カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 脳・神経 >
  4. パーキンソン病 >
  5. パーキンソン病診断に使用される特徴的な4つの症状

気になる病気・症状

パーキンソン病診断に使用される特徴的な4つの症状

 

パーキンソン病を診断する場合、この値が高いからパーキンソン病だ、この病変があるからパーキンソン病だと決定的に言えるわけではありません。そのためパーキンソン病に似ている症状を生じるような他の病気の可能性を排除していくことが診断を下す上で重要になります。

 

 

診断をする上で重要なことの一つが患者にあらわれる症状です。パーキンソン病の場合、主に以下の4つの症状を見て診断することになります。

 

手足の震え

パーキンソン病の初期症状として見られることが多いのが手足の震えです。どの様な震えが見られるのかと言うと、以下のような震えが見られます。

何もしないでいる安静時に震えの症状が出る

睡眠時に震えの症状は出ないが、起きると震えの症状が出る

体を動かすとき、あるいは震えを意識して止めようとするときに震えが止まる

震えの症状が強い場合には唇や顔が震える

 

筋肉がこわばる

筋肉がこわばってかたくなり、特に手足が動かしにくくなります。これもパーキンソン病の初期症状としてよく見られる症状で診断の基準になります。具体的には以下のような症状が見られます。

関節をうまく回せなくなった

足や腕の曲げ伸ばしがやりにくくなった

これらは筋肉は正常なのですが、筋肉が過緊張の状態になっているために起こるものです。

 

動作が鈍くなる

個々の動作が鈍くなり、全体的に動作が小さくなります。具体的な症状は以下のようなものです。

歩くときの歩幅が小さくなった

浴槽をまたげなくなった

顔の表情が乏しくなった

話し方が単調で、小さな声でボソボソとしゃべるようになった

 

歩行障害・姿勢反射障害

動作が鈍くなる症状と似ていますが、歩行時に最初の一歩が出にくくなったり、歩き出すまでに時間がかかったりします。具体的な症状は以下のようなものです。

前かがみの姿勢になる

急に立ち止まったり、方向転換したりができない

軽く押されただけで簡単に転んでしまう

 

 

下二つの症状が見られる頃には中程度に進行している状態です。

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2010/11/02-341669.php?category=52])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

パーキンソン病に関する記事

様々な脳の病気?多系統萎縮症ってなに?

多系統萎縮症とは、オリーブ橋小脳萎縮症、線条体黒質変性症、シャイ・ドレーガー...

多系統萎縮症と診断されたら…申請と給付手続き

あまり聞き馴染みのない病気。診断されたら、本人も家族も受け入れることにある程...


脊髄小脳変性症によって生じる運動失調 生活に影響するその症状とは?

 脊髄小脳変性症により出現する症状。ここでは主に運動失調の症状がどんなことが...

早期パーキンソン病で使用される2種類の薬

  脳内のドーパミンが不足し、手足のふるえなどの運動症状や、全身症状、精神症状...

カラダノートひろば

パーキンソン病の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る