カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 紫外線対策 >
  4. 時期 >
  5. 雪焼け予防としての日焼け止めの塗り方

美容・ダイエット

雪焼け予防としての日焼け止めの塗り方

 

ウィンタースポーツとしてスキーやスノーボードを冬の時期に楽しむ人もいると思います。そうした雪の環境では思っている以上に紫外線を浴びますから、日焼け対策を十分にする必要があります。

 

 

夏以上に考えなければならない雪焼け

日焼け止めと言っても夏の紫外線対策と同じでは?と思う人もいると思いますが、そう簡単に考えられるものではありません。頭上の太陽から直接あたる日光と、雪が日光を照りかえして襲ってくる光との両方を考えなければいけないのです。

 

忘れやすいところ

…夏でも耳の上の縁は日焼け止めを塗り忘れてしまって、気づいたらヒリヒリと焼けていたということもあると思います。これと同様に耳の上の縁、そして耳の裏、耳たぶの部分など様々な角度からの光を考えて日焼け止めを塗るようにしましょう。

あごの下

…夏の感覚で日焼け止めを塗っていると、あごの下などを忘れてしまいます。しかし雪からの照り返しを考えたら下からくる光を想定して日焼け止めを塗らなければいけません。特にあごの下は忘れやすい部分ですし、洋服で擦れてすぐにとれてしまいますから、何度も塗り直す必要があります

…もちろん唇も日焼けします。そのためリップクリームも紫外線がカットできるものを選びましょう。唇は敏感な部分ですから、何度もリップクリームを塗り直すようにしましょう。

 

何度も塗り直すことがいい

海で体を焼くのと違って、雪焼けは汚く焼けることが多くあります。これは体にあたる光が均一にならず、場所や状況によって変わってしまうためです。そうならないためには日焼け止めはこまめに塗り直す必要があります。

 

 

冬の紫外線はシミになりやすいとも言いますから、十分に日焼け止め対策をしましょう。

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2011/02/08-345284.php])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

時期に関する記事

どの季節が最も紫外線が強いのでしょう?季節ごとの紫外線の特徴

晴れた日は日光にあたり、気分をリフレッシュさせたいところですが、日光に含まれる...

夏バテ防止!ウォーキング中の熱中症には気をつけて!喉が渇かなくても定期的に水分摂取を

  夏に多くの患者数を出してしまう熱中症の症状。 重度の場合には、入院を...


住む地域で紫外線量も違う?紫外線の強い時間帯・地域・注意点

紫外線は日光に含まれる肌や髪の老化を促進するもので、紫外線から皮膚や髪を守るこ...

「生理前の肌」は紫外線に弱くなっている!?生理前は特にしっかりとUVケアをして!

     女性は日によって、「日焼けをしやすい日」があるということを知っていまし...

カラダノートひろば

時期の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る