カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 親知らずで知っておきたいこと~抜歯の痛みの原因やケア、治療法や費用まで

気になる病気・症状

親知らずで知っておきたいこと~抜歯の痛みの原因やケア、治療法や費用まで

親知らずは、生える人もいれば生えない人もおり、生えたとしても周囲の歯周組織や歯に影響を与えなければ取っておくことが出来ます。

 

一方で周囲の歯を押していたり、周囲の歯に虫歯を作りやすい親知らずというものもあります。横・ななめに生えている親知らずは問題があるケースが多く、抜歯ということも考えられます。

 

●親知らずの抜歯後、痛みのピークは2-3日後

親知らずが歯肉に埋まっている場合、横向きに生えている場合などは抜歯した後に腫れや痛みが見られるケースも非常に多いです。

 

親知らずの抜歯で痛い思いをしたという方は、その多くが歯肉にがっちりと埋まる形か、横の歯を押す形で生えていた方とも言われるくらいです。そんな腫れや痛みのピークは大体術後2-3日で、痛みの他に発熱する場合もあります。

 

●腫れが引くまでは運動・飲酒厳禁

親知らずを抜歯して腫れや痛みがある場合は、腫れ・痛みが引くまでは運動と飲酒は厳禁です。血行が良くなると痛む部分への血流も増え、痛みを増大させます。日常生活での動作程度は問題ありません。

 

腫れが引くまでには2-8日くらいかかると言われているので、運動習慣のある方、飲酒習慣のある方は一時的に休んでください。腫れが引けば徐々に再開してOKです。

 

●冷やしたタオルが大活躍!

親知らずの抜歯後の痛み対策に有効なのが「冷やしたタオル」です。腫れというのは必然的に熱を持っているので、冷やしたタオルで腫れている部位を外から冷やすと痛みが和らぎます。タオルの水気が気になるなら、保冷剤をタオルにくるんだものなどで手当てするのも効果的です。

 

親知らずの抜歯後の腫れ・痛みのピークは抜歯から2-3日後で、腫れが引くのには1週間程度かかることもあります。

 

腫れが引くまでは運動と飲酒は控えて、冷やしたタオルなどで痛みを緩和してみてください。

 

定期的に痛む親知らずの炎症の原因と治療

親知らずは人間の歯の中で永久歯に続き最後に生えてくる歯です。親知らずの本数は0-4本で、一生親知らずが生えないという方もいます。

そんな親知らずが炎症を起こしてしまうというケースもみられます。

 

●親知らずの炎症の原因は汚れや口内炎

親知らずの炎症の原因としてよく挙げられるのは汚れ・口内炎です。親知らずが生えてくるということは1本もしくは4本分、今までにはなかった歯に口の中が対応しなければならないということです。

従来からあった歯のすぐ横に親知らずが生えてくることで歯が磨きにくくなり親知らずと歯の間に汚れがたまって炎症が起きるケースが多いようです。

その他に、上下の親知らずの噛み合わせが合わないことによって下の歯が上の歯肉を、上の歯が下の歯肉を傷つけてしまうこともあります。

 

●抜歯治療で歯の健康を守る

親知らずの治療の代表といえばやはり抜歯治療です。親知らずを抜くことで従来からある歯や歯茎に汚れを溜めにくくすることが出来ます。

するとしっかり歯磨きが出来るようになって最終的には虫歯や歯周病の予防にもなるというわけです。

定期的な歯科検診で親知らずが周囲の歯や歯周組織に問題を与えていることがわかったら早めに抜歯などを検討した方がよいです。

 

●抜歯は1週間で腫れが取れる

歯周組織に問題を与えているような親知らずを抜いた場合、痛みは最低でも2-3日は続きます。

抜歯後1週間までは頬のあたりに腫れが見られることが多く、飲酒や激しい運動は厳禁となっています。ただし、1週間から10日が過ぎれば徐々に腫れが目立たなくなり1か月もすれば違和感もなくなります。

 

親知らずが炎症を引き起こす場合には親知らずと歯の間に汚れが溜まっていたり、噛み合わせが悪くて口内炎が出来ているケースが考えられます。

周囲の組織に問題を与える親知らずは抜歯で取り除くことも必要です。

 

口臭の原因になる親知らず…磨きにくい親知らずを、どんな道具で、どうやって磨けばいいの?

