カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 親の歯並びが子どもに遺伝するって本当?歯並びが悪いことの影響とは?

気になる病気・症状

親の歯並びが子どもに遺伝するって本当?歯並びが悪いことの影響とは?

子供のころから歯並びが悪かったけれど、親の歯並びも悪かったのでしょうがないと思っていたという方は多いようです。また、自分に子供が生まれると歯並びで苦労させるかと心配になる方もいます。

歯並びははたして本当に遺伝するものなのでしょうか。

 

●歯や顎の大きさは遺伝する

遺伝子は親の体質や体格、顔の雰囲気などを受け継いで子供に伝えています。顎や歯の大きさにも遺伝の要因はあります。

顎の大きい親を持つ方は必然的に顎が大きくなりやすく、顎が小さいのに歯が大きい両親を持つ方は同じ特徴を受け継ぎやすいようです。

 

●歯並びは基本的に遺伝しない

顎の大きさ、歯の大きさには遺伝的要因が大きいですが歯並びについては遺伝の要素は少ないと言われています。

ただし、顎に対して歯が異常に大きく育ってしまうなど遺伝する部分がかかわることもあります。そのため、遺伝的な要素を絶対にゼロであるとは言えないのです。

並び方の遺伝はないが、歯の大きさ・顎の大きさのアンバランスによって歯並びが悪くなることはあります。

 

●生活習慣にも注意が必要

顎の大きさと歯の大きさのアンバランス以上に問題となるのは生活習慣です。

乳歯の虫歯を放っておいたり、片方のみで食べ物を噛んだりすると歯並びが悪くなることがあります。また、頬杖をし続けることも歯並びには悪影響です。

このように遺伝的な要因よりも後天的な要因で歯並びが悪くなるという子が多いので、早いうちから親御さんがしっかりケアしてあげる必要があります。

歯科検診はもちろんとして、普段の生活でもバランスよく噛むことを教えてあげましょう。

 

歯並びの遺伝的な要因は少ないです。顎と歯の大きさの違いから歯並びが悪くなるケースもありますが、それよりは生活が原因という場合の方が多いと考えられます。

 

口の中にできる「ちまめ」は口の中を噛むことが原因?

大豆より小さいようなサイズで、柔らかくぶよぶよした血豆がいつの間にか口の中にできていた、という経験をされたことはないでしょうか?

このような口の中に発生する血豆は、極稀に悪性の場合がありますが、ほとんどの場合ですと一時的なものですから安心なさってくださいね。

では、このような口の中にいつの間にかできている血豆の発生原因は一体何なのでしょうか?こちらで簡単にご紹介したいと思います。

 

◆口の中にできる血豆の原因は何?

通常、血豆は自分で口の中を噛んでしまったり、歯磨きの際に先をぶつけてしまうことなどがきっかけとなり生じることがあります。

また、噛み合わせが悪いために、歯ぎしりや食事の時、または睡眠時に無意識のうちに口の中を噛んでしまうことにより、血豆ができる事があります。

 

通常はそのまま放置していても、破れた後に口内炎のようになってそのうちに治ってしまうことがほとんどですから、もし口の中に血豆ができたとしてもご安心下さい。

しかし、頻繁に生じるようでしたら、一度口腔外科を受診されることをお勧めします。

 

◆口の中を噛むことが原因じゃない?

口の中にできる血豆は、上記のように口の中を噛んでしまうことが原因となって生じることがほとんどですが、風邪を引いた後などに口腔粘膜が赤く腫れたり、荒れたりすることにより生じることもよくあります。

ですが、こうした場合には体調が回復すると自然に治ってしまうことがほとんどです。

 

口腔内は敏感なので、他の部位に比べ症状が出やすい部位となっております。ですが、自然に治ってしまうことがほとんどですから、過度の心配はご無用です。

しかし、先述の通り、万が一頻繁に口の中に血豆が生じるような場合には、口腔外科などを受診して下さいね。

 

歯並びが悪いと口の中を噛む?

食事の途中で、よく口の中を噛んでしまうあるいはよく口の中を噛むようになったという場合、それは歯並びが原因にあるかもしれません。

 

口の中を噛むクセ?

たまに食べ物の噛み方が悪かったのか、思いがけないところで頬の内側あたりを噛んでしまうことは誰しもあると思います。

しかしそれが癖のようになっていたり、あるときからよく噛むようになったという場合は何らかの原因があると思う方が自然です。

考えられる原因の一つが歯並びです。特に頬の内側の肉と、歯の位置関係が重要です。

 

歯並びと口の中の肉

人の歯は、前歯から奥に行くにしたがって頬の粘膜に接近していきます。そのため、一番頬の内側に近くなっているのが親知らずで、その親知らずが肉をまきこんで噛んでしまう場合が最も多くあります。

これは歯の密集度が高いほど、そしてあごが細いほど顕著になります。

また、犬歯付近でも同様に肉をまきこんで噛んでしまうことがあります。特に八重歯がある場合、他の歯よりも外側に出ているので、唇の一部をまきこんで噛んでしまうことがあるのです。

 

本来は自分で調節している

実際人の体はそうした歯並びによっての噛みやすさに対して自分で調節してくれています。口の中は粘膜ですからあまり傷つけたくはありません。

そのため、噛みこまないように筋肉が緩んだり、噛む位置を無意識のうちにずらしていたりします。しかしそうして体が調節してくれるにもある程度時間がかかります。

そのため、急激な変化などが起こると体の調整が追いつかずに口の中を噛むようになってしまうのです。

 

放っておけばいずれは自分の体が調節してくれますが、それ自体が体のバランスを崩すことにもつながりかねないことを知っておきましょう。

 

