カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 親知らず >
  5. 親知らずを抜歯したときの痛みのピークと対処法

気になる病気・症状

親知らずを抜歯したときの痛みのピークと対処法

親知らずは、生える人もいれば生えない人もおり、生えたとしても周囲の歯周組織や歯に影響を与えなければ取っておくことが出来ます。

 

一方で周囲の歯を押していたり、周囲の歯に虫歯を作りやすい親知らずというものもあります。横・ななめに生えている親知らずは問題があるケースが多く、抜歯ということも考えられます。

 

●親知らずの抜歯後、痛みのピークは2-3日後

親知らずが歯肉に埋まっている場合、横向きに生えている場合などは抜歯した後に腫れや痛みが見られるケースも非常に多いです。

 

親知らずの抜歯で痛い思いをしたという方は、その多くが歯肉にがっちりと埋まる形か、横の歯を押す形で生えていた方とも言われるくらいです。そんな腫れや痛みのピークは大体術後2-3日で、痛みの他に発熱する場合もあります。

 

●腫れが引くまでは運動・飲酒厳禁

親知らずを抜歯して腫れや痛みがある場合は、腫れ・痛みが引くまでは運動と飲酒は厳禁です。血行が良くなると痛む部分への血流も増え、痛みを増大させます。日常生活での動作程度は問題ありません。

 

腫れが引くまでには2-8日くらいかかると言われているので、運動習慣のある方、飲酒習慣のある方は一時的に休んでください。腫れが引けば徐々に再開してOKです。

 

●冷やしたタオルが大活躍!

親知らずの抜歯後の痛み対策に有効なのが「冷やしたタオル」です。腫れというのは必然的に熱を持っているので、冷やしたタオルで腫れている部位を外から冷やすと痛みが和らぎます。タオルの水気が気になるなら、保冷剤をタオルにくるんだものなどで手当てするのも効果的です。

 

親知らずの抜歯後の腫れ・痛みのピークは抜歯から2-3日後で、腫れが引くのには1週間程度かかることもあります。

 

腫れが引くまでは運動と飲酒は控えて、冷やしたタオルなどで痛みを緩和してみてください。 

(Photo by: [//www.ashinari.com/])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

親知らずに関する記事

抜歯が中心!親知らずの治療と費用

親知らずが生えてきたときはいつか抜くのかと少し考えてしまったという経験のある...

親知らずの抜歯方法 親知らずはどのように抜かれるの?

     親知らずの場合、ほとんどは抜歯対象となります。   歯科医に抜歯...


歯並びを悪くする親不らずを取るには

  親不らずはその本名を下に出来た場合は下あご第三大臼歯、上に出来た場合は...

難易度別:親知らずの抜歯にかかる「時間」と「費用」…どんな親知らずにどれくらいかかる?

  親知らずの抜歯というと、その言葉を聞くだけで何とも痛そうな印象を受けます。...

カラダノートひろば

親知らずの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る