カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 口腔内 >
  4. 知覚過敏 >
  5. 知覚過敏でもホワイトニングできる方法はないの?

気になる病気・症状

知覚過敏でもホワイトニングできる方法はないの?

 

ホワイトニングで白い歯にするというのはもはや芸能人だけの話ではありません。審美歯科などで白い歯を目指すという方もいれば、自宅でホワイトニング剤を使うという方もいます。

 

●知覚過敏のホワイトニングは大変!

冷たいものがしみやすい知覚過敏を持っている方はホワイトニングをするのが大変です。その理由はホワイトニングに使われる薬が消毒薬と似ているからです。

知覚過敏を起こしている歯にホワイトニング液を入れるのは傷口に消毒液をかけるのとよく似ています。傷口に消毒液をかければ痛いですが、同じようにホワイトニングで歯が痛むこともあるのです。そのため、オフィスホワイトニングにしてもホームホワイトニングにしても知覚過敏のためになかなかホワイトニングに挑戦できなかったという方も多いです。

 

●弱めのホワイトニングなら知覚過敏でもOK

知覚過敏でもホワイトニングをしたいという方のために生まれたのが、弱めのホワイトニングもしくは知覚過敏用のホワイトニングです。まだ正式名称はありません。

弱めのホワイトニングではまずホワイトニング液の濃度を薄めます。これで大分しみなくなるのです。

その他にホワイトニングに使うライトもあまり熱がこもらないタイプにして最小限の刺激でホワイトニングを行います。このホワイトニング方法なら知覚過敏の方でも痛みをあまり感じることなくホワイトニングできます。

 

●弱めのホワイトニングは効果も弱め

一度のホワイトニングで歯を一気に白くしようと思えば、ホワイトニング液は濃度が高いものでなくてはなりません。

知覚過敏の際に行われる弱めのホワイトニングではホワイトニング液の濃度を高められないので、結果的に効果は弱めです。

普通なら1回で白くなるところを2-3回かけてじっくり白くしていくのが知覚過敏のホワイトニングの特徴です。

 

知覚過敏だとホワイトニング液やライトによる刺激で歯が痛んでなかなか普通のホワイトニングが受けられない場合もあります。ですが弱めのホワイトニングなら1回の効果は普通のホワイトニングよりも弱いですが、知覚過敏でも安心してホワイトニングできます。

 

 

(Photo by: [//pixabay.com/static/uploads/photo/2013/06/07/15/54/flower-122708_640.jpg?i])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

知覚過敏に関する記事

歯が死ぬ?!甘く見れない知覚過敏!

  たかが知覚過敏だと思ってませんか?痛みは一時的な物ですぐに治まるし、す...

知覚過敏の人におすすめなのは〇〇がない歯磨き粉

  冷たいものなどを食べると歯にズキズキとしみて、食べたいものもなかなか食...


歯がしみる、痛い!痛みから見る知覚過敏と虫歯の違い

最近CMなどでよく見かけるのが『知覚過敏』という言葉です。知覚過敏というのは...

知覚過敏?と思ったらオーラルケアチェックを!

  虫歯ではないのに、歯がしみる場合は知覚過敏かもしれません。   知覚過敏...

カラダノートひろば

知覚過敏の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る