カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 風邪 >
  4. 暖房をつけるとのどが痛い…のどの感想と痛みの関係性

気になる病気・症状

暖房をつけるとのどが痛い…のどの感想と痛みの関係性

 

寒い冬は暖房をつけないと寒くて過ごせないですよね。体は温まるけど今度は乾燥してのどが痛い…知っているようで知らない「乾燥するとのどが痛くなる」メカニズムをご紹介します。

 

 

のどの乾燥と痛みの関係性

のどが乾燥すると痛みを伴うのはなぜでしょうか。のどの粘膜では、細菌やウィルスがくっつかないよう動きをよくしてのどの洗浄・殺菌をしてくれる唾液が重要な役割を担っています。ところが、乾燥によって唾液の量が減って、粘膜を覆う粘液が固まるとこの粘液の動きが悪くなり、細菌やウィルスが付きやすくなるのです。結果、のどに付いてしまった細菌やウィルスがのどに炎症を起こし、痛みを感じるのです。

 

湿度を保とう

のどの潤いを保つベストな湿度は約60%といわれています。実際エアコンなどをつけると部屋の湿度は40~50%くらいになり、冬の季節、外では湿度は20%くらいまで低くなります。部屋にいるときは加湿器や濡れタオルを干すといったことで湿度を上げましょう。コップにお水を入れておくだけでも効果はあります。外ではマスクをしたり、マフラーで口元を巻くということで、のどに快適な湿度を作り出すこともできます。しかし、湿度は上がりすぎてもカビや雑菌の繁殖につながってしまうので、湿度計等で適切な湿度を確認しながら対策をとりましょう。

 

ほかにもある対策

うがい…コレは全ての基本になります。うがいをすることでのどが刺激され分泌物が出てのどを潤してくれます。

こまめな水分補給…のどの粘膜に湿り気を与えるだけでなく、ウィルスを洗い流してくれます。

すっぱいものを食べる…梅干やレモンなどすっぱいものは唾液の分泌を促してくれます。

飴をなめる…オフィスや電車の中でもできますね。のど飴でも普通の飴でも口腔内に潤いを与えてくれます。

 

 

空気の乾燥はのどだけでなく、お肌も乾燥してしまいます。程よく湿度を上げて快適に過ごしましょう。

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/02/21-014359.php])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

風邪に関する記事

胃腸風邪にかかったら野菜スープで栄養補給!栄養の多い夏野菜を使う場合はこれに注意!

梅雨時期から夏にかけては胃腸風邪にかかる人が多くなります。胃腸風邪は消化器官に...

風邪予防にも!『飲む点滴』栄養価の高い甘酒で、寒い冬を乗り切ろう!

甘酒には豊富な栄養素がたっぷり! 『甘酒』といえば、冬に風邪の予防の意味も込め...


手軽にできる乾布摩擦で風邪を予防しよう!

一昔前は良く見られたという乾布摩擦ですが、真冬の寒空の下、上半身裸になって手...

暑い夏に厄介な夏風邪!大人の夏風邪症状と効果ばつぐんな対処法☆

ただでさえ夏場の暑さに気だるさが抜けない毎日ですね。そんな時にかかってしまう夏...

カラダノートひろば

風邪の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る