カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 歯槽膿漏 >
  5. 歯槽膿漏で痛みを感じるなら重症の可能性が高い!

気になる病気・症状

歯槽膿漏で痛みを感じるなら重症の可能性が高い!

 

歯槽膿漏は歯周病の最終段階と言われており、歯槽膿漏がひどくなると歯が抜け落ちる危険性もあります。歯槽膿漏になると歯茎がぐちゃぐちゃになっていき、歯を支えることが難しくなります。

 

●歯槽膿漏は自覚症状がない

歯槽膿漏はサイレントキラー型、つまり全く症状がないままいつの間にか末期になっているという病気の一つです。

歯槽膿漏自体が歯周病の末期ではありますが、その中でさらに細かく初期、中期、末期と分類するとすれば歯を支える骨が溶けた状態が末期といえるでしょう。

歯槽膿漏で自覚症状が出てくるときには相当症状が進行しているときと言われています。歯槽膿漏がゆっくり進行していれば20-30年の間何の症状もなく過ごす場合もあるくらいです。

 

●腫れ・歯茎が痛い

歯槽膿漏が重症の可能性が高いということを踏まえて症状を見てみると、まずあらわれるのは歯茎の腫れや痛みです。最初は体調の悪いときなどに限定されますが、そのうちにいつでも歯茎が腫れて痛む状態が続きます。

腫れや痛みのせいでうまくものを噛めないというケースもあり、永久歯なのに歯茎から歯が取れそうになっていてその付近が痛いという場合は極めて重症と考えられます。

 

●歯周ポケット3㎜以上で注意

歯周ポケットとは歯と歯茎の間で汚れが入り込んでしまうスペースのことです。健康な方なら0.5-2mm程度の歯周ポケットですが、歯槽膿漏の末期では6-8㎜以上の歯周ポケットを持っている方もいます。

歯周ポケットは3㎜以上で歯周炎と言われており、その時点では症状がありませんが治療しておくことが必要です。

歯槽膿漏に限らず歯周病は静かに、何の症状もなく進んでいく病気ですので早いうちに医学的な見地からの異常に対応していく姿勢が必要です。

 

歯槽膿漏で腫れや歯茎の痛みを感じる場合は相当進行していると言えます。

基本的に歯槽膿漏は初期(歯周病全体からみると歯槽膿漏は末期)の時点では症状がない病気です。その歯槽膿漏で症状が出ているならすぐに病院で治療を受けなければなりません。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/10/30-372324.php])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

歯槽膿漏に関する記事

歯槽膿漏になりやすい年齢を知って早めの対策を!

子どものころから虫歯に苦しめられているという人もいれば、大人になるまで歯医者...

歯槽膿漏が30、40代から増えてくるのはなぜ?その理由は歯と歯茎の溝の深さにあった!

  若いときに歯を失う原因として多いのは虫歯です。これに対して30、40代以降...


歯槽膿漏は完治しないって本当?

  歯槽膿漏は歯を失う可能性もある病気です。歯は歯肉の上に成り立っていますが、...

重度歯槽膿漏の治療・フラップ手術とは?

  歯槽膿漏は初期には歯石が歯肉の周りについているくらいですが重度になると歯肉...

カラダノートひろば

歯槽膿漏の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る