前歯というのは当然、鏡に写せば目で見ることができます。舌も歯の表面に簡単に届きますし、歯がきちんと磨かれているかどうかが比較的分かりやすいです。しかし奥歯は、位置的に鏡で見て磨くことが難しく、汚れを確認するのも困難です。その奥の歯の最たるものが親知らずです。

 

親知らずは磨きにくい!

親知らずは上下一番奥にある歯ですから、歯ブラシが非常に届きにくいです。さらに親知らずの生え方によっては、食べかすがつまりやすく、かつ、歯磨きがしづらいので、どうしてもその部分の環境が悪くなってしまいます。

食べ物のカスがたまっていくと、いくら歯を磨いても消えない口臭になってしまいます。すると歯磨きをしても、口臭予防グッズを利用しても全く効果を得られません。

 

じゃあどうやって親知らずを磨いたらいいの?

親知らずの生え方にもよりますが、特に親知らずが真っ直ぐに生えておらず、隣の歯に傾いて生えているようだと、普通の歯ブラシで親知らずをきれいにするのは難しいです。そのため普通の歯ブラシだけでなく、特別に親知らず用の道具を使って掃除する必要があります。

 

用意する親知らず用の道具

ヘッドがなるべく小さい歯ブラシ

Y字型フロス

 

磨き方

1.奥歯はそもそも大きい歯ブラシでは届きにくいので、ヘッドの小さい歯ブラシを使用して奥歯を磨きます。このとき歯茎を傷つけてしまうと歯周病などの原因になりえますから、歯茎を傷つけないよう、小刻みに動かしながら、大まかに親知らずを磨きます。歯の表面はこの歯ブラシで十分きれいにすることができます。

2.表面が磨けたら、今度は食べかすが溜まりやすい歯と歯の間です。ここで使用するのが、奥歯でも簡単に通せる「Y字型デンタルフロス」です。Y字型ならば口の奥に入りやすく、比較的歯間の掃除が楽です。

3.最後に、一番忘れがちな親知らずの奥の面の掃除です。フロスを歯面に沿わせるようにして磨き、汚れを落とします。

 

最初はフロスをすると強いにおいがすることがありますが、続けていくうちに次第ににおいが消えていきます。においが消えるまで続けて、におい対策、さらには親知らずの虫歯、歯周病対策に役立ててみてください。

 

親知らずを抜歯した後に注意すること         

親知らずは本来人間が必要とされる歯の本数よりも余分に生えた歯という位置づけで抜歯される場合が殆どです。

 

その理由として、歯の一番奥にあり、まっすぐに生えてこず、虫歯や歯周病の原因となり、将来的に痛みや炎症を起こしやすいこと、また歯の一番奥にあるため治療がし辛いということが挙げられます。

 

いざ親知らずが痛み出して抜歯をすると決まった場合は以下のことに注意しましょう。

 

1. 抜歯直前の体調は大切

・女性は、生理中は避ける。

・風邪などの体調不良時は避ける。

 

2. 抜歯後は安静にする

・仕事や車の運転は避ける。

・アルコールは飲まない。

・入浴や運動はしない。

・1時間以内は食事をしない。

 

3. 抜歯後の創部の清潔・安静を保つ

・抜いた穴の部分は触らない。

・血が出るからと言ってうがいを何度もしない。

(出血が止まらない場合はガーゼや綿球、清潔なティッシュを丸めて噛む)

 

4. 抜歯後のはれや痛みは放置しない

・晴れた場合は幹部を冷やす。

・痛みが続いた場合は痛み止めや抗生物質を服用する。

・痛みが続く場合(1週間以上)は、受診する。

 

抜歯後の穴が上手く塞がらず、骨の一部が見える状態(ドライソケット)の場合は、感染症の原因となる場合が多いため、きちんとした治療が必要です。

 

痛いけれど、我慢していればいずれ治るだろうと安易に判断せず、きちんと歯科医に相談してください。

 

歯並びを悪くする親不らずを取るには

親不らずはその本名を下に出来た場合は下あご第三大臼歯、上に出来た場合は上あご第三大臼歯といいます。その他に知恵歯などの俗称も持っています。

 

●親不らずはいつごろ生えるの?