口の中を噛むのは歯並びが原因だった!?歯の移動・親知らずの影響とは    

美味しく食事をしているときに、ガリッと口の中を噛んでしまってにじむ血の味に不快な思いをする方は、きっと多いかと思います。

 

そもそも、歯の構造上、口の中の頬の粘膜は奥に行けば行くほど歯に接近した位置に近づくような作りになっています。そのために、歯の奥では親知らずなどの奥歯が一番頬の粘膜を噛み込みやすいとされています。

噛み込みやすいのは口の奥だけではありません。前歯周辺でも犬歯付近の歯の形や状態によっては、唇の一部を巻き込んで噛んでしまう場合もありますから注意が必要です。

 

つまり、口の中を噛んでしまう現象には、歯並びが大きく関係していると言えます。こちらでは、特に口の中を噛んでしまいがちな歯並びに着目し、簡単にご紹介したいと思います。

 

◆急な歯の形の変化

口の中を噛んでしまう原因の中で最も多いのが、歯が従来とは違う形になってしまった場合になります。虫歯の治療などで奥歯を削った後に被せた物などにより、従来の歯の形と異なったり、あるいは仮歯などが入った時がこのケースに当てはまります。これはやはり、その歯にまだ慣れていないことから生じるのだと考えられています。

 

酷い場合には、わずか0.5mm程度のささいな形の変化により、噛んでしまうといった場合もあります。このように、歯の形状や位置によって口の中を噛んでしまいがちになるときには噛みこむ部分の歯の形態を従来のものに近づける、あるいは粘膜より少しでも離れるように歯を削ることで改善されます。

 

◆歯の移動や親知らずの影響

歯ぎしりなどが癖になってしまっていると、度重なる歯ぎしりによって歯の形が崩れてしまうことがあります。

鋭く削ったように削れてしまうので、通常ならば頬の粘膜を巻き込まないような歯が粘膜を噛み込みやすい形状になり、粘膜が巻き込まれやすくなることがあります。

 

また、よくあるのが徐々に生えてきた親知らずのせいで粘膜とのスペースが無くなり、次第に噛み込みやすくなることです。

削っても改善されないほど粘膜とのスペースがない位置に親知らずが生えてしまった場合には、抜歯するほうが賢明である場合もあります。

 

このように、口の中を噛んでしまうのと歯並びは大きく関係しあっています。ですので、あまりにも口の中を噛んでしまい、悩まされている方は一度歯医者さんに相談されてみてはいかがでしょうか。

 

「舌で歯を押すクセ」が歯並びの悪さにつながる!舌のクセを治すにはこの2つの訓練で!

どんなにイケメンで、どんなに美女でも、ニコッと笑ったときの歯ががちゃがちゃで悪い歯並びをしていたらちょっと残念ですよね。歯並びというのは何で決まるのでしょうか。遺伝も要素の一つですが、それと同様に気をつけられるのが子どもの頃の習慣です。お子さんが大きくなったとき、人に残念に思われないためにも親御さんが注意し、改善してあげたいものです。

 

舌を出すクセがある子には「舌の訓練」を!

子どもで舌で前歯の裏側を押すクセや、そのまま舌を出すクセがある子がいます。このクセを続けていると前歯が継続的に押されて前方に飛び出た形になってしまうことがあります。こうしたクセに原因には筋肉の弱さがあります。普通、人がリラックスしているときは、舌が上あごにはりついています。しかし、リラックス時に前歯を押してしまうということは、舌を上あごに持ち上げる舌骨上筋が弱いということです。

 

訓練1「舌の筋トレ」

舌全体を上あごに吸いつけて「ポンッ」と音を出します

筋トレといっても難しいものではなく、ただ舌を鳴らすというものです。

これは舌が前方に出ないように、上あごについた状態を身につけてもらうため、さらに舌の筋肉を鍛えることが目的です。

 

さらに舌のクセがある子は「口が開いている」ことが多い!

上記のクセがある子の場合、ボーっとしているときに口が開いてしまっていることが多いです。これも筋肉の弱さが原因になります。口元の筋肉が弱いことで、口が半開きになり舌が外に出やすくなっています。

 

訓練2「口元の筋トレ」

1.少し大きいボタンを用意して、ボタンの穴に40cmほどのひもを通しわっかにする

2.ボタンを前歯と唇の間にはさみ、奥歯を噛んで口を閉じる

3.唇に力を入れて、ひもをひっぱる

※勢いよくひっぱってしまうと危険です!

4.何度か行ったら、力を抜いて休む

 

子どものクセに気づいてあげること、そしてこうした予防をしてあげることで、将来の歯並びが大きく変わってくるかもしれません。まだ自宅で改善できる段階で、手を打っておきたいですね。

(Photo by: [http://pixabay.com/static/uploads/photo/2013/11/28/10/05/people-220038_640.jpg?i])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-14掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

歯に関する記事

歯の神経の痛みが原因で頭痛が?!治療後の注意点は?最新の『歯髄温存療法』

歯医者の話になるとたびたび『歯の神経』という言葉が出てくることがありますよね...

虫歯で頭痛…もしかしたら脳静脈血栓症かも?歯科医が治療してくれない理由!?乳歯が虫歯に!抜く?抜かない?

虫歯のときは頭痛がひどいという方もいるかもしれません。虫歯治療中の頭痛の多く...


歯周病の歯茎は血を出すべき!?

  歯磨きや歯石取りをおこなったとき、歯周病の傾向があるとびっくりするほど...

歯周病治療は肝機能まで改善させることが明らかに!再生療法や最新の治療法も

歯周病治療は長く時間がかかる場合が一般的ですが、歯の健康のためには致し方ない...

カラダノートひろば

歯の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る