カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 歯並び >
  5. 親の歯並びが子どもに遺伝するって本当?

気になる病気・症状

親の歯並びが子どもに遺伝するって本当?

子供のころから歯並びが悪かったけれど、親の歯並びも悪かったのでしょうがないと思っていたという方は多いようです。また、自分に子供が生まれると歯並びで苦労させるかと心配になる方もいます。

歯並びははたして本当に遺伝するものなのでしょうか。

 

●歯や顎の大きさは遺伝する

遺伝子は親の体質や体格、顔の雰囲気などを受け継いで子供に伝えています。顎や歯の大きさにも遺伝の要因はあります。

顎の大きい親を持つ方は必然的に顎が大きくなりやすく、顎が小さいのに歯が大きい両親を持つ方は同じ特徴を受け継ぎやすいようです。

 

●歯並びは基本的に遺伝しない

顎の大きさ、歯の大きさには遺伝的要因が大きいですが歯並びについては遺伝の要素は少ないと言われています。

ただし、顎に対して歯が異常に大きく育ってしまうなど遺伝する部分がかかわることもあります。そのため、遺伝的な要素を絶対にゼロであるとは言えないのです。

並び方の遺伝はないが、歯の大きさ・顎の大きさのアンバランスによって歯並びが悪くなることはあります。

 

●生活習慣にも注意が必要

顎の大きさと歯の大きさのアンバランス以上に問題となるのは生活習慣です。

乳歯の虫歯を放っておいたり、片方のみで食べ物を噛んだりすると歯並びが悪くなることがあります。また、頬杖をし続けることも歯並びには悪影響です。

このように遺伝的な要因よりも後天的な要因で歯並びが悪くなるという子が多いので、早いうちから親御さんがしっかりケアしてあげる必要があります。

歯科検診はもちろんとして、普段の生活でもバランスよく噛むことを教えてあげましょう。

 

歯並びの遺伝的な要因は少ないです。顎と歯の大きさの違いから歯並びが悪くなるケースもありますが、それよりは生活が原因という場合の方が多いと考えられます。

 

(Photo by: [//pixabay.com/static/uploads/photo/2013/11/28/10/05/people-220038_640.jpg?i])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

歯並びに関する記事

口の中を噛んでしまう原因は歯並びだけではなかった!?

  美味しく食事をしていても、ガリッと口の中を噛んでしまうと台無しになって...

「指しゃぶり」と「おしゃぶり」はどっちの方が歯並びに悪い?その答えは…

  顔立ちや体つきが人の印象を左右するように、歯並びというのも人の印象を決める...


遺伝よりも影響が大きい!?歯並びに影響する子どもの生活習慣ってなに?

  親御さんの歯並びが悪くて子どもの歯並びも悪いと、「歯並びは遺伝するもの」と...

子どもの歯並びが気になる!歯並びは遺伝しないが、「歯並びをつくる要素」は遺伝するかも!?

  親御さんで子どもの歯並びに関心がある人は多いと思います。例えば父親か母親の...

カラダノートひろば

歯並びの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る