自分の歯が生えることを完璧に覚えているという方は、乳歯の場合はほとんどいないでしょう。乳歯は3歳半くらいまでには生えそろってしまうので自分でも知らないうちに歯が生えているのです。

永久歯なら小学生から中学1-2年生で生え変わるので歯が抜けて新しい歯が生えていたのを覚えているという方も多いです。

では親不らずはというと、親不らずは永久歯が生えてしばらくしてから、一般的には20歳くらいで生えると言われています。

ただし、必ず誰にでも生えるわけではなく生えそろわないまま一生を終わる人もいます。

 

●親不らずが歯を押す

親不らずが生えてくるときの問題のひとつがすでにあった歯を押してしまうということです。親知らずは上あごもしくは下あごの一番奥に生えます。

そのときに生える方向は人によって違い、場合によっては真横に生えて歯を押す可能性も否定はできません。

もともと顎にぴったりだった歯も親知らずという1本が入ることでバランスを崩してしまい、歯や顎が痛むこともあるのです。

 

●親不らずは抜歯可能

親不らずは抜歯することも可能です。歯並びや親不らずの隣の歯への影響を考えて必要があればドクターと話し合って抜歯しましょう。

親不らずの抜歯にかかる時間は30-90分程度、親不らずを抜いたあとの歯肉の縫合に糸を使うのでそれを抜糸するために1週間くらい後に再度来院します。

なお、横向きに生えてほかの歯を圧迫したり歯肉を傷つけたりしている親不らずは保険適用内の治療となります。

 

親不らずは高校生から20歳くらいのときに生える歯で、人間の歯としては最後に生える歯です。

親不らずが横向き、ななめに生えることで隣の歯や歯並び全体に影響を及ぼしている場合は抜歯するという選択肢もあります。

 

難易度別:親知らずの抜歯にかかる「時間」と「費用」…どんな親知らずにどれくらいかかる?

親知らずの抜歯というと、その言葉を聞くだけで何とも痛そうな印象を受けます。親知らずというのは、特に問題なく生えてくる場合もありますが、変な方向に生えてきてしまう場合や、生えていなくても埋まっている向きがおかしい場合には、抜歯が必要です。ここでは親知らずの抜歯の「時間」と「費用」について書いていきます。

 

親知らずの抜歯にかかる「時間」や「費用」は親知らずがどんなふうに生えているか、埋まっているかによって大きく変わってきます。ここでは親知らずの抜歯の難易度を3つに分けて、それぞれの「時間」と「費用」を紹介していきます。

 

レベル1:まっすぐな親知らず

他の歯と同じように真っ直ぐに生えている親知らずの場合、抜歯は比較的簡単です。この場合他の歯と同じように生えているので、親知らずが生えていても痛みや晴れが非常に少なく、場合によっては抜歯が必要ないこともあります。

抜歯所要時間:約5~10分

抜歯のみの費用:約800円

(レントゲンや診察料などを合わせると3000~4000円程度)

 

レベル2:斜めに生えた親知らず

歯自体が斜めに生えきてしまっていて、親知らずの前の歯を押している場合、親知らずが太くて抜けにくい場合などはスムーズに抜歯することができない、少々難しいケースになります。この場合他の歯に与える影響や、細菌をため込みやすい環境になりやすいことなどから痛みや腫れが強く出ます。

抜歯所要時間:20~40分

抜歯のみの費用:約1500円

(レントゲンや診察料などを合わせると5000~6000円程度)

 

レベル3:横向きに埋まっている親知らず

歯が完全に横向きに倒れた状態の親知らずや、歯茎の中に完全に埋まっている親知らずの場合、抜歯が困難なのは想像にかたくないと思います。この場合痛みや腫れも非常に強いです。この場合症状が出ておらず、他の歯に影響がなければ必ずしも抜歯する必要はありません。

