開発には至っていません。

 

 

ノロウイルスは感染者の嘔吐物または便中に含まれるため、嘔吐物や便を処理する際に正しい方法で行うことと、手洗いや加熱といった予防法により防ぐしかありません。

 

ただし、ノロウイルス感染症は、嘔吐、下痢、発熱などの辛い症状は1~2日で収まり、基本的に後遺症もありません。

 

 

ロタウイルス

ロタウイルスは、乳幼児期にみられるウイルス性胃腸炎のなかでもっとも頻度の高い病原体です。

 

現在A~Gまでの7つの血清型があり、主にA群がヒトに嘔吐下痢症を引き起こします。

 

また、B群やC群も、発症する頻度は少ないものの病原性を持ちます。

 

主な症状は発熱や嘔吐、下痢で、すっぱいにおいのする白色の水様性下痢が見られることが多くあります。

5歳までにだれもが1度は感染するとされますが、3ヶ月未満の乳児は母親からの移行抗体があるため軽症で済むことが多いようです。

 

生後6か月~2歳未満の乳幼児で重症化しやすい傾向があり、日本でも2011年よりワクチンが承認されました。

 

 

現在は経口の弱毒生ワクチン(ウイルスを生かしたまま毒性を弱めたもの)を任意で摂取することができます。

 

学童期以降は、ロタウイルスが体内に入ったとしても、すでに体内に抗体を持っているため、無症状であることがほとんどです。

 

 

腸管アデノウイルス

アデノウイルスには、1型から51型まで51の型があり、型によって気道炎や胃腸炎、結膜炎、膀胱炎、発疹など、起こす症状に違いがあります。

 

プ―ル熱で知られる咽頭結膜熱は、アデノウイルス3型を中心に、4型、7型、14型などが引き起こします。

 

流行性角結膜炎は8型、19型、 37型などが引き起こし、どちらも夏に多い感染症です。

 

 

胃腸炎を起こすのはアデノウイルス40、41型で、腸管アデノウイルスとも言われます。

1年を通して発生が見られますが、涼しく乾燥した時期にやや発生が多くなる傾向があります。

 

 

下痢、嘔吐、嘔気、気分不快、微熱、腹痛といったロタウイルス胃腸炎と似た症状が現れますが、感染しても無症状の人もいます。

 

 

感染経路は便中のウイルスが口から入る接触感染ですが、風邪のように、咳やくしゃみによって感染することもあります。

 

 

冬場に流行する胃腸炎といえば主にこの3つです。

 

感染し発症した場合の抗ウイルス薬とといった特効薬はないため、嘔吐や下痢に対する適切なケア方法を覚えて、辛い症状を和らげてあげたいですね。

 

Photo by://www.ashinari.com/2009/05/10-019877.php

著者: seasideさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

感染症に関する記事

冬のお出かけ、感染予防で気をつけたいことは?

冬場に子どもを連れてのお出かけ。子どもの健康のために気を付けたいのはどのような...

胃腸炎にともなう下痢、ホームケアで気をつけることとは?

  子どもが下痢をしたため受診したら、胃腸炎とのこと。下痢のホームケアでは...

感染症の体験談

3人目にして初めてのRSウィルス!!!

2か月ほど前、9か月になる長女がRSウィルスに感染しました。 低月齢の乳児がかかると細気管支炎...

初めての発熱、そして入院~尿路感染症~

子供が生まれて初めて発熱した時のおはなしです。初めての育児での子供が発熱長男が生後三ヶ月になるちょう...

カラダノートひろば

感染症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る