カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 基礎知識 >
  5. 歯茎マッサージが持つ効果とやり方

気になる病気・症状

歯茎マッサージが持つ効果とやり方

 

健康な歯茎はピンク色をしており、触るとやや弾力があります。健康な歯茎を持っていると若々しく見えるという審美的なメリットもありますし、歯の根元に出来る虫歯を予防できるという医学的なメリットもあります。

そんな健康な歯茎を守るためにお勧めしたいのがマッサージです。

 

●マッサージで老廃物を流す

歯茎のマッサージによって得られる効果は老廃物を流すということです。マッサージをすると血行が良くなって血液やリンパ液に老廃物を乗せていけるので歯茎の老廃物は少なくなります。

同時に歯茎を作る・守るための栄養分も運ばれてくるので老廃物を流しながら上手に歯茎を生まれ変わらせることが可能です。

 

●歯茎をなでるだけのマッサージ

歯茎は人間の組織の中でもそれほど大きくはないので、少しの刺激でしっかりとマッサージの効果を得られるのがメリットです。

歯茎マッサージのやり方は簡単で、人差し指で歯茎をなでていくだけです。

歯茎を上下、左右で4つのブロックに分けます。そしてそれぞれのブロックで2-5回ずつ歯茎を撫でるだけでマッサージ完了です。

 

●歯茎マッサージの注意点

歯茎マッサージはやればやるほど効果が出るものというわけではありません。

適切なのは1日1回程度、多くても1日2回までにとどめておいた方が良いです。

また、歯茎マッサージをするときには歯茎を傷つけないように、衛生面に問題がないように十分な注意が必要です。手を洗ってからマッサージしてください。

歯茎を傷つけないようにするためには爪を立てない、爪をある程度切っておくことがポイントです。

 

歯茎のマッサージをすると老廃物が流れやすくなり、新しく健康な歯茎を作る助けにもなります。歯茎を前後左右4ブロックに分けて2-5回マッサージするだけでOKで、1日1回行うのがおすすめです。

 

(Photo by: [//pixabay.com/static/uploads/photo/2013/07/23/23/23/blue-166442_640.jpg?i]) 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

歯が痛くて熱が出る理由と対策

歯の痛みと熱は一見関係ないように見えますが実は歯の痛みと熱を同時に体験してい...

歯磨き粉に含まれる殺菌剤『トリクロサン』は、肝臓がん発症に繋がる?!

近年、歯磨き粉に殺菌剤として配合されている『トリクロサン』という物質が、肝臓が...


歯の数って何本が普通?多い・少ないのは異常?病気?

自分の歯の数をじっくり数えたことがあるという方は少ないかもしれません。普段の...

八重歯ってなんでできるの?かわいい八重歯は虫歯になりやすい厄介者だった!

  日本では八重歯はかわいさの象徴として捉えられているようですが、海外ではどち...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る