カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 口腔内 >
  4. 知覚過敏でもホワイトニングできる方法はないの?”食事をしない”が治療法?おすすめなのは〇〇がない歯磨き粉!

気になる病気・症状

知覚過敏でもホワイトニングできる方法はないの?”食事をしない”が治療法?おすすめなのは〇〇がない歯磨き粉!

 

 

知覚過敏でもホワイトニングできる方法はないの?

ホワイトニングで白い歯にするというのはもはや芸能人だけの話ではありません。審美歯科などで白い歯を目指すという方もいれば、自宅でホワイトニング剤を使うという方もいます。

 

●知覚過敏のホワイトニングは大変!

冷たいものがしみやすい知覚過敏を持っている方はホワイトニングをするのが大変です。その理由はホワイトニングに使われる薬が消毒薬と似ているからです。

知覚過敏を起こしている歯にホワイトニング液を入れるのは傷口に消毒液をかけるのとよく似ています。傷口に消毒液をかければ痛いですが、同じようにホワイトニングで歯が痛むこともあるのです。そのため、オフィスホワイトニングにしてもホームホワイトニングにしても知覚過敏のためになかなかホワイトニングに挑戦できなかったという方も多いです。

 

●弱めのホワイトニングなら知覚過敏でもOK

知覚過敏でもホワイトニングをしたいという方のために生まれたのが、弱めのホワイトニングもしくは知覚過敏用のホワイトニングです。まだ正式名称はありません。

弱めのホワイトニングではまずホワイトニング液の濃度を薄めます。これで大分しみなくなるのです。

その他にホワイトニングに使うライトもあまり熱がこもらないタイプにして最小限の刺激でホワイトニングを行います。このホワイトニング方法なら知覚過敏の方でも痛みをあまり感じることなくホワイトニングできます。

 

●弱めのホワイトニングは効果も弱め

一度のホワイトニングで歯を一気に白くしようと思えば、ホワイトニング液は濃度が高いものでなくてはなりません。

知覚過敏の際に行われる弱めのホワイトニングではホワイトニング液の濃度を高められないので、結果的に効果は弱めです。

普通なら1回で白くなるところを2-3回かけてじっくり白くしていくのが知覚過敏のホワイトニングの特徴です。

 

知覚過敏だとホワイトニング液やライトによる刺激で歯が痛んでなかなか普通のホワイトニングが受けられない場合もあります。ですが弱めのホワイトニングなら1回の効果は普通のホワイトニングよりも弱いですが、知覚過敏でも安心してホワイトニングできます。

 

 

”食事をしない”が治療法?知覚過敏と酸

知覚過敏とは2層構造になっている歯の1層目(エナメル質)が溶けるなどして2層目(象牙質)に刺激が伝わり痛みなどを感じる事です。

 

知覚過敏には歯の磨きすぎでなってしまう物もあります。

しかし歯を磨く事はいいはずなのに、なぜそれが原因で知覚過敏になってしまうのでしょうか?

 

それは歯ぎしりやスポーツなどで食いしばったりして、歯に大きな負荷がかかると歯の根元などがもろくなるからです。

もろくなった所をゴシゴシと強い力で磨けば段々と削れて行ってしまうのは当たり前ですよね。

 

そして原因がもう1つあります。

それは食事や水分補給時に摂取した酸によって歯が柔らかくなり、食後すぐに歯みがきをすることで歯が削られてしまうというものです。

 

 

【 酸が多く含まれる物 】

食事はどうしても避けられません。

しかも私たちが口にするほとんどの物が酸を含んでいるのです。

 

< 飲料 >

・果汁飲料 ・炭酸飲料 ・スポーツドリンク ・チューハイ ・ビール ・ワイン等

 

< 食物 >

・レモン ・グレープフルーツ ・梅干し ・ミカンやリンゴ等のフルーツ等

 

< 調味料 >

・お酢 ・醤油 ・マヨネーズ ・ドレッシング等

 

