カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 酒・アルコール >
  4. お酒は厳禁!?頭痛がひどくなる?片頭痛とアルコールの関係

頭痛

お酒は厳禁!?頭痛がひどくなる?片頭痛とアルコールの関係

夜眠る前にお酒を飲んでリラックスするという方もいます。片頭痛持ちの方でもお酒が好きな方はいらっしゃるでしょうが、お酒との付き合いには注意が必要です。

 

お酒が持つ作用

お酒を飲むと体がホワホワと温かくなっていきます。そして人によっては顔が赤くなりますし、部屋が暑いなぁと感じる方も多いかもしれません。

 

お酒は血流を良くすることがわかっています。つまり、血管を広げて血液の循環をよくしているということです。

 

片頭痛と血管

片頭痛は血管の拡張によって起こるという説が一般的です。

 

アルコールを飲むと血管が拡張するので、当然片頭痛が起きます。このような理由から、片頭痛の方には過度なお酒はお勧めしません。

 

でも、飲みたい!という時には

ストレス解消にもなりますし、お酒の味が好きという方もいるでしょう。お酒を飲むときのポイントを守れば、片頭痛を起こさず楽しくお酒を飲むことも出来ます。

 

まず一つはその日の体調を考えることです。片頭痛が起きやすい環境にいなかったかどうか、女性ならホルモンの関係で片頭痛が起きやすい時期ではないかをチェックしてからお酒を飲んでください。

 

そして、飲むときには出来れば蒸留酒がお勧めです。ポリフェノールを含む赤ワインは片頭痛にはよくないと言われています。ポリフェノールも血管を拡張させる働きがあるからです。

 

ま適度にお酒を飲むことでストレス解消しているという方もいるでしょう。

お酒は馴染みの深い存在です。ですが、片頭痛持ちの方にはお酒はお勧めしません。

(Photo by //www.ashinari.com/)

著者: 麻波さん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

カラダノートひろば

酒・アルコールの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る