カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. お風呂・スキンケア >
  4. 意外と勘違いの多い、お風呂上りの「湯冷め」!~冬の育児について~

育児・子供の病気

意外と勘違いの多い、お風呂上りの「湯冷め」!~冬の育児について~

 

「湯冷めをしないうちに、お風呂から上がったらすぐに寝なさい」と言われて育ったという人も多いのではないでしょうか。湯冷めをしないためには、お風呂からあがったら体があたたかいうちに布団に入るのが正解?じつは、ここが間違っている場合があるのです。

 

冷めは布団のなかで起こる

「お風呂からあがって遊んでいたら湯冷めするよ」

 

「お風呂から上がったらすぐに寝なさい」

 

かつて子どもだったころ、お母さんやおばあちゃんに言われたことがあると思います。

 

その言葉に従って、お風呂では熱いお湯に肩までつかって20までかぞえ、ぽっかぽかにあたたまったところですぐに布団に入っていた、という人も多いのではないでしょうか。

 

たしかに、手足がぽかぽかと暖かいまま布団にはいると気持ちが良いものです。しかし、お風呂で体が温まった状態のまま布団に入ることこそ、湯冷めの原因につながるのです。

 

「寝入りばなの放熱」

からだは眠りにつくときに、体温を下げようと放熱を開始します。眠たくなった赤ちゃんの手足が温かいのはこのためです。体温には日内変動といって、高い時間帯と低い時間帯があり、夕方頃の体温が最も高く、早朝の覚醒前が最も低くなります。寝ているときには体温が低くキープされることによって、基礎代謝量をおさえ、からだを休めることができるのです。

 

眠るときに本来の体温よりも高い体温だと、からだは一気に体温を下げようとして汗をかかせます。また、放熱により布団の中に熱がこもって体温が下がりにくくなるため、さらに大量の汗をかくことにつながります。

 

汗は次第に冷えて、体幹部分を冷やします。これにより体が冷えて、本当の意味での湯冷め、あるいは寝冷えが起こります。

 

湯冷めを防ぐには

湯冷めや寝冷えを防ぐためには、お風呂上りにすぐに寝るのではなく、からだが入浴前の体温に戻るまで時間を置いてから寝るようにします。お風呂は寝る直前にではなく、寝る1時間ほど前までに済ませておくのが良いかもしれません。

まとめ

寝冷えは、腎臓に影響しておしっこが近くなりおねしょにつながったり、自律神経に作用して下痢をしたり、からだのだるさやのどの痛みといった風邪と同じような症状を引き起こすことがあります。湯冷めと寝冷えに気を付けて、気持ちの良い睡眠を確保したいですね。

 

photo by://www.ashinari.com/2009/06/21-022785.php

著者: seasideさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

お風呂・スキンケアに関する記事

赤ちゃんの湯冷め防止に長湯をしてじっくり温まるべき?湯冷め防止の秘策とは

赤ちゃんとのバスタイム。 ミルクに飲み物、オムツなど事前に準備することがいっ...

冬に子供とお風呂にはいるときはこんなところに気をつけて!

  寒い冬に子どもとお風呂に入るときは、自分ではいるときに比べ、倍くらい時間も...

お風呂・スキンケアの体験談

BODY♡*クリーム(•˙³˙•)

乾燥の季節になってきました♪ みなさんは赤ちゃんにどんなクリームやローションを使ってますか??...

お風呂大っ嫌いからお風呂に慣れるまで

新生児の頃、沐浴するとほわ~と気持ちよさそうな顔をし、お風呂好きで良かったねーなんて安心していたので...

カラダノートひろば

お風呂・スキンケアの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る