抜歯所要時間:30~50分

抜歯のみの費用:約3000円

(レントゲンや診察料などを合わせると7000~1万円程度)

 

抜歯にかかる所要時間はあくまでも抜歯だけにかかる時間です。抜歯に伴って消毒、麻酔、止血などの作業が必要ですから簡単な場合でも余裕をみて30分から1時間は見ておいた方がよいでしょう。抜歯自体に時間がかかれば、当然1時間を超えることも十分にあります。

また、診察料は初診か2回目以降かによっても変わりますし、行われるレントゲン撮影の種類によっても、料金は変わってきます。

 

親知らずの状態によってかかる時間も料金も大きく違います。そのため、手術を受ける前に、自分の親知らずはどのくらい抜歯が難しいのか、どのくらいお金と時間がかかるのかしっかりと確認しておきましょう。

 

なぜ「親知らずで頭痛」が引き起こされる?親知らずが体に及ぼしている悪影響ってなに?

親知らずを処置せずに放置しておくと、頭痛が起きる場合があります。強烈な頭痛や慢性的な頭痛があって、調べてみると親知らずによるものだったということもよくあることです。ではなぜ親知らずによって頭痛が引き起こされるのでしょうか。

 

親知らずが引き起こすこと

親知らずというのは生えてくる人もいれば、生えてこない人もいますし、まれにもとから無い人もいます。そして親知らずが生えてきた場合、生え方によっては体に悪影響を及ぼすことがあります。

親知らずの生え方によって、健康な歯の歯並びのバランスが崩れる

親知らずが虫歯になり、噛む際にその部分を避けるので、偏った噛み方になり歯のバランスが崩れる

こうした影響によって「噛みあわせが悪化」することが問題で、その噛みあわせの悪さが頭痛を引き起こすことになります。

 

どうして噛みあわせが悪いと頭痛が引き起こされる?

噛みあわせが悪くなると、次のような理由で頭痛が引き起こされることがあります。

顎の筋肉が過度に緊張し、血行不良や炎症が起こるため

体全体のバランスがくずれ、肩こりや首のハリが起こるため

噛みあわせの悪さから頸椎に歪みが生じるため

親知らずが生えたときと、頭痛が起こるようになったときが一致している場合や、頭痛と共に肩こり、首のハリが見られる場合には、親知らずが原因にある可能性を考えた方が良いでしょう。

 

どうすればいいの?

親知らずによって頭痛が生じている場合、上記のように影響が派生していき、頭痛が引き起こされます。

そのためまずは、親知らずを適切に処置することが重要です。抜歯するべきかどうかは、専門家の判断にゆだねられますが、体に悪影響があるのなら、おそらく抜歯という選択肢が挙がるでしょう。

また親知らずのせいで、体の歪みが生じている場合、親知らずを抜いたからと言って、体の歪みがすぐにもどるわけではありません。ですから、親知らずを抜いた後に姿勢の矯正などで、体のバランスを整えてあげることも重要です。

 

 

もちろん頭痛の原因が親知らずではなかったという場合もあります。その場合には頭痛外来や、脳神経外科で適切に頭痛の原因を特定しもらうようにしましょう。

(Photo by: [http://www.ashinari.com/])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-14掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

歯に関する記事

口の中の血豆、放っておいていいの?!

口の中をあやまって噛んでしまった!! なんて経験、よくありますよね。  ...

歯周病の歯茎は血を出すべき!?

  歯磨きや歯石取りをおこなったとき、歯周病の傾向があるとびっくりするほど...


八重歯がある人とない人がいるのはどうして?歯の矯正のメリットやデメリットとは

かわいいというイメージもある八重歯。どうして八重歯のある人とない人がいるので...

ツルツル、ピカピカ!話題の重曹歯磨きのやり方と注意点

  今Twitterなどで話題になっているのが重曹歯磨きです。普通の歯磨き...

カラダノートひろば

歯の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る