カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 歯肉炎 >
  5. 歯周病以外にもある!歯茎が痩せる原因とは

気になる病気・症状

歯周病以外にもある!歯茎が痩せる原因とは

 

歯茎が痩せてきたなと思ったらまず疑いたいのが歯周病です。歯周病が進行していると、歯茎がぐちゃぐちゃになったり、痩せたりすることはよくあります。

ですが歯周病以外でも歯茎が痩せることがあります。

 

●年齢が原因で歯茎が痩せる

子供の歯茎とお年寄りの歯茎を比べてみると圧倒的に違いがあることがわかりますよね。子供の歯茎はピンとしているのに対して、お年寄りの歯茎は痩せていることが多いと思います。

老化現象のひとつとして歯や歯茎の変化があります。10年経つと2mm程度歯茎が下がることがわかっており、同時に歯茎も痩せてきます。

 

●歯科矯正で歯茎が痩せる

歯科矯正をしていると歯の位置が変わってきます。それは矯正という意味では目的達成なのですが歯茎まで矯正器具で歯とまったく同じように矯正できるわけではありません。

そのため、歯と歯茎の間に今までにはなかったスペースが出来たり、ある部分では歯と歯茎の距離が近づいたりもします。

歯の位置が変わることで一部の歯茎が下がってきたり痩せて来たりということは十分考えられます。

 

●歯磨きで歯茎が痩せる

歯磨きは虫歯・歯周病予防のために必須で、基本的なオーラルケアでもあります。

そんな歯磨きの力があまりにも強いと歯茎が傷ついて痩せてしまう可能性があるようです。特に男性は女性よりも力が強いので必然的に力を込めて歯磨きをしてしまう場合が多いようです。

 

その他に、研磨剤を含んだ歯磨きを長年使っていると歯茎まで傷つけて、歯茎が痩せることがあります。

 

歯茎が痩せる原因として歯周病以外に考えられるものには加齢によるもの、歯科矯正によるもの、歯磨きによるものなどがあります。

歯磨きによるものは、力をあまり入れずに丁寧に磨く、研磨剤の入っていない歯磨き粉を使うなどすると、ある程度は改善できます。

 

(Photo by: [//pixabay.com/static/uploads/photo/2012/02/22/20/11/bathroom-15612_640.jpg?i])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

歯肉炎に関する記事

歯周病の初期段階!歯肉炎を歯磨きで予防する

歯周病とは歯肉や歯槽骨など、歯に関係する組織に問題が起きる病気すべてを指して...

歯肉炎改善のための「歯磨き」!それにプラスして効果が大きくなる「歯茎マッサージ」がおすすめ!

  歯肉炎にならないようにするには、何をすればよいのでしょうか?通常の歯磨きで...


◆心臓病の意外な原因?!歯周病◆

    世間ではあまり知られていない事も多いこのお話。ざっくり言うと...

◆それは歯周病ぐらいひどい歯肉炎かもしれません◆

    ちょっと歯ぐきが腫れてるだけだし…と油断してはいけません!歯...

カラダノートひろば

歯肉炎の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る