< その他 >

・滋養強壮ドリンク ・ビタミン系サプリメント(液状・顆粒状)等

 

ここには挙げきれないほど、本当にほとんどの物が酸を多く含んでいます。

 

 

【 対処法 】

これらの酸を一切口にしないようにするのは不可能です。

なので間違った行動をしないようにしましょう。

 

食後すぐは強い酸によって歯のエナメル質もむき出しになった象牙質もやわらかくなっています。

このように酸性の食事や飲み物を飲んだあとには牛乳やチーズなどの乳製品を摂ると良いです。

 

その時なるべく時間をかけて飲み込んでください。

牛乳であれば噛むようにして飲むと効果的です。

 

そして食後1時間もすれば自然な働きで口の中の酸が中和されるので、そこでやっと歯みがきの出番です。

かたい歯ブラシでゴシゴシ磨くのではなく、やわらかい歯ブラシで細かく軽く磨いてくださいね。

 

ドラッグストアではやわらかい歯ブラシをあまり見ないので、見つからないようでしたら歯医者さんに行ってください。

歯ブラシの購入だけでも全然OKですよ。

 

 

普段体に良いとされる物が歯にとっては良くない物になってしまいます。

いつまでもおいしくご飯を食べるためにも、正しいタイミングで歯みがきをしましょうね。

 

 

知覚過敏の人におすすめなのは〇〇がない歯磨き粉

冷たいものなどを食べると歯にズキズキとしみて、食べたいものもなかなか食べられなくなる人もいる知覚過敏ですが、その原因ははっきりとはしていません。

普段使う歯磨き粉は、研磨剤の影響で知覚過敏との関係があります。

 

●研磨剤のない歯磨き粉がベスト

歯磨き粉で知覚過敏が引き起こされる原因は研磨剤にあります。研磨剤は名前の通りで歯を研磨して着色汚れを予防するなどの効果がありますが、歯のエナメル質を傷つけるリスクもあります。

知覚過敏になっている人はすでに歯のエナメル質が削られている状態なのでさらに象牙質露出部位が増えて、痛みを感じやすくなる危険性が指摘されています。

そのことから知覚過敏の人におすすめなのは研磨剤のない歯磨き粉といえます。

 

●知覚過敏予防用歯磨き粉の利用

知覚過敏の知名度が上がったきっかけのひとつが知覚過敏予防用の歯磨き粉と言われています。

知覚過敏の予防のために痛みという刺激の伝達を防ぐ成分、象牙質を守る成分を入れて効果的に知覚過敏予防を行っていくという歯磨き粉です。

あまり知覚過敏がひどくなければ知覚過敏予防用の歯磨きで知覚過敏の症状を抑えることもできるので購入してみるのもよいでしょう。

 

●着色汚れ除去と知覚過敏予防の歯磨き粉も登場

知覚過敏になって研磨剤のない歯磨き粉を使うと確かに知覚過敏はよくなったけれど、コーヒーなどの着色汚れが取れにくくなったと感じる方もいます。

最近では知覚過敏予防と着色汚れの除去を同時に行える歯磨き粉も登場したので両方に効果的にアタックすることも可能です。

 

知覚過敏の人は歯を研磨してエナメル質を薄くする研磨剤の入っている歯磨き粉は使わないようにしましょう。

知覚過敏用で着色汚れをある程度除去できる歯磨き粉も存在します。

 

 

(Photo by: [http://pixabay.com/static/uploads/photo/2013/06/07/15/54/flower-122708_640.jpg?i])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-14掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

口腔内に関する記事


甘いものが辛く感じる!?味覚障害の代表的な症状。ストレスから味覚障害になるって本当?治療法はひとつ!

味覚障害の症状は数多くありますが、いずれも口の中で味に関する障害が起きている...

アフタ性口内炎は疲労による免疫力低下が原因

  口内炎にもいくつかの種類がありますが、口の中を噛んで傷つけることを原因...

カラダノートひろば

口腔